--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.21

「勇太と死神」立石彰

勇太と死神 勇太と死神
立石 彰、大庭 賢哉 他 (2006/03)
講談社

この商品の詳細を見る

転校したての勇太はある日、大原真という同級生と出会う。
真は金持ちのぼんぼんで、身体が弱そうだった。
しかも同じクラスで、空きだと思っていた雄太の席の前の主だった。
そして真はクラスの中でも、浮いた存在だったのだ。

クラスの係りを何もしていなかった勇太は、大原真係りを引き受ける。
学校を休みがちな真の家にノートを運ぶのと、友達の居ない真の話し相手。
そして何度か家を訪問するうちに、あることに気づく。
それは勇太にしか見えない存在が、真の家に居たのだ。
そう、真の命を狙う死神だった。


勇太は元気いっぱいで、熱い心を持った男の子。
一方、真は自分は死ぬのだと、かたくなに心を閉ざした男の子。

そんな二人が徐々に心を通わせる姿が、ほくほくでした。
初めは一方的に話しかける勇太。 そのうち勇太に命令する真。
いつしか勇太のペースに引き込まれ、会話になっていく。
なんともいえん、いい感じ。

真を助けようと勇太が奮闘する姿も良かったな。
勇太は真の生きる気力を多くしようと、ある大計画を立てる。

それはピアノが好きな真に、学校の合唱コンクールで人前で演奏させること。
そのためにはクラスのみんなの協力が必要やねん。
そこで真に対する勇太の真剣さが、クラスのみんなに伝わるシーンは良かったな。

そしてラストのコンクールで、真が勇太の名前を叫ぶ場面。
これまでのいきさつが、だーーっと実った瞬間にぞくっときたもん。

友達のありがたさや、お互いを思う心がとても気持ち良かったです。
そして少しマヌケで、憎めない死神も可愛いかったな。

児童書なのに、すっごく読み応えがありました。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。