--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.24

「トモ、ぼくは元気です」香坂直

トモ、ぼくは元気です トモ、ぼくは元気です
香坂 直 (2006/08/24)
講談社

この商品の詳細を見る

ぼくは松本和樹。 中学受験を控えた小学六年生。
この夏休みはバーバー松本に追放された。 ここは商店街の東のはしにある理容室。
おじいちゃんとおばあちゃんが住む家で、お父さんが生まれ育ったところ。
家を追放された罪状は、自分の家をめちゃくちゃにした。
それは障害を持つ兄の友樹に絡む、ストレスが爆発したからだ。

2階の和室で過ごすことになった和樹の前に、大富夏美と名乗る少女が現れる。
一方的にしゃべるしゃべる夏美は、お向かいの和菓子さんちの女の子。
その勢いのまま、夏美に商店街を案内される和樹だった。

案内された商店街と道路を挟んで、もう一つの商店街がある。
八月の最後の日曜日にある夏まつり。
そこで行われる金魚すくいの、ライバル商店街だった。


関西の商店街の雰囲気が良かったな~。
こう言えばこう返す、みたいな会話がぽんぽん飛び交ってるねん。
それに立ってるノボリの文句が溜まらん。
「がんばってますねん!いまいち商店街」 これはツボに嵌った。

金魚すくいのメンバーになった和樹の待遇が最高。
商店街を歩いていると、様々な店に連れ込まれる。
そこで「これ食べ!」やって。 いいよね。 く~ってくるね。

それにアニマルって呼ばれるおばはんの存在。
理由は簡単。 アニマル柄の服しか着いひんから。
こんなおばはん、大阪には普通におるもん。

初めの内容紹介で触れなかったですが、夏美は双子やねん。
姉の夏美が竜巻なら、妹の千夏はかみそり、だって。
この表現はすごく好き。

ここから少し真面目モード。

母が言う、和樹らしくないという言葉。 
夏美が言う、カズちゃんらしくないという言葉。
「らしくない」という言葉にイライラする姿が、すんごい解る。
勝手に決め付けられるのは、しんどいもんね。

障害を持った兄に、他人が見せる視線が嫌なこと。 兄の存在を重く感じること。
これらの毒を夏美に流し、夏美は妹の桃花に流す。
この結果、ケンカもするが結束も固まる和樹と夏美。

これらの事件をきっかけに、和樹はトモにケイタイで写真を毎日送ることに。
それが、この本のタイトル。 「トモ、ぼくは元気です」
とても良いタイトルですね!

金魚すくいの場面でこっそり見守る和樹の成長に、イェイ!
恋に鈍感で気づかない和樹のアホさに、ニンマリ。
夏が終わって自分の家に帰る別れのシーンに、うるっ。

と~っても、温かな気持ちになれる良い本でした。 
次回作が待ち遠しいっす! これからも香坂さんを追いかけるぞー。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(4)  コメント(5) 

Next |  Back

comments

この作品は、ほんとに心がほんわかする作品でした。
読後感も爽やかで良かったですね。

す~さん:2007/03/24(土) 21:20 | URL | [編集]

す~さんの言う通りっすね!
これからが楽しみな作家さんですね。

しんちゃん:2007/03/26(月) 16:49 | URL | [編集]

あ~、今回は無事トラバできたー。
ずっと、報告しようと思ってたんですけど、
読みました。香坂直さん。

すごく良かったです。
良かったついでに、「走れ、セナ!」も読みました。
こちらも良かった!

良い作家さんを紹介してくれて、ありがとう!

えびすけ:2007/07/26(木) 14:00 | URL | [編集]

えびすけさん、こんにちはー♪
香坂直さん無茶苦茶いいよね。
児童書だけど大人も存分に楽しめる。
今後も要チェックな作家さんですね。

しんちゃん:2007/07/26(木) 16:42 | URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2012/04/04(水) 17:06 | | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

トモ、ぼくは元気です     ~香坂 直~


小学生最後の夏休み。兄トモのことで、家を壊してしまった僕は、大阪の祖父母の家に預けられた。そんな僕の前にコテコテの大阪弁を話す双子の姉妹が現れて--。すごいよかった。小学6年生の和樹には知的障が

2007/03/24(土) 21:21 | My Favorite Books

『トモ、ぼくは元気です』香坂直


『トモ、ぼくは元気です』香坂直(こうさか・なお)著講談社 2006・8  4-06-213535-3小学6年生の和樹は、障害を持つ兄のトモのことでトラブルを起こし、夏休みの間祖父母の家ですごすことになった。祖父母宅は、大

2007/03/25(日) 02:26 | potatosalad

トモ、ぼくは元気です 香坂直 講談社


大阪弁はええなあ~・・。「方言」というものが持つ魅力は、独特のものがありますわ。日ごろ自分が使ってるから、というのもあるんでしょうが、その言葉だけが持つニュアンスがびんびん伝わってきます。生もの、という感じがします。

2007/03/28(水) 00:38 | おいしい本箱Diary

トモ、ぼくは元気です


トモ、ぼくは元気です 著者:香坂 直販売元:講談社Amazon.co.jpで詳

2007/07/26(木) 13:56 | もうYonda?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。