--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.13

「鹿男あをによし」万城目学

鹿男あをによし 鹿男あをによし
万城目 学 (2007/04)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

大学の研究室に籍を置くおれに、ある日教授から話しがあると呼び出された。二学期から年内いっぱいまで高校教師をしないか、という話だった。おれは奈良の女子校で教師になることを決意。そこで先生と呼ばれる生活が始まった。

赴任した学校には姉妹校が京都と大阪にもあり、大和杯というものがある。大和杯とは、三校の運動部で毎年競い合う一年で一番の行事。神無月に、大和杯、謎のサンカク、とおれは振り回されることになる。

前作「鴨川ホルモー」では、ホルモーが奇抜な設定になっていた。本書では、鹿とサンカクが不思議系の設定になっている。どう不思議かは、読書の楽しみの一つなので触れないことにする。

「鴨川ホルモー」の京都から、本書は奈良に移動をしたが、こちらの方が個人的には馴染みがある。春日大社や、平城京跡。飛鳥に天理など知りすぎる場所。大阪在住には遠足でありがちな場所ばかりで、ちょいとウキウキ。先生が歩いて向かう新大宮駅なんて、現在妹が住んでる所なのだ。

それに関西限定の笑いが大阪人の心を熱くくすぐる。「グランシャトー」と並ぶ、深夜のローカルCMの常連の「奈良健康ランド」。ここに先生がゴルフの帰りに行き、サウナで汗を流す。これだけで関西人は笑えてしまうのだ。ほんとに関西限定の笑いで、わからない方々にはすまぬと言いたい。でも関西の方々は一緒に笑おう。わははっ!

登場人物は少し影が薄いかも。主人公の先生も普通。でも一部では普通では無いが。脇を固める同僚の藤原くん、重さん、教頭のリチャード。彼らも、ぱっとしない。美人なマドンナも、不思議ちゃんの堀田イトも、イマイチ萌えない。女子高の雰囲気もまったく伝わってこない。この女子高という設定に意味があったのかと疑問を持たっが、これはむにゃむにゃと口を濁しておこう。唯一というか邪道なのだが、大いに訳ありな雌鹿の仕草がなんとも可愛い。鹿せんべいよりポッキーが好きだという鹿に、少し萌えてしまった。

大和杯での剣道の試合の場面は、まさに手に汗握るというやつ。堀田の活躍にわくわくし、「六三四の剣」というマンガを思い出す。あれは中学時代だったか、「六三四の剣」の影響で剣道に興味を持つが、防具のくささにあっさり断念。マンガと現実の違いを、まざまざと感じた瞬間だった。 

謎のサンカクに関しては、ネタバレになるのであまり書けない。しかし日本の歴史を上手く取り入れた展開は、中々の出来で気に入った。歴史のある奈良という街が、存分に生かされていたのだ。

ラストの場面は、かなりと言うか超が付くぐらいの大ベタな展開。これが心の幼い大人の心にピタリと嵌り、にやり笑いを誘うのだ。「鴨川ホルモー」から、こんなに早くも万城目作品が読めるとは思わなかった。次回作には益々の期待を持つ。最後に一言だけ言っておきたい。

「マイシカ」が欲し~~い!!


TBさせて貰いました。おいしい本箱Diary

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

万城目学
トラックバック(24)  コメント(30) 

Next |  Back

comments

いやぁ~今回も楽しませてもらいました。
京都を離れて今回は奈良。
なんか観光ガイドを読んでいるような気分になりました。
しかし、それ以上に物語の奥深さ、感激です。

まぁ、最後はベタですけど、
それもまた良しということで。

す~さん:2007/04/18(水) 20:45 | URL | [編集]

す~さん良いこと言うねー!まさに観光案内でしたね。
大阪で育った人には遠足の定番の場所ばかり。
読んでて懐かしくなったもん。

ベタも良かったですね(笑)。

しんちゃん:2007/04/19(木) 09:09 | URL | [編集]

そうですね。「展開(特に後半)がベタ」これはこれでいいのです。
あえて難をいうのであれば、私ももう少し女性陣の出番を増やしても良かったのでは(堀田もそうだけど特にマドンナかな?)と思いました。
私はこういうマジックリアリズム的な小説好きなんです。
万城目さんはこういった小説をずっと書いていって欲しいなぁ。

>奈良健康ランド
関西でそういう位置づけの癒し(?)スポットなのですね(笑)。
関東ではさしずめ「ハトヤ」又は「スパリゾート・ハワイアンズ(旧常磐ハワイアンズ)」的な存在なのかな?

