--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.23

「QED 六歌仙の暗号」高田崇史

QED 六歌仙の暗号 QED 六歌仙の暗号
高田 崇史 (2003/03)
講談社

この商品の詳細を見る

「七福神は呪われている」
明邦大学を震撼させた連続怪死事件以来、その研究はタブーとなっていた。
しかし、棚旗奈々の後輩・貴子は兄の遺志を継ぎ、論文を完成させようとする。
そして新たな事件が!?
桑原崇(タタル)が歴史の闇に隠された「七福神」と「六歌仙」の謎を解き明かす。
シリーズ2冊目です。

七福神と六歌仙の謎を解くという本です。
でも途中まで高橋克彦、井沢元彦、の二人とほとんど変わりない展開です。
2番煎じ、3番煎じ、は辛いっすね!
しか~し、歴史ミスファンなので大甘(笑)。
このジャンルは人材不足やもん。

後半の強引なこじつけは前作と同じでした。
でも、これからも読むよ~!!


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高田崇史
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。