--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

11.28

「青春デンデケデケデケ」芦原すなお

青春デンデケデケデケ / 芦原 すなお
1965年春休み。香川県観音寺第一高等学校に入学する前の話。藤原竹良(ちっくん)は、ラジオから流れてきた音楽に衝撃を受ける。ベンチャーズの「パイプライン」を聞いて電気が走ったのだ。ギターを弾いてロックがしたい、バンドをしたいと思う。そこで高校に入学したら、仲間を集めてバンドをすると決意する。

バンド・メンバーも個性的。無口な天才ギター少年、リードギターの白井清一。お寺の息子であり、すでに住職の仕事をしているベースの富士夫。内気でどもり癖があるドラムの岡下巧。彼らが仲間に加わり「ロッキング・ホースメン」が始動する。

楽器は夏休みにバイトをして買った、という所が微笑ましい。これで親に買ってもらったじゃ、ずっこけるもんね。すべてが手探りで手作りのロックバンド。これが自分の学生時代とオーバーラップしたね。直結ってやつ。はい、そうです。昔はバンドマンでした。讃岐弁ではなく大阪弁でしたが。

だからもう感情移入しまくり。すんごい共感出来る部分が大ありでした。仲間と音を合わせて、バンドの音になっているとわかる、ゾクっとくる感覚。まあそれまでの個人練習や、曲を覚えるのは大変ですがね。仲間とああでもない、こうでもない、と言い合って音をよくしようとする。そんな時間がすごく楽しかったのを思い出しました。それ以上に楽しいのが、人前でするライブ。あの興奮は、体験したことがある人にしかわからないのが残念。

高知の田舎の自然、町に住む人々、淡い恋、仲間の絆、そしてロック。とてもさわやかで、笑えてじーんとくる、すごくいい本でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

芦原すなお
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

芦原すなお  青春デンデケデケデケ


小学生の頃、土曜日の午前授業が終わって家に帰ってくると、いつもFMラジオが流れていました。13時からは「コーセー~♪コーセー~♪かようベストテ~ン♪」というコーラスで始まる日本のポップスベスト10。子供心に土曜日なのになんで火曜ベスト10なんだろうって不思議...

2008/12/17(水) 17:04 | マロンカフェ ~のんびり読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。