リベ:2007/04/19(木) 20:40 | URL | [編集]

そうそう、もっと登場人物を掘り下げて欲しかったですね。
何か中途半端な描写ばかりなので、感情移入出来ずに萌えられなかった。

関東のCMは知りませんが、たぶんそんな感じかな。
でも関西ローカルって、ベタで誰もが口ずさむフレーズがあるねんな。

しんちゃん:2007/04/20(金) 08:29 | URL | [編集]

関西に住んで8年を過ぎようとしているのに、その深夜CM、まだ見たことありません!「奈良健康ランド」気になるなー。これからチェックしてみますね!

まみみ:2007/05/04(金) 20:30 | URL | [編集]

兵庫県でしたっけ?一部の地域しかこのCMは流れてないのかな。
大阪ではすごく有名だけど。

しんちゃん:2007/05/05(土) 08:00 | URL | [編集]

こんにちは!
ホルモーよりも鹿男に惚れてしまった私です(笑)
なんかちょっとシュールな感じとか可笑しくて。
こう人間よりも動物を主体にした感があったので、私は登場人物たちの
印象薄さは気になりませんでした。
しんちゃんの感想読んで「あ、そういえば…」と気がついたくらいです。
もしかして鈍感?

マイシカ…爆笑でした。

リサ:2007/05/09(水) 09:07 | URL | [編集]

そうそう、シュールという言葉がぴったりですね。

マイシカいいよねー!
初めのイトの意味不明な言葉が、あ~いう風にくるとは思わなかったです。
だから予想外の展開に、吹き出し笑いをしてしまったよ。

しんちゃん:2007/05/09(水) 09:41 | URL | [編集]

こんばんは。
しんちゃんにとっては読めば風景が目に浮かぶ場所なんですね。

そういえば鹿、ポッキーが好きだったんですよね。

なな:2007/05/17(木) 21:39 | URL | [編集]

ちーす、まいど。
そうなんですよ。お隣の県で遠足の定番だし、妹が住んでるしね。
そうそう。ポッキー食べてましたねー。あげたらダメだけど(笑)。

しんちゃん:2007/05/18(金) 16:28 | URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2007/06/04(月) 07:11 | | [編集]

関西人をくすぐるポイントはさすがですよねー。
奈良健康ランドはもちろん歌えるよ!
当然、グランシャトーもね(笑)。

しんちゃん:2007/06/04(月) 09:22 | URL | [編集]

「奈良健康ランド」のCMどんなんだろう?
気になりま~す(>_<)
今度は奈良に行ってみたくなりますね!
京都・奈良ときたら、次はどこかな~?
大阪?

エビノート:2007/06/08(金) 21:51 | URL | [編集]

あははは!鹿に萌えたんですね!(爆)
この作品よりも笑えました!
ありがとう!!

ゆう:2007/06/08(金) 22:43 | URL | [編集]

CMはめっちゃ手作り感がある、やぼったいものです。
次は大阪らしいっすよ。
雑誌のインタビューで、京都、奈良、大阪、と構想してたと、又聞きしました。
自分で確かめてませんが、そんな情報があるみたいです。

しんちゃん:2007/06/09(土) 09:15 | URL | [編集]

うーん、ありがとうの言葉に素直に喜べない(苦笑)。
そんなに笑えるのかなー。ちょっと恥ずかしくなってきた。。。

しんちゃん:2007/06/09(土) 09:18 | URL | [編集]

イトは何だかよくわからないまま話が進んだのが難点でしたね。
お互いの事情を知った上での大和杯ならもっと燃え萌えだったかもしれません。
でもそのぶん最後の別れでうまく締めてくれました。あそこはニンマリです。

たまねぎ:2007/07/29(日) 11:24 | URL | [編集]

たまねぎさんも思いましたか。イトの扱いは勿体無かった!
終始ブスっとしてて、何を考えているのか見えてこない。
読み終えたら、そういう事だったのって思うけど、
読んでる時は印象が薄すぎ。
でもラストは良かったね。あそこで初めて女の子を感じました。

