--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.13

「生きてるだけで、愛。」本谷有希子

生きてるだけで、愛 生きてるだけで、愛
本谷 有希子 (2006/07/28)
新潮社

この商品の詳細を見る

安い恋のトライアングルに勝手に巻き込まれ、叫んで暴れてバイトをクビになった寧子。
寧子は鬱になり、同棲中の津奈木の本部屋に二十日以上も閉じ篭っている。
今の寧子は、仮眠。メルヘン。二十五歳。 生きてるだけで疲れるひとりの女性の物語です。


これまでに本谷さんの本を2冊読んでましたので、黒い本だと思ってました。
それがまあ冒頭からぶっ飛んだ寧子に、あれ?っと思い、こちらもぶっ飛んだ。

無闇に当たり散らす寧子に、「うん」「ごめん」とまったく反応しない津奈木。
言ってはいけないと気づきながらも、口から出る嫌な言葉。
でも二人の仲ではバランスが取れていて、何も問題がない気もしたけど…。

津奈木に毒を吐く寧子は置いといて、世間に対して毒を吐く寧子が好き。
なぜか共感してしまう自分が居る。 心の中で死ね!とは言わないですがね。
もっと毒を吐いてくれと思いながら読むのは、世間を敵視した自分が眠っているのか。
ときにコミカルでいて病んでいる寧子を、可愛いと思ってしまうのは危ない兆候?
う~む、病んでるかも(汗)。 自分の事は、この際忘れてしまおう。

津奈木の元彼女が現れ、寧子に別れを迫る。 この身勝手さに何故か安心してしまった。
このバカ女が、これまで持っていた本谷さんの本のイメージだったからね。

そしてこのバカ女の強引さで、元ヤンキーがオーナーのレストランでバイトをすることなる。
ここがアットホームな雰囲気で和みの時間。 オーナーも良いしミズキも良い。
チューハイ好きのお父さんもいい味を出している。 トイレのみつをもね。

この和やかさで鬱とも脱却出来るのかと思いきや、ありゃりゃそっちなのとヤラレタ感じ。
本谷さんらしいと言えばそうなのかも。 想像を裏切るのが好きだからね。

痛い話のはずなのに、本谷さんの軽妙な言葉や単語の選択に笑えてしまった。
この言葉の選び方は才能なんでしょうね。 本谷さんは6つも年下ですが尊敬です。

そしてキーワドにもなった、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」の浮世絵の使い方に唸りました。
有名な奇跡を捉えたエピソードを、あんな風に使うなんてやっぱ本谷さんは上手い。
表紙の波がばしゃーんの画です。 お茶漬けを思い出す?

後日談も収録されてますが、感想は一言。
二人とも成長してないな~。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本谷有希子
トラックバック(14)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

生きてるだけで、愛。 [本谷有希子]


生きてるだけで、愛本谷 有希子 新潮社 2006-07-28津奈木と付き合って三年になる寧子。「ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?」過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。読み始めたときに、「ずいぶ

2007/04/13(金) 17:16 | + ChiekoaLibrary +

生きてるだけで、愛。  本谷 有希子


生きてるだけで、愛本谷 有希子 07-5 ★★★☆☆ 【生きてるだけで、愛。】 本谷 有希子 著  新潮社  《主人公って躁鬱病なのか、ただの奇行病のようにも感じるのだが》 出版社 / 著者からの内容紹介よりあんたと別れてもいいけど、あたしはさ、あたしと別れ

2007/04/13(金) 22:09 | モンガの独り言 読書日記通信

「生きてるだけで、愛。」本谷有希子


生きてるだけで、愛タイトルと表紙の濃さにかなり期待して手にとりました。やっぱりすごく濃くって、これでもかというくらい凶暴に突っ走る主人公が、突っ走れば突っ走るほど痛くて哀しいんです。でもそれだけじゃなくて笑えるところもあったし、5千分の1秒の光景の使....

