--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.22

「がんばっていきまっしょい」敷村良子

がんばっていきまっしょい がんばっていきまっしょい
敷村 良子 (1996/07)
マガジンハウス

この商品の詳細を見る

「がんばっていきまっしょい」
松山東高校に入学した悦子は、ボート部に入部しようとするが女子の部が無い。
そこで悦子は女子ボート部を作り、メンバーもぎりぎり集まり始動する。
悦ネエこと悦子、ヒメこと敦子、ダッコこと多恵子、リーこと理恵、イモッチこと真由美。
素人ばかりで新人戦に出るが惨敗。 大野夫婦のコーチを受けてボート部が成長していく。

想像していたより大人しいですな。 もっときゃぴきゃぴしていると思っていた。
それに人物が掘り下げて描かれていず、上っ面を読まされたような感じで期待はずれ。

でもボートレースの場面は、専門用語は分からんが熱さだけは伝わった。
何か物足りないと思っていたら、その後が描かれた「イージー・オール」が良かったのだ。


「イージー・オール」
悦子たちのボート部卒業までと、悦子が新たに見つけた夢へ向かう姿を描いたお話です。

悦子の苦悩や前向きになる姿勢。 そして自分に出来ることを見つけ、羽ばたく姿が眩しいのだ。
薄っぺらかった女子ボート部の面々も少しはマシになっている。 少しだけだが。

しかし前に影が薄かった関野ブーやテンマ・カケルが、魅力的だったのだ。
それに性格