--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.18

「ハンサム・ガール」佐藤多佳子

ハンサム・ガール ハンサム・ガール
伊藤 重夫、佐藤 多佳子 他 (1998/07)
理論社

この商品の詳細を見る

男の子ばかりの野球チームの中でただ一人の女の子。
その二葉は、チームになじめずに、家の中も崩壊寸前。
そこから這い上がる姿を描いた青春小説です。

すごいね~。児童書なのに、最後にうるっときました。

男の子と女の子の垣根や、家族のあり方など、大人なら尚更感じる物語です。
幼なじみの塩見クンや専業主夫のパパなど、登場人物もとても好感が持てて良かった。

児童書なので、子供に理解出来るような簡易な表現や、ひらがな使いが多い文章ですが
『一瞬の風になれ』の原点が詰まってました。

この本、本屋さんで買おうかな。600円かぁ~。とにかくめっちゃ好きです。
ずばっとストライクの作品でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤多佳子
トラックバック(2)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

TBありがとうございました。
とても爽やかで心地いいお話でした。『一瞬の風になれ』の原点というのにも納得です。

板栗香:2007/02/13(火) 08:57 | URL | [編集]

板栗香さん 、わざわざ来てくれてありがとう。
佐藤多佳子さんはこれからも大注目ですね!

しんちゃん:2007/02/13(火) 09:39 | URL | [編集]

しんちゃん
こんにちは♪早速読んでしまいました。
児童書とはいえ侮れないですね。読むの結構時間かかりましたよ。児童だって江戸川乱歩読むくらいですもんね。甘く見れないなぁ。ストーリーは王道ストレートで気持ちよかった!
スポーツ小説がニガテで「一瞬の~」は手をつけることができないんですよ。
>『一瞬の風になれ』の原点が詰まってました。
なーんて書かれているから、そういう意味でもちと無理っぽい。
でもこの同じ人が落語の小説を書いたとは到底思えないですよね~★

やぎっちょ:2007/07/20(金) 01:20 | URL | [編集]

おー、やぎっちょさん読まれましたか。
すかっと気持ちの良い本だったでしょう。
佐藤さんは作風が広くて、しかも裏切らない。
だーい好きです!

しんちゃん:2007/07/20(金) 08:25 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

佐藤多佳子  ハンサムガール


ハンサム・ガール伊藤 重夫,佐藤 多佳子柳二葉の家族はへんてこりん。父親は元プロ野球選手。でも今は専業主夫。母親は単身赴任中のキャリアウーマン。姉はボーイフレンドに夢中で古風な考え方の持ち主。そして、二葉が一番好きなのは野球でアリゲーターズという野球チーム

2007/02/13(火) 08:36 | マロンカフェ ~のんびり読書~

ハンサムガール 佐藤多佳子


ハンサム・ガールこの本はしんちゃんの買い物帳のしんちゃんにオススメしてもらいました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評おー。児童書だ。ルビがふってあります。久々の児童書楽しみだぁ。ということで読みはじめてみる。佐藤さんって児童書が多いのだ....

2007/07/20(金) 01:18 | "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。