--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.10

「芥子の花」西條奈加

芥子の花 芥子の花
西條 奈加 (2006/09/21)
新潮社

この商品の詳細を見る

江戸から阿片が亜細亜各国に出回った。それを馬込播磨守寿々・通称ゴメス率いる長崎奉行の面々が捜索する。シリーズ2作目です。 読みは(まごめはりまのかみすず)です。今回もゴメスのパワーは健在。 というか迫力がアップしてた。まあこれを期待してたんだけど。

そして新たに、三芳朱緒が長崎奉行の一員に。女性の奉行所入所に男どもがうきうき。 微笑ましかったな。でも朱緒様って、めっちゃ強いねん。 ゴメスを投げ飛ばすねんから凄い。前回は頼り無かった辰二郎も、棒術を覚えてかっこいい。朱緒様とこれからどうなるのかも楽しみの1つ。

阿片の元になる芥子の出所を探索するうちに出会う、麻衣椰村のサク少年。サクも真っ直ぐで良い子ちゃん。そのサクや麻衣椰村の住人を助けるために、辰二郎が立ち上がる。いいね~、江戸人情ですね。 こういう単純な展開は好き!

そしてラストの、ばったばったの大活劇にワクワク。辰二郎も強くなったね!ゴメスと辰二郎の距離の取り方が良かったです。一緒に月を見ながらお酒を飲むシーンが、とても印象的でした。ほんとはお互いに信頼してるのがいいね。

背景設定の説明が多かった前作より、数段面白かったな。と言うか、めっちゃ好みの本になっていた。続編に続くような終わり方なので、次にも期待です。続々と、このシリーズが出るといいのにね!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

西條奈加
トラックバック(12)  コメント(7) 

Next |  Back

comments

こんばんは!
だんだんにお気に入りになっているようで嬉しいです!
ゴメスの活躍も、各登場人物の活躍も楽しく読むことができました。
次回作への期待大です!!
早く出版されて欲しいですよね~

エビノート:2007/03/10(土) 21:38 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちは。
そうなんですよ。お気に入り度が上がりました!
次回作を待つのは長いですね(苦笑)。

しんちゃん:2007/03/12(月) 10:32 | URL | [編集]

しんちゃんのおっしゃるとおり、1作目よりパワーアップしてて
おもしろかったです。
それにしてもゴメスがかっこよかったー。
頭がきれて、冷静で、強くて・・・憧れてしまいます。
これ、きっとシリーズでますよね?

june:2007/04/03(火) 23:44 | URL | [編集]

juneさん、こんにちは。
続編を出して貰わないと困る終わり方でしたね。
出るでしょ。いや、出して呉れ!って感じ。

しんちゃん:2007/04/04(水) 09:22 | URL | [編集]

こんにちは。
1作目より断然、面白かったですねー!
登場人物も増えて、ますます目が離せなくなってきました。
続編が楽しみですね♪

すずな:2007/09/02(日) 08:59 | URL | [編集]

これは本当に面白かったです。
何度も江戸時代だよねって思い込みそうになりました。
続編、出るといいですね。
新刊はゴメスの物語じゃないんですよね?

なな:2007/12/20(木) 21:17 | URL | [編集]

ななさん、良かったですよね。
そういえば続編が中々出ませんな。
早く読みたいっすよね!

新刊は純粋な江戸人情ものでしたよ。
これも面白かったです。ぜひ。

しんちゃん:2007/12/21(金) 20:17 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

芥子の花―金春屋ゴメス*西條奈加


☆☆☆・・ 芥子の花西條 奈加 (2006/09/21)新潮社 この商品の詳細を見る上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知「金春屋ゴメス」

2007/03/10(土) 16:41 | +++ こんな一冊 +++

芥子の花 金春屋ゴメス 〔西條奈加〕


芥子の花≪内容≫上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守。ゴメスは、異人たちの住む麻衣椰村に目をつけるが…。辰次郎、NY出....

2007/03/10(土) 21:33 | まったり読書日記

芥子の花 金春屋ゴメス  西條奈加


近未来の日本に生まれたお江戸を描いたSFファンタジー『金春屋ゴメス』の続編『芥子の花』です。長崎奉行、馬込播磨守寿々(まごめはりまのかみすず)ことゴメスに率いられた裏金春の面々。この度の使命は領内より諸外国へと流れている大麻の出所を突き止め、禁忌を犯....

2007/03/11(日) 16:16 | 今更なんですがの本の話

「芥子の花 金春屋ゴメス」 西條奈加著


―あらすじ―上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守。ゴメスは、異人たちの住む麻衣椰村に目をつけるが…。辰次郎、NY出身の時代劇オタク・

2007/03/11(日) 22:47 | とにかく読書。

芥子の花 金春屋ゴメス [西條奈加]


芥子の花 金春屋ゴメス西條 奈加 新潮社 2006-09-21上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守。ゴメスは、異人たちの住む麻衣椰村に目をつけ

2007/03/12(月) 11:28 | + ChiekoaLibrary +

「芥子の花 金春屋ゴメス」西條奈加


タイトル:芥子の花 金春屋ゴメス著者  :西條奈加出版社 :新潮社読書期間:2006/11/08 - 2006/11/10お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じ

2007/03/12(月) 13:58 | AOCHAN-Blog

「芥子の花 金春屋ゴメス」西條奈加


芥子の花期待以上のおもしろさでした。第1作でおなじみの登場人物たちも変わらずよかったし、新しい登場人物たちも悪役も含めていい感じでした。そしてなにより、ゴメスがかっこよかったのです!厚顔無恥、冷酷無比、極悪非道っていうのはそのとおりなんですが、それで....

2007/04/03(火) 23:42 | 本のある生活

芥子の花  西條 奈加


芥子の花西條 奈加 07-147 ★★★☆☆ 【芥子の花】 西條 奈加 著 新潮社 《華のお江戸の名(怪)物奉行 「金春屋ゴメス」たぁ おれのことだ!》 内容(「BOOK」データベースより)上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に

2007/05/26(土) 10:25 | モンガの独り言 読書日記通信

芥子の花 金春屋ゴメス(西條奈加)


文句なーし。面白くって世界陸上もそっちのけで一気に読了。「金春屋ゴメス」の続編。別所を覗いて下さっている方はご存知でしょうが、図書館への返却日の関係で著者の新刊の方を先に読まなきゃいけなくって、ちょっと「うがーっ!つーづーきー!」と内心唸っておりました(

2007/09/02(日) 08:58 | Bookworm

「芥子の花  金春屋ゴメス」西條奈加


芥子の花 (金春屋ゴメス) 西條 奈加 JUGEMテーマ:読書 上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守。ゴメスは、異人たちの住む麻衣椰村

2007/12/20(木) 21:17 | ナナメモ

「芥子の花-金春屋ゴメス-」西條奈加


「芥子の花-金春屋ゴメス-」西條奈加(2006)☆☆☆★★ ※ [913]、国内、近未来、小説、ファンタジー、江戸、日本ファンタジーノベル大賞、芥子 悪くないのだけど、特別よくもない、小品佳作。第十七回日本ファンタジーノベル大賞受賞作「金春屋ゴメス」[http://blog...

2007/12/24(月) 12:18 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

芥子の花 金春屋ゴメス 西條奈加


芥子の花 (金春屋ゴメス) ■やぎっちょ書評 運良く図書館にあったので、連続してこの2作目を読んでみました。いやぁ。おもしろかった! 1作目よりもなんとなしに腕が上がっている気がします。 朱緒というキャラが出てきたことでうまく色がついた気がします。その分

2008/01/13(日) 01:24 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。