--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.22

「QED 式の密室」高田崇史

QED 式の密室 QED 式の密室
高田 崇史 (2005/03)
講談社

この商品の詳細を見る

いつもの店「カル・デ・サック」に集まるいつもの3人。
元オカルト研究会会長のタタル。1つ後輩の奈々。
タタルと対照的な体育会系の熊つ崎。

そして冒頭から始まる薀蓄。
「通りゃんせ」の唄は何故、行きは良いが帰りは怖いのか。
これは前作の最後に出た宿題です。
答えが知りたい方は、この本を読んでね(笑)。

今回の歴史の謎は、安倍晴明伝説の謎と式神の正体です。
それと現代の密室殺人を絡めた歴史ミステリ。
シリーズでは5冊目になります。

今回も殺人事件の解決部分は豪腕ぶりが目立ったな。
でも密室本という企画モノなのでしょうがないか。
こうでもしないと式神の謎と繋がらんもんね。

そして最後は式神の謎をタタルが解いて、QED証明終わり。
でも式神の正体って、こんなで良いのかね? 
すっごい疑問やねんけど。 怒る人とか居ないのかな。

神社の由来や薀蓄は、とても楽しかったです。

それとこのシリーズは、感想を書くのが難しい。
歴史の謎もミステリも、うかつに書くとネタバレになってしまうもん。
薀蓄についても書けないいし。

しかし、奈々ちゃんはいつも驚きすぎ(笑)。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高田崇史
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。