--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.20

「プラネタリウムのあとで」梨屋アリエ

プラネタリウムのあとで プラネタリウムのあとで
梨屋 アリエ (2005/11)
講談社

この商品の詳細を見る

この本は『プラネタリウム』の姉妹本かな。

プラネタリウムが絡んだ4つの短編集です。
と、言っても別にプラネタリウムは重要じゃない。

登場人物の性格付けが、ファンタジックで少し変わってます。
心の中に小石を作ってしまう少女。体が膨張する少年。
吸脂鬼に脂肪を吸われる乙女。自分の抜け殻を咀嚼する異母姉。

少年少女時代にしか感じない心の悲鳴が描かれていて、奥行きがとっても深いです。
児童書といって侮ることが出来ない。

ファンタジーは苦手ですが、これくらいなら大丈夫。
とても良い本でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

梨屋アリエ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。