--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.18

「図書館内乱」有川浩

図書館内乱 図書館内乱
有川 浩 (2006/09/11)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

「図書館戦争」より先にリアル図書館から順番が回ってきてしまい、焦っりまくった「内乱」なのだ。ほんとに乱だった 順番通りに読めて良かったー、とほっと安心。

過保護な親に、戦闘職種に配属していることを白状していない郁。そこに郷里の両親が、郁の勤め先の図書館を見学しにくるという。親相手に言葉は噛むは寝ながらうなされる郁は、両親にはしどろもどろ。母はのん気だが、父が郁の仕事ぶりを試したりするのだ。

郁の乙女ぶりが母の遺伝だと分かる場面にニヤリ笑い。こういう細かいの好きだな。郁の父に、郁の仕事に関する評価を話す堂上には惚れるんだな。堂上にラブなのだ。

次に小牧のことを密かに思う、耳に障害を持った毬江が登場。小牧は毬江に「レインツリーの国」を勧める。リンクがあると聞いていたのはこれだったのか。しかし随分前に「レインツリーの国」を読んだので、すでにうろ覚えなのだ。いかんなー。この「レインツリーの国」が、聾唖者に難聴の登場人物が出てくる本を薦めるのは差別だと、小牧は良化特務機関に無理やり拘束されたのだ。

聾唖者を差別するなと、声を上げる人物が一番差別している可能性は痛切に感じたな。これは誰にでも当てはまる問題だろう。 人間の傲慢さというか押し付けは確かにある。

堂上の堅物ぶりに女性組が勝手に行動し、解決後の郁が堂上を詰る場面は恥ずかしかった。上から目線で勝ち誇るが、いつの間にか堂上の身を心配する発言をする郁。きゃ~って感じ。

柴崎が利用者の朝比奈に誘われ食事に行くことになるが、それを偵察に行く郁と手塚。柴崎と目が合うたびに「てへっ」って笑う郁がとても可愛いのだ。きゅん。

ここでは柴崎の裏の顔が描かれているが、すべて計算する女って恐ろしいですな。そしてもう一人の恐ろしくてキツイ女が、広瀬という柴崎の同僚だ。好きになった男が柴崎を好きだというだけで、影でうごめく妖怪なのだ。怖え~!

図書館のHP上で「一刀両断レビュー」として、本を酷評しているのを発見する。そのレビューを書いてるのが、手塚と同部屋の砂川という図書館員だった。この砂川が事件を起こし、共謀者として郁の名前が出てくるのだ。

自分も本の感想を書いているので、耳が痛いお話なんだな。 気をつけよう。

ここでは原則派と行政派の対立の中で、手塚の兄の慧が重要人物として登場。手塚兄弟の対比は中々面白い。けれどもそれ以上に郁と堂上の二人の会話にきゅん。二人のベタ甘な会話にニヤリと笑い、いい大人がトキメキまくり。

それと新たに小牧と毬江の二人の今後も楽しみだ。要チェックなのだ。

ますます続編に期待を残した終わり方は絶品。 はやくリアル図書館で「危機」の順番が回ってくるのを祈るのだ。


余談
ベタた甘い恋が大好きなので、男なのに乙女推進委員会に入会している。今回も「きゅん」っとしながら目じりが下がり、よだれをずずっと啜りニヤリ笑い。いい大人が何たる低落なのだろう。でもいいのだ。乙女心万歳なのだ!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

有川浩
トラックバック(22)  コメント(20) 

Next |  Back

comments

しんちゃん!乙女たるもの「よだれをずずっと啜りニヤリ笑い」なんてしないのです!!!
ふふふと微笑むのです(笑)

なな:2007/04/18(水) 21:32 | URL | [編集]

きゃーとか、きゅんとか、すっかり乙女ですね。
と言いつつ、↑のななさんの発言を読んで、反省しました。
ニヤリどころかぐふぐふ怪しく笑ってました。
乙女道は険しいです。

june:2007/04/18(水) 22:47 | URL | [編集]

