--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.13

「空の中」有川浩

空の中 空の中
有川 浩 (2004/10/30)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

国産輸送開発のプロジェクトで作られた試作機が試験飛行中に爆発。そして自衛隊機が飛行演習中にまたもや爆発。両方の爆発事故は、四国沖で高度二万メートルと共通していた。

所変わって地上では高知に住む高校生の瞬が、浜辺で不思議な物体を発見。隣に住む幼馴染の佳江の強引さに負け、その物体を飼育することに。そしてクラゲモドキのような物体に、フェイクと命名する。そこに父が死んだと報告が。そう、爆発した自衛隊機に父が乗っていた。父を失ったショックからか、瞬はフェイクに夢中になる。それになんとフェイクは言葉を理解し、話すことも出きる知的生物だった。

一方、2回にわたる航空事故を調査することになった春名高巳。高巳は事故の当事者であり、目撃者でもある光稀に聞き取り調査をすることに。頑なに口を噤む光稀。そんな彼女を気長に待つ高巳。いったい光稀は何を目撃したのか。そして2つの物語がたどりつく結末とは。


ふ~、本の序盤を説明するだけで、えらい長文になったな。ここから感想を書きます。

フェイクに傾倒する瞬の描写は、正直に言うと痛いです。でも佳江が重苦しい雰囲気を救ってくれる。佳江の高知弁のやわらかさに、ほっとしたね。それと、いい味を出してた宮じいが良かったな。

一方の光稀と高巳のストーリーの方は良いねー!クールだが物の言い方を知らない光稀がかっこいいし可愛い。それに高巳のおとぼけキャラも良い。でも実は切れ者ってとこも良い。

この2つのストーリーについて、帯のもんくが素晴らしい。秘密を拾った子供たち。秘密を探す大人たち。この2つの対比ってかっこいいね!

そして中盤になってからの展開は、何と言ったらいいのかしら。一言で言ってしまえばSFでお終いやねんけど。何かこのあたりは、だるだる気味で退屈やったな。リアリティが欠けるというか、何というか。たぶんSFが苦手だからでしょう。

光稀の言葉で頑張ろうとする高巳のほのかな恋。ここが唯一の読み所って言っちゃ~、言いすぎか。

それにしても最初の犠牲者の娘である真帆。彼女の憎たらしさというか、壊れ方は上手く描けてたね。だってそうとうムカついたもん。これ、感情移入したと言いたいだけ。

で~、エンディングを読み終えて総体的な感想。SFはイマイチ。恋愛系は大好き。だって純だもん(笑)

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

有川浩
トラックバック(16)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

う、読み終わったのはこっちが先立ったのに、感想は先を越されてしまった(汗)
確かに中盤の哲学的な押し問答(?)が連続してあったあたりで私も読むペースが落ちてしまったけど、最後が良かったし「ま、いっか」と(笑)
私も純だと思います。ただし、「ベタ甘」な恋愛モノは好きですが、「大人な」恋愛モノは苦手です(汗)

リベ:2007/03/13(火) 21:11 | URL | [編集]

りべさん、まいど~。
あの中盤のSF設定からくる、問答には参ったね。
同じく大人の切ない系恋愛は苦手だけど、こんなさわやか系なら大歓迎!
読後も気持ち良かったね。

しんちゃん:2007/03/14(水) 09:49 | URL | [編集]

こんばんは!
高巳と光稀は良いですね~
終始ニヤニヤでした♪
最初に読んだときは、
光稀との初対面の場面で、
高巳と同じように驚いたのが懐かしいです~

エビノート:2007/04/23(月) 21:55 | URL | [編集]

わかるー!!にやり笑いは有川さんの定番ですもんね。
これを求めてまた他の本に手を出すんだよなー。
「空」「海」と来たから次は「陸」かな?

しんちゃん:2007/04/24(火) 09:08 | URL | [編集]

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

>佳江の高知弁のやわらかさに、ほっとしたね。
 それと、いい味を出してた宮じいが良かったな。

 これ、まったく同感です~^^
 とくに宮じい、すごくよかったです。

miyukichi:2007/06/28(木) 01:48 | URL | [編集]

miyukichiさん、こんにちは。
宮じいの一言はすべてが重かったー!
お年寄りの言葉を大事にしなくちゃ、ですよね。

しんちゃん:2007/06/28(木) 09:56 | URL | [編集]

映画でも「アナコンダ」とか「グエムル」など好きで、それに恋愛も絡めばOK!!って期待して読んだんですけど。
「フェイク(白鯨)」との対話に重点が置いてあったので、私の希望としては防衛的白鯨が街中を襲ってパニックになる様を読みたかったんですよね~。(笑)
ま、フェイク自身が悪の存在じゃなかったので、そんな展開にはなりませんでしたね。ちょっと残念。(苦笑)

じゃじゃまま:2007/11/02(金) 00:48 | URL | [編集]