2007/04/13(金) 22:30 | 本のある生活

「生きてるだけで、愛。」本谷有希子


生きてるだけで、愛本谷 有希子20日前から鬱の状態の私。同棲してる津奈木にあたり、津奈木の元彼女には別れを共用され、散々な日々。うわー。すごい本です。勢いだけで読みきったって感じ。25歳の私は高校時代のあだ名がエキセントリクなエキ子。躁鬱を繰り返し、おま

2007/04/13(金) 23:10 | ナナメモ

「生きてるだけで、愛。」 本谷有希子


生きてるだけで、愛。posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.10本谷 有希子著新潮社 (2006.7)通常1-3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/04/13(金) 23:28 | 今日何読んだ?どうだった??

『生きてるだけで、愛。』本谷有希子


生きてるだけで、愛本谷 有希子新潮社2006-07-28by G-Toolsねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。芥川賞候補作。 人間って何で生きてるんだろうね。みんな規則

2007/04/14(土) 10:09 | ひなたでゆるり

生きてるだけで、愛 〔本谷有希子〕


生きてるだけで、愛≪内容≫ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。芥川賞候補作。 (BOOKデータベースより)

2007/04/14(土) 20:43 | まったり読書日記

「生きてるだけで、愛。」本谷有希子


学生時代のあだ名がエキセントリック子。略してエキ子。それを自らのハンドルネームにしている主人公。まさにエキセントリック。そして気分の浮き沈みが激しい。彼女に振り回されている津奈木が哀れになってくる。それでも、何かしら彼女に共感している自分がいます。「す..

2007/04/16(月) 09:02 | 宙の本棚

生きてるだけで、愛  本谷有希子


本谷有希子さん、この前の芥川の候補になった作品がこの『生きているだけで、愛』です。表紙には富嶽三十六景の神奈川沖浪裏をアレンジして大胆にトリミングしたものが使われているんですけれども、そういえば今度出る三浦しをんの『風が強く吹いている』も絵巻か何かを模..

2007/04/16(月) 19:38 | 今更なんですがの本の話

「生きてるだけで、愛。」本谷有希子


タイトル:生きてるだけで、愛。著者  :本谷有希子出版社 :新潮社読書期間:2007/04/10 - 2007/04/11お勧め度:★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい

2007/05/26(土) 01:22 | AOCHAN-Blog

「生きてるだけで、愛。」本谷有希子


生きてるだけで、愛発売元: 新潮社価格: ¥ 1,365発売日: 2006/07/28売上ランキング: 2068posted with Socialtunes at 2006/08/29この作品は芥川賞候補作。で、以前三島賞候補になったらしい「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」は、もうすぐ映画化らしい。サトエリが主演な

2007/06/07(木) 16:08 | 本を読む女。改訂版

「生きてるだけで、愛。」


「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の作者、本谷有希子さんの作品。 レビュー読むとこっちの方が読みやすいってコメントが多かったのでこっちから読むことにしました。

2007/07/13(金) 18:59 | 青いblog

生きてるだけで、愛。 本谷有希子


過眠、躁鬱を繰り返しながら、何かを求めている25歳の寧子。その思うようにならない人生を、スヒード感溢れる文章で綴った物語。 躁鬱状態にあり怠惰な日常を繰り返している女性の思想や行動が、テンポよくユーモア溢れる文章で描かれていて、その魅力に一気にひき込まれ...

2007/12/27(木) 12:52 | かみさまの贈りもの~読書日記~

生きてるだけで、愛。 / 本谷 有希子 (新潮社)


自称過眠性、メンヘル、引きこもりの寧子25歳。煮え切らない恋人の態度が気に食わず、眠ってばかりの自分が気に食わない。やたらブレーカーが落ちる家で、「アンペアを、あげろ」と叫びつつ、妥協から付き合いはじめた恋人と、同棲していた。しかし、恋人の元カノが現れ、...

2009/08/10(月) 18:24 | ひとり読書会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。