--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.15

「仮面山荘殺人事件」東野圭吾

仮面山荘殺人事件 仮面山荘殺人事件
東野 圭吾 (1995/03)
講談社

この商品の詳細を見る

結婚式を一週間後に控えた高之だが、婚約者の朋美が車の運転中に事故で死ぬ。それから3ヵ月後、高之は朋美の父の伸彦から別荘に招待される。別荘には8人の男女がいた。高之に、朋子の両親である伸彦と厚子。伸彦の秘書の下条玲子に、朋子の兄の利明。朋子の従妹の篠雪絵に、篠家の主治医の木戸。それに朋子の親友だった阿川桂子。

彼らが集まる夕食後のひと時に、朋子の死に不審なところがあると話題がでる。そんな事があった夜に、逃亡中の銀行強盗が別荘に侵入した。8人が監禁されるなか、新たな謎の殺人が起こり、お互いが疑心暗鬼になる。

以下、ネタバレありです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
二人の強盗との少し間抜けたやり取りが小気味良いのだが、ここに疑問を持った。次第に緊張感が薄れ、朋子の死が事故ではないと議論が始まるのだ。う~ん、ちょっぴり有り得ない感が漂うのだな。強盗に銃を向けられた状態よ。しかもこの強盗たちに、リアル感がまったくないのだよ。それに見回りの警官たちにも。何か怪しさというか、意図的な作為を感じた。

読み進めるうちに、あれ?あの怪しさは間違いだったのかと思い出す。しかしラストに至って、あ~、やっぱりね、という展開。ミステリで結末を見破るのは目標なのだが、いざ的中すると、落胆をしてしまう。驚かせてくれ!驚愕させてくれ!鳥肌ものが読みたい!という我儘な願望が、むくむくと湧き上がってくる。だから、この本に関しては微妙な気持ち。勝ったと素直に喜べないのだ。

次に読む東野圭吾の本に期待をするか。たまにはこういう事もあるさ。


東野圭吾
トラックバック(2)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

(書評)仮面山荘殺人事件


著者:東野圭吾 仮面山荘殺人事件価格:¥ 560(税込)発売日:1995-03

2007/04/15(日) 21:03 | たこの感想文

東野圭吾『仮面山荘殺人事件』


仮面山荘殺人事件講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『仮面山荘殺人事件』を紹介します。主人公の高之の婚約者の朋美が自動車事故で亡くなった。その後、高之は山荘に招待される。8人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。8人は脱出を試みよ...

2009/02/10(火) 00:56 | itchy1976の日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。