ままさん、フェイクとの会話は残念ながらダメでした。
SFの設定説明も苦手だーー。
だけど、光稀の色気のない初心さに、KOしてしまった。

しんちゃん:2007/11/02(金) 08:53 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

(書評)空の中


著者:有川浩 四国沖の上空2万メートルで謎の航空事故が立て続けに発生する。その事

2007/03/13(火) 17:16 | たこの感想文

空の中 有川浩


装丁・デザインは鎌部善彦。四国沖の上空、高度2万メートルで続けて起きた航空機事故。2件目は航空自衛隊の演習機。原因究明のため同じ空域に向かった、事故を免(まぬが)れた武田光稀三尉と日本航空機設計の調査員の春名高

2007/03/13(火) 17:34 | 粋な提案

「空の中」有川浩


「空の中」有川浩(2004)☆☆☆★★※[913]、国内、現代、小説、SF,空、未確認知的生物、意志※あらすじあり、未読者は注意願います。「図書館戦争」[ http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/36582433.html ]で、ちょっと気になった作家、有川浩。ライトノベルをハードカ

2007/03/13(火) 19:30 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

空の中 [有川浩]


空の中有川 浩 メディアワークス 2004-10-30先日読んだ(そして大いにミモダエした)『クジラの彼』に、この本の番外編が収録されており、本家を未読だった私は非常に悔しい思いをしたのですが、(いや、それでも楽しかったのですが)、やっと読みました!もちろん次には『

2007/03/14(水) 12:42 | + ChiekoaLibrary +

空の中


有川 浩 空の中   「空の中」 有川浩・著 メディアワークス・出版 『ウルトラQみたいな、感じ??』 電撃小説大賞受賞作家の第二作ですが、受賞作のことも作家さんの名まえも、知りませんでした。ずーっと本屋で平積みになってたので、知りま

2007/03/14(水) 16:44 | 個人的読書

有川浩  空の中


空の中有川 浩四国沖の上空で立て続けに2件の航空機事故が発生した。しかも2件目は航空自衛隊の演習中の航空機だった。事故原因を究明するため、事故調査員の春名と自衛隊機事故の生き残り光稀は事故空域に再び向かう。そして、上空2万メートルの所にそれはいた・・・実

2007/03/15(木) 09:04 | マロンカフェ ~のんびり読書~

『空の中』有川浩


空の中有川 浩メディアワークス2004-10-30by G-Tools200X年、2度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に救われるのは誰か-。第10回電撃小説大賞大賞受賞作家の第2作。有川さんあとがきで曰く、「怪獣物と

2007/03/15(木) 10:50 | ひなたでゆるり

空の中


********************************************************************** 200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。 「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。 「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」 ―秘密を探す大

2007/03/16(金) 15:26 | 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪

空の中 〔有川 浩〕


空の中有川 浩 メディアワークス 2004-10-30売り上げランキング : 8940おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お前を事....

2007/04/23(月) 21:50 | まったり読書日記

「空の中」有川浩


空の中「海の底」の巨大甲殻類にも驚きましたが、これにもびっくりしました。円盤?という噂を聞いてましたがそれよりもっと突飛というか・・。あとがきに怪獣空想物とありましたが、まさにそれです。うわーこんなのあり?と驚きながらも、一緒にドキドキしたりハラハラ....

2007/04/29(日) 22:06 | 本のある生活

空の中  有川浩


皆さんこんばんは。有川浩アワーの時間がやってまいりました。今回は『空の中』です。男、たまねぎ不覚にも萌えてしまいました。しかもUMA(Unidentified Mysterious Animal)こと未確認生物相手に。がさつで乱暴な口調に男勝りな負けん気の強さだけど、時折見せる照....

2007/06/03(日) 22:48 | 今更なんですがの本の話

空の中/有川 浩 [Book]


 有川 浩:著 『空の中』 空の中メディアワークスこのアイテムの詳細を見る 200X年に起こった、2度の航空機事故。 その原因となった、謎の物体。 さらに、父を事故で亡くした瞬が 「フェイク」と出会い――。 途中までは、しんどいところもあったんですが、 (航空

2007/06/26(火) 22:06 | miyukichin’mu*me*mo*

空の中/有川浩


読書期間:2007/7/18~2007/7/21200X年、2度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に救われるのは誰か-。第10回電撃小説大賞大賞受賞作家の第2作。

2007/07/23(月) 23:06 | hibidoku~日々、読書~

空の中 有川浩著。


「海の底」が私の大好きなパニックものと聞いて、まずそれを読む前に順番に、と読んでみました。 映画でもゾンビとか怪物が出てきて、わーわーきゃーきゃーするの大好きなので、かなり期待してました。 航空自衛官と企業の調査官との恋、幼なじみの恋など、ニマニマする部

2007/11/02(金) 00:44 | じゃじゃままブックレビュー

「空の中」有川浩


空の中 有川 浩 200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」―秘密を探す大人たち。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後

2008/01/22(火) 15:41 | scribble

空の中<有川浩>-(本:2008年15冊目)-


空の中 出版社: メディアワークス (2004/10/30) ISBN-10: 4840228248 評価:90点 最高に面白かった。 SFとラブコメが見事に融合したエンタメ作品。 それ自体は現在の有川節と同じなのだが、SFのストーリーが奇抜ながらもワクワクするような展開でまったく飽きが...

2008/01/27(日) 20:25 | デコ親父はいつも減量中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。