しんちゃん:2007/07/29(日) 15:35 | URL | [編集]

確かに前作ほど極端な個性のキャラはいなかったですねぇ。
でも、私はそれぞれ面白かったです。
試合中のイトちゃんに萌えたんですけど(笑)。

健康ランドがツボなのですね~。
私は普通のサウナになってたんですけど。
知ってる所が出てくると訳も無く面白くなってきますよね。

chiro:2007/08/22(水) 18:20 | URL | [編集]

chiroさん、おはよう。
大阪人なら誰もが知る奈良健康ランド。
それ以外のローカルネタもくすぐるんですよ。
関西限定の笑いが随所にありました。
狙ってるのかな?(笑)

しんちゃん:2007/08/23(木) 09:56 | URL | [編集]

しんちゃん☆こんばんは
そうかぁ、ご当地ネタがあったんですね!
そういうのが分かると益々おもしろいってわけですね。
でも、そういうのをヌキにしても面白かったです。(#^.^#)

Roko:2007/09/15(土) 20:45 | URL | [編集]

Rokoさん、こんにちは。
ご当地ネタは満載でした。関西人の特権っすね。
たしか「ホルモー」にもあったと思う。
万城目さんがそういうのを好きなのかな。

しんちゃん:2007/09/16(日) 09:26 | URL | [編集]

マイシカを読んだあたりから、この話に夢中になりました。おもしろかったですね。
イトちゃんが、剣道部に入部したあたりから、おれと同じように、鹿に声をかけられているんだと察しがつきました。
のろいを解くシーンは、かわいらしかったですね。

花:2007/11/21(水) 19:45 | URL | [編集]

花さん
マイシカは面白かったですね。

話が変わるんだけど、この作品がテレビ化されるそうですね。
しゃべる鹿が少し気になってます。

しんちゃん:2007/11/22(木) 09:56 | URL | [編集]

奈良健康ランド、ふーんと思って読んでたんですが、
関西の人にはそれだけで笑えちゃうスポットだったんですね。
何だかそういう小ネタを逃すと、すごく悔しい気がしてしまいます。
それにしても楽しい本でした♪

june:2007/12/26(水) 14:59 | URL | [編集]

juneさん
万城目さんは地域限定のネタが好きみたいですね。
ローカルメジャーがよく目に付きます。
大阪が舞台になったら、また何か仕掛けてくるかも。
それを置いといても楽しい本でしたね。

しんちゃん:2007/12/26(水) 20:03 | URL | [編集]

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします~♪
奈良健康ランドとグランシャトーのCM懐かしい~(笑)

上のコメントでも書かれていますが、これドラマ化されるらしいですね?あまりドラマは見ないので見るかわからないですけども・・・

次は大阪が舞台のお話なのかぁ。すっごく楽しみです♪

板栗香:2008/01/01(火) 17:31 | URL | [編集]

板栗香さん、おめでとう!
地域限定の笑いでしたね~。

奈良公園でロケってありました。
同じくテレビを観ない人ですが
1話ぐらいは観ようと思ってます。

大阪、楽しみですよね。

しんちゃん:2008/01/02(水) 13:56 | URL | [編集]

こんばんは!
なるほど関西限定のネタが仕込まれていたんですね。わからなかったなぁ。
マイシカのオチが笑えます。あの鹿がお気に入りでポッキーを買ってしまいました。
ラストはベタですね~、そこがツボでしたが。


雪芽:2008/01/14(月) 00:13 | URL | [編集]

雪芽さん、こんにちは。
関西以外は分からないっすよね~。
マイシカって初めは「なんだ?」って感じでした。
それがあのオチですっきりです。
ラストはツボでしたね。

しんちゃん:2008/01/14(月) 11:31 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

鹿男あをによし   ~万城目 学~


『鴨川ホルモー』で大ブレイク!(個人的にですけど)舞台は京都から奈良へ。卑弥呼の謎まで飛び出して、鹿男は頑張ります。いやぁ~、この世界観、好きです。事実と虚像が入り乱れ、今回も思いっきり楽しませ

