--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.04

「QED 東照宮の怨」高田崇史

QED 東照宮の怨 QED 東照宮の怨
高田 崇史 (2004/03)
講談社

この商品の詳細を見る

天海が施した東照宮と三十六歌仙をテーマに、徳川家と天皇家の呪の戦いの謎。
これにタタルが挑むシリーズ4作目です。タイトルそのままです。

出てくるのはいつものメンバー。
薬剤師の棚旗奈々、漢方薬剤師の桑原崇(タタル)、
ジャーナリストの小松崎良平(熊つ崎)。

タタルが無知な二人を引き連れ、あちらこちらと旅をする。

はっきり言って、このシリーズはトリックや動機などまったく期待していない。

歴史の謎をどう解いて行くのかが、ただただ面白い。

興味のない人には薀蓄のカタマリのような本です。
でも歴史ミスファンには堪らない本です。

歴史ミステリィ、サイコー(笑)!! ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高田崇史
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。