--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.10

「QED―百人一首の呪」高田崇史

QED―百人一首の呪 QED―百人一首の呪
高田 崇史 (2002/10)
講談社

この商品の詳細を見る

百人一首カルタのコレクターとして有名な、会社社長・真榊大陸が惨殺された。
関係者は皆アリバイがあり、事件は一見、不可能犯罪かと思われた。
だが、桑原崇が百人一首に仕掛けられた謎を解いたとき、戦慄の真相が明らかに。
第9回メフィスト賞受賞作です。

薬剤師の棚旗奈々、漢方薬剤師のタタル、ジャーナリストの熊つ崎。
彼らが百人一首や殺人事件の謎に挑むのですが、推理はタタルにお任せ。

まあ殺人事件の謎に期待する本では無いですね。
これは歴史ミステリの宿命かな。
読む人は歴史の謎に興味があって、本を手に取るから。

歴史ミステリは好きだけど、百人一首や万葉集は苦手。
それに井沢元彦で、似た本を読んだ記憶があるねんな。

でも新たな歴史ミステリを描く作家が出てきたことは嬉しいです。
井沢元彦もシュミに走らず、それをネタに小説を出して欲しい!
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高田崇史
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんにちは~。

やっぱり歴史ミステリーが強いと、ストーリーが弱くなっちゃうんですかねぇ。
あれだけ創りが緻密なんだし、私はまだ期待したいなぁ。
宿命だと言われると余計に…(笑)。

chiro:2007/03/13(火) 17:29 | URL | [編集]

chiroさんも感じたみたいですね。
その点は井沢元彦は上手かったよ。
高田さんは薬剤師だから理系になるのかな。
理系だとしたら日本史の造詣は凄いですね!

もちろん、期待はするよ。
だってより面白くなるもんね(笑)。

しんちゃん:2007/03/13(火) 19:00 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「QED―百人一首の呪―」高田崇史


「QED―百人一首の呪―」高田崇史講談社(講談社ノベルス)1998年12月5日[勝手に評価:★★★★(5点満点)]

2007/03/13(火) 18:16 | Chiro-address

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。