2007/04/18(水) 20:44 | My Favorite Books

鹿男あをによし 万城目学


イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。書き下ろし。主人公で語り手の28歳の「おれ」は、教授の勧めに従って大学の研究室から2学期限定で奈良女学館に赴任。でも鹿のおかげで「おれ」の奈良ライフは波瀾に満ちた日

2007/04/25(水) 01:53 | 粋な提案

「鹿男あをによし」万城目学


あをによし奈良の都の…という歌があるように、「あをによし」は奈良にかかる枕詞。奈良が舞台のお話です。「神経衰弱」という言葉が出てきます。これから連想するのはトランプと夏目漱石。でも「きみは神経衰弱だから」という文脈からは当然後者の漱石の印象が頭の中で....

2007/04/27(金) 23:57 | 宙の本棚

「鹿男あをによし」万城目学(幻冬舎)


「鴨川ホルモー」で一躍注目を集めた著者の第2作。今度は幻冬舎から発売となって、書店でもおおきなプロモーションをやっているので見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。さて今回は京都から舞台を移して奈良に。現代の奈良を舞台にした歴史ファンタジーというと

2007/05/06(日) 20:20 | EP

『鹿男あをによし』万城目学


鹿男あをによし万城目 学幻冬舎2007-04by G-Tools「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に赴任する。ほんの気休め、のはずだった。英気を養って研究室

2007/05/09(水) 09:02 | ひなたでゆるり

鹿男あおによし 万城目学


鹿男あをによし■やぎっちょ書評かりんとう買ったよ。セブンイレブンで。かりんとう兄弟!鹿化ね~。なったね~子供の頃。何せ周囲は普通の顔に見えているし、当時はデジカメもプリクラもなかったし、しかも子供だからどうしていいかわかんなくて困った困った。この本....

2007/05/11(金) 16:44 | &quot;やぎっちょ&quot;のベストブックde幸せ読書!!

鹿男あをによし  万城目 学


鹿男あをによし万城目 学 07-134 ★★★☆☆ 【鹿男あをによし】 万城目 学 著  幻冬舎 《あをによし 奈良の都は 咲く花の…》 どこまで面白ければ 気が済むんだ!? やっぱりマキメは 並みの天才じゃない。  壮大な構想、緻密な構成、 躍動するディ

2007/05/16(水) 19:50 | モンガの独り言 読書日記通信

「鹿男あをによし」万城目学


鹿男あをによし万城目 学研究室の教授から「君は神経衰弱だ。二学期だけ友人の学校で講師として働いて欲しい」と言われ、選択肢のないまま奈良の女子校で教鞭をとることになったオレ。いやーん。面白いです。一気読みです。奈良の鹿、京都の狐、大阪の鼠。卑弥呼の時代から

2007/05/17(木) 21:37 | ナナメモ

鹿男あをによし


「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!?(幻冬舎サイトのあらすじより)「鴨川ホルモー」に続く万城目さんの2作目は奈良が舞台。面白かったー!職場のお昼休みに読んで

2007/05/24(木) 21:42 | a bird shop

鹿男あをによし 〔万城目 学〕


鹿男あをによし万城目 学 幻冬舎 2007-04売り上げランキング : 648おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!...

2007/06/08(金) 21:26 | まったり読書日記

鹿男あをによし 万城目学


ひょんな事から、奈良の女子高で代理教員に就くことになった28歳の主人公が、富士山噴火を防ぐためにあるものを求めて奔走する奇妙な物語。女子高を舞台にした少し目先の変わった学園物かと思いきや、いきなり鹿が話たり、かと思えば、熱いスポ根モノに流れたり・・と、...

2007/06/08(金) 22:43 | かみさまの贈りもの~読書日記~

鹿男あをによし 万城目学 


鹿男あをによし万城目 学 (2007/04)幻冬舎 この商品の詳細を見る<さあ、神無月だ。出番だよ、先生>「鴨川ホルモー」で、読者を奇想天外な世界へ、引きずりこんだ作者の二作目です。題名から変ですよね。しかし

2007/06/09(土) 06:55 | それでも本を読む

【鹿男あをによし 】 万城目学 著


1800年のロマン「ス」・・・!?「鴨川ホルモー」で笑わせてもらってから、早1年。ようやく手にすることができました [:拍手:]神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に赴任する。ほん