あぁ、私もニヤニヤでした。
乙女道って険しいのですね。
「危機」のレビュー、楽しみにしています。


藍色:2007/04/18(水) 23:19 | URL | [編集]

おほほ(笑)。お下品でございました。
これからも乙女道に邁進したいと存じます。
以後、ご鞭撻のほど宜しくお願い致しまする。はは~。(ペコリ)

しんちゃん:2007/04/19(木) 09:19 | URL | [編集]

乙女道は厳しいっすねー!
精進の道は険しいですが、juneさんも一緒に頑張る?

しんちゃん:2007/04/19(木) 09:22 | URL | [編集]

ニヤニヤでは乙女道は失格だってさ。く~、厳しい。

「危機」はまだまだ先になりそうです。
お~い、いま図書館で借りてる方。はやく返却してくれ~!
い、いかん。乙女道が…。

しんちゃん:2007/04/19(木) 09:27 | URL | [編集]

胸を鳴らされまくってますね。それこそ正しい有川作品の楽しみ方です、きっと。私もいい年してぐいんぐいん言わされて、悶絶しまくってます。悲しいかなウフフでは止まりません。

たまねぎ:2007/04/19(木) 21:13 | URL | [編集]

こんばんは★
いやいやいや、今回はもう、萌え萌えでしたネ(〃▽〃)キャー♪
小牧ファンの私としては、彼の優しさと芯の強さに悶えまくりでした。
悶えるといえば、堂上&郁も…
あぁ!!もう、頑張れよオトメ!!という感じでしたネ。
『図書館危機』も息を飲む展開、萌え萌えシチュエーションなどなど、
見どころ満載ですよ~。

Rutile:2007/04/20(金) 00:19 | URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2007/04/20(金) 01:43 | | [編集]

おー!ぐいんぐいんで悶絶ですか(驚)。そこまで行くと凄いっすね。
気持ちが若くなれて、有川作品っていいよねー。

しんちゃん:2007/04/20(金) 08:36 | URL | [編集]

こんにちは。
小牧さん渋かったですね。小牧さんのラブの行方も気になるー。
もちろん郁ちゃんと堂上教官も。
早く「危機」が読みたいっす!

しんちゃん:2007/04/20(金) 08:40 | URL | [編集]

このシリーズが終わっても、有川さんのベタは読んでいきたいっすね。
「空」も「海」もベタは健在でしたもん。
ずーっと、ベタ路線を貫いて欲しいなー。

しんちゃん:2007/04/20(金) 08:44 | URL | [編集]

しんちゃん☆こんばんは
柴崎みたいな女ってけっこういるんだよ~!
でも男はそういうところに気付かないんだよねぇ。
だけど、女は誰でも心の奥底に乙女を秘めているから、ある日突然「乙女デビュー」するかも?

Roko:2007/06/12(火) 20:25 | URL | [編集]

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 じれったい関係がいいですよね(笑)
 熱く単純な郁、とてもかわいいです☆

miyukichi:2007/06/12(火) 21:21 | URL | [編集]

こんにちは。
マジっすか!ちょー怖いんですけど…。
さっぱり気づいていませんでした。。。

男だって少年心があるんだけど、いつも子供っぽいと言われます。
そりゃ30すぎてガンダム好きは、子供と言われてもしゃーないか(笑)。

しんちゃん:2007/06/13(水) 13:33 | URL | [編集]

こんにちはー。
そう、じれったくてウブなとこが、きゅんとくる。
郁ちゃんもいいし、ぶきっちょな堂上もいいよねー。
早く続きが読みたいっす!

