--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.02

「ゆくとしくるとし」大沼紀子

ゆくとし くるとし ゆくとし くるとし
大沼 紀子 (2006/11/22)
マガジンハウス

この商品の詳細を見る

「ゆくとしくるとし」「僕らのパレード」の二編を収録。

「ゆくとしくるとし」
女子大生のトリコが1年ぶりに実家に帰ると、そこにオカマがいた。オカマは母といっしょにコタツに入り、年末心霊特集を見ている。非日常に固まり、置いてけぼりのトリコ。そこにオカマがミカと名乗る。ミカさんは母の助産所で住み込みで手伝いをしてるという。翌日ミカの手料理の美味しさに「ウマイっす」と、声を出してしまうトリコ。どうやら、人間でも餌付けがきくらしい。3人で過ごす年末年始を描いた作品。第9回坊ちゃん文学賞大賞受賞作。

まず表紙を見たときから予感があった。そして冒頭のミカさんのおしゃべりで確信。お、おもしろい。
特にキャラがとってもいい。くふふと笑い、洒落たおしゃべりのオカマのミカさん。ぬははと笑い、マイペースでたまに天然のお母さん。「デスカ」「マジっすか」と、言葉が短く何事にも億劫なトリコ。この3人が絶妙な間で、ぽんぽんと会話をする。とてもいい雰囲気を味わうことができるのだ。

NHKの紅白を見終わったあと、トリコとミカさんが初詣に行く。その帰り道に陣痛が始まった妊婦を拾い、家へと走る二人。母が赤ちゃんを取り上げることになり、出産が始まる。そこでの妊婦と母の会話。「痛い!」 「あとちょっとのガマンやで」「痛い~、いっそ殺して~」 「アホか。人殺しなんてごめんやね」 このお母さんの返しが最高に面白かった。つうかツボに嵌ってしまった。そして初めての出産に立会い、母のほんとの心に気づくトリコの姿に感動。笑えてじーんとくる、とても良いお話だった。

「僕らのパレード」
お姉ちゃんは僕の小学校入学式の日から喋らなくなった。それに気づいた母は大騒ぎ。静かな環境なら言葉を取り戻すかも、と五度目のお父ちゃんの実家の岐阜へ引越してきた僕たち。雪の降ったある日、僕は家をこっそり抜け出し学校へ行ってみた。そこで雪の音を聞いていた、この学校の卒業生のアヤエと出会う。アヤエは一人でパン屋をやっているとのこと。お父ちゃんが言うには、アヤエは糸に繋がれた女の子。道が判らなくなる病気で、どこへ行くのも糸を手繰って行くという。アヤエに弟子にしてもらいたくて、毎日アヤエのもとへ通う僕。二人の交流と、周りで起こる出来事を描いた作品。

いつも朗らかで心の中でよんちゃんと会話する、僕ことサム。サムの心の中で会話をする、四番目のお父ちゃんことよんちゃん。それに師匠のアヤエに、観音崎先生、紺野くん、犬のサンちゃん。とてもいいキャラばかりだった。アヤエや紺野くんの心の痛みを、無邪気にすべて受け止めてしまうサムの姿に感動してしまった。またもや、じーんとくる。基本はサムの人との交流を描いているのだが、それぞれの無くしてしまったモノを取り戻す。こんなテーマが詰まった作品だったと思う。


両作品とも共通しているが、大沼さんってカタカナの使い方が上手いと思った。じゃまにならないカタカナが、ストーリーに絶妙なリズムを与えていた。温かな雰囲気で、サクっと読ませる文章も素敵。次回作も楽しみに待てる作家に出会えたと感激。 この本、だ~い好き。


TBさせてもらいました。「今日何読んだ?どうだった??」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(3)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

この本、良いですよね~。
どちらも重たくなりがちなテーマを扱ってるのに、
ほんわかあったかくなれる読後感で、
私も次回作が楽しみです♪

エビノート:2007/04/03(火) 22:28 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちは。
この本に一発KOされました。
お互いに、いい本に出合えましたね。

しんちゃん:2007/04/04(水) 09:17 | URL | [編集]

おじゃまするのが遅なりました<(_ _)>

本当にいい作品でした。そしてそれをわたしが読む1年前にちゃんとチェックしてるしんちゃんに脱帽です。
心から新作が読みたいです。一緒にファンレター作戦、どうですか?(笑)

まみみ:2008/04/09(水) 11:03 | URL | [編集]

まみみさん
ふと見たジャケに惹かれて読みました。
新作を読みたいですよね!その作戦はありかも(笑)
このまま埋もれるのには本当に惜しい作家さんだと思います。

しんちゃん:2008/04/09(水) 11:33 | URL | [編集]

本当に良い作品ですよね。
『ばら色タイムカプセル』という新刊も刊行されています。
こちらも重いテーマを軽やかに描いた作品。大沼節炸裂です!

nao:2010/08/26(木) 11:16 | URL | [編集]

naoさん
やっとという感じですよね。
もちろんチェックしてますとも。

それとインタビュー記事を見ましたら美人さんでした(笑)

しんちゃん:2010/08/26(木) 16:51 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ゆくとしくるとし 〔大沼 紀子〕


ゆくとし くるとし大沼 紀子 マガジンハウス 2006-11-22売り上げランキング : 92272おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫年末、久しぶりに帰省すると、そこには母と、オカマがいた。そんな予想を覆す我が家の風景に違和感を覚えながらも、閉じこもり....

2007/04/03(火) 22:25 | まったり読書日記

ゆくとし くるとし


出版社 / 著者からの内容紹介年末、久しぶりに帰省すると、そこには母と、オカマがいた。そんな予想を覆す我が家の風景に違和感を覚えながらも、閉じこもりがちな感情が、明るくたくましいオカマのお姉さんと、母のいつもと変わらぬ愛で、少しずつ開いていく・・・。第9回坊

2007/04/06(金) 09:57 | a bird shop

『ゆくとし くるとし』大沼紀子


ゆくとし くるとし 大沼紀子/マガジンハウス 年末、久しぶりに帰省すると、そこには母と、オカマがいた。そんな予想を覆す我が家の風景に違和感を覚えながらも、閉じこもりがちな感情が、明るくたくましいオカマのお姉さんと、母のいつもと変わらぬ愛で、少しずつ開いて

2008/11/26(水) 17:56 | ひなたでゆるり

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。