2007/06/24(日) 10:24 | じゅずじの旦那

「鹿男あをによし」万城目学


タイトル:鹿男あをによし著者  :万城目学出版社 :幻冬舎読書期間:2007/05/21 - 2007/05/22お勧め度:★★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]「さあ、神無月だ-。出番だよ、先生」 2学期限定で奈良の女子高に赴任した28歳の「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に

2007/07/04(水) 21:59 | AOCHAN-Blog

鹿男あをによし  万城目学


まさかこんなに早く直木賞候補に挙がってくるとは思わなかった万城目さんの『鹿男あをによし』です。前作『鴨川ホルモー』と同じく、意味も分からず不条理に巻き込まれた青年が、その中で七転八倒するうちに人間的成長を遂げる話になります。もちろん神仏や怪異の存在と古..

2007/07/29(日) 10:57 | 今更なんですがの本の話


六三四の剣六三四の剣(むさしのけん)は、週刊少年サンデーに連載された村上もとかの漫画作品、またそれを原作としたテレビアニメ。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFD

2007/07/29(日) 14:43 | このマンガが読みたい!

鹿男あをによし/万城目学


『鴨川ホルモー』に次ぐ、三都シリーズの第2弾…といっていいのか解らないけど、前作の京都に続いて今回は奈良が舞台。そして奈良といえば鹿と大仏。このうち前者が大きなカギを握ります。鹿男あをによし万城目 学 幻冬舎 200

2007/08/03(金) 11:07 | 黒猫の隠れ処

「鹿男あをによし」万城目学


「鹿男あをによし」万城目 学幻冬舎2007-04勝手に評価:★★★★★ ねえ藤原君、「あをによし」って知ってる?何ですか急に。いやね、生徒から知っているかと訊かれて、何だそれ?って返したらずいぶん馬鹿にされてね。え?知らないんですか先生?知らないよそんな言葉。そ

2007/08/22(水) 19:39 | Chiro-address

『鹿男あをによし』 万城目学


鹿男あをによしposted with amazlet on 07.09.15

2007/09/15(土) 20:40 | Roko's Favorite Things

鹿男あをによし<万城目学>-(本:2007年109冊目)-


鹿男あをによし出版社: 幻冬舎 (2007/04)ISBN-10: 434401314X評価:90点(ネタバレあります)1800年間、恋する力が人類を守るのだ。鹿と鼠がしゃべって、地面の下にはナマズがいる。主人公の顔は次第に鹿の顔になっていき、マドンナは鼠の顔をして写真に...

2007/10/02(火) 23:25 | デコ親父はいつも減量中

本「鹿男あをによし」


鹿男あをによし   万城目 学 幻冬舎 2007年4月 「きみは神経衰弱だから」と教授から言われ、おれは奈良の女子高の教師として2学期だけ赴任することを余儀なくされる。1日目、遅刻してきた堀田という生徒に理由を聞くと、マイカーならぬ、マイシカで駐禁を取

2007/11/21(水) 19:39 | <花>の本と映画の感想

「鹿男あをによし」万城目学


鹿男あをによし 奈良が好きです。学生時代日本古代美術を専攻してたんですが、仏像やお寺を見に一人で奈良に出かけたこともあるくらい好きです。だからもうこのタイトルだけでこれは買うしかない!と。で、喜び勇んで買って安心してしまって、今まで積んでました。 や...

2007/12/26(水) 15:10 | 本のある生活

万城目学  鹿男あをによし


鹿男あをによし 万城目 学 JUGEMテーマ:読書 春頃に読んだ本で、感想もアップしていると思い込んでました・・・今頃になってですが感想アップします。(^^;ゞ 最初はなかなか波に乗れず話に入っていけませんでした。読み終えた今から思うと登場人物達が普通すぎる...

2008/01/01(火) 17:22 | マロンカフェ ~のんびり読書~

「鹿男あをによし」 万城目学


 鹿男あをによし  万城目 学  幻冬舎 (2007/04)  単行本: 394ページ デビュー作の『鴨川ホルモー』で大いに笑わせてくれた万城目さんの2作目。 実は購入したのは去年の春。万城目さんの名前はあちこちのブログで目にしていたので、いずれは読みたいと

2008/01/13(日) 23:55 | コンパス・ローズ  compass rose

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。