しんちゃん:2007/06/13(水) 13:37 | URL | [編集]

良い感じで、サブキャラクターにもスポットが当たってきましたね。
小牧の話は、キャーとか叫びながら読みましたよう。
ええなぁ~~。

エビノート:2007/08/23(木) 20:16 | URL | [編集]

エビノートさん、順調に乙女道に嵌ってますね(笑)
小牧と毬江はキャー、堂上と郁はニヤリ。
いいっすね!

しんちゃん:2007/08/24(金) 09:31 | URL | [編集]

こんにちは♪
やっと「内乱」読み終えました~^^

「戦争」のときは、それほどニヤニヤとか胸キュンとか
しなかったのですよー!
なのにこの「内乱」では、もうそれが止まらなくて・・(照)
堂上LOVEです・・・。

というわけで、私も乙女推進委員会に入会いたします・・(笑)

じゅりん:2007/08/31(金) 11:18 | URL | [編集]

じゅりんさん、こんにちは♪
ありゃ、さらっと愛の告白してる。
乙女に戻りましたね(笑)

乙女推進委員会は厳しいっすよ。
なんせヨダレ厳禁だから。

しんちゃん:2007/08/31(金) 16:43 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「図書館内乱」有川浩


図書館内乱有川 浩「図書館戦争」の続編。図書隊とメディア良化委員会の対立、図書館内での派閥の問題などを、主要メンバー一人ずつを主人公にした連続短編風に書いた物語。待ってました!私の「乙女心」を刺激する「図書館戦争」の続編です。郁の両親が図書館を見学する「

2007/04/18(水) 21:33 | ナナメモ

「図書館内乱」を読む


「図書館内乱」有川浩/著(メディアワークス刊)図書館戦争の続編です。さっそく読みました。もう、一気読みですよ。(^.^)で、感想。ここで終わりかよっ!?(-"-)・・・・・・・・・・・・・・・・・・いやいや、おいしー「引き」をしとりますなぁ。(^_^;)つーわけで

2007/04/18(水) 22:41 | 怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】

「図書館内乱」有川浩


図書館内乱期待通りのおもしろさでした!メディア良化委員会との戦いだった前回の「図書館戦争」から、今度は図書館内部の派閥の対立、まさに陰謀と心理戦の渦巻く内乱です。大きな組織になれば、一枚岩ってわけにはいきませんよね。読んでいて色んな考え方を提示してあ....

2007/04/18(水) 22:42 | 本のある生活

『図書館内乱』有川浩


図書館内乱有川 浩メディアワークス2006-09-11by G-Tools相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行

2007/04/18(水) 23:13 | ひなたでゆるり

図書館内乱 有川浩


イラストは徒花スクモ。書き下ろし。相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありや

2007/04/19(木) 03:10 | 粋な提案

有川浩  図書館内乱


図書館内乱有川 浩う~ん、やっぱりこのシリーズ大好きだ~ ベタ甘だし読んでいる間もニヤニヤしちゃって家族から変な目で見られるけどいいのいいの♪今作では、各キャラが深く掘り下げて描かれていたのがよかったですね。郁は自分の生い立ちと両親とのビミョーな関係。手

2007/04/19(木) 11:42 | マロンカフェ ~のんびり読書~

「図書館内乱」有川浩


図書館シリーズ第2弾。私としては今回の方が好きかも。前回に比べ、戦闘シーンが極めて少なかったので、安心して読めました。戦闘シーンってあまり好きではないので。主要な登場人物の家族関係や過去などが少しずつ明らかにされます。こんな風に物語の世界が前作から広....

2007/04/19(木) 17:14 | 宙の本棚

図書館内乱  有川浩


有川浩さんの『図書館戦争』の続編『図書館内乱』です。前作が図書館を舞台にした軍事アクションとすれば、今作は企業小説に近い内容になっています。また連作短篇に近い形をとり、各章毎に主人公郁の周囲の人間にスポットを当てた作りとなっています。それぞれのバック....

