--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.06

「QED ベイカー街の問題」高田崇史

QED―ベイカー街の問題 QED―ベイカー街の問題
高田 崇史 (2003/09)
講談社

この商品の詳細を見る

架空の存在であるシャーロック・ホームズ。
彼を実在の人物として神格化して楽しむシャーロキアンたち。
シャーロキアンのクラブのパーティーに出席した、桑原崇と棚旗奈々。
そこで連続殺人事件にまきこまれ、真犯人とホームズの秘密にタタルが挑む。
シリーズ3作目です。

この本、おもいっきりドイルの「ホームズ」のネタバレ(笑)。
当たり前か。ホームズの秘密についての本やねんから。

中学時代に『ホームズ』を読んどいて正解。
下地が無かったら楽しめんもんなぁ~。

あれっ? どうどうとネタバレしてる本の感想って、どう書くねん…。
わからん…(汗)。

とにかく「シャーロック・ホームズ」を未読の方は読まないように。
先に「ホームズ」を読みましょう!



ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高田崇史
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。