2007/04/19(木) 20:15 | 今更なんですがの本の話

『図書館内乱』有川浩


シェアブログ1152に投稿話題沸騰!!図書館シリーズ第2弾ですね。前作『図書館戦争』よりも肉体的なドンパチは少ないですが、 登場人物たちの内面や図書館内部での人間関係が掘り下げられていました。 郁や小牧が精神的に追いつ

2007/04/20(金) 00:16 | 道草読書のススメ

図書館内乱 有川浩 メディアワークス


ライヴ終わって放心しておりました。あきませんねえ・・。ライヴはこの上なく楽しいけど、後遺症がでる(汗)気合~~~!!

2007/04/20(金) 01:41 | おいしい本箱Diary

図書館内乱


********************************************************************** 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなし

2007/04/21(土) 18:48 | 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪

「図書館内乱」(有川浩著)


 今回は 「図書館内乱」 有川 浩著 です。この本は図書館戦争シリーズの第2作ですね。

2007/04/22(日) 19:42 | たりぃの読書三昧な日々

図書館内乱


図書館内乱有川 浩出版社 / 著者からの内容紹介相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行政戦隊図書

2007/05/09(水) 12:58 | a bird shop

図書館内乱*有川浩


☆☆☆☆・ 図書館内乱有川 浩 (2006/09/11)メディアワークス この商品の詳細を見る相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委

2007/05/18(金) 17:47 | +++ こんな一冊 +++

図書館内乱/有川 浩 [Book]


 有川 浩:著 『図書館内乱』 図書館内乱メディアワークスこのアイテムの詳細を見る 『図書館戦争』 に続く、「図書館シリーズ」第2弾。 「メディア良化法」のもと行われる 超法規的検閲に対抗する、 正義感にあふれた図書館の面々。 第2弾だけあって、登場人物は

2007/06/10(日) 22:10 | miyukichin’mu*me*mo*

『図書館内乱』 有川浩


図書館内乱posted with amazlet on 07.06.11 有川

2007/06/12(火) 20:18 | ついてる日記?

図書館内乱/有川浩


読書期間:2007/6/20~2007/6/23武蔵野第一図書館の図書隊員・小牧が、耳の悪い少女に難聴者がヒロインの恋愛小説「レインツリーの国」を勧めたとの噂により、メディア良化委員会が検閲に抗う図書館を攻撃しはじめ…。「図書館戦争」に続くシリーズ第2弾。

2007/06/24(日) 10:15 | hibidoku~日々、読書~

図書館内乱 〔有川 浩〕


図書館内乱有川 浩 メディアワークス 2006-09-11売り上げランキング : 27556おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ!山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問....

2007/08/23(木) 19:58 | まったり読書日記

『図書館内乱』 有川浩 


相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行政戦隊図書レンジャー! いろんな意味でやきもき度絶好調

2007/08/31(金) 11:12 | *precious memories*

図書館内乱


著者:有川 浩出版社:メディアワークス紹介文:やっと「~危機」を借りることができました。その前に「~内乱」の感想を書いておきます。図書館シリーズの第2弾は「レインツリーの国」の元になったという小牧教官の恋の話、ニューキャラ手塚・兄の登場、そして...

2007/09/13(木) 19:27 | どくしょ。るーむ。

図書館内乱<有川浩>-(本:2007年146冊目)-


図書館内乱出版社: メディアワークス (2006/9/11)ISBN-10: 4840235627評価:85点うーむ、楽しい。前作もそうだったし、著者の「くじらの彼」を読んだときにも感じたが、少女マンガなんだよね。絵とセリフになっているものを、そのまま文章につなげていった感...

2007/12/02(日) 01:29 | デコ親父はいつも減量中

『図書館内乱』有川浩


『図書館内乱』有川浩 図書館内乱(2006/09/11)有川 浩商品詳細を見る 読書、自粛をしているものの、やっぱり読みたくなります。 現実逃避した...

2008/05/02(金) 10:16 | バンザイ!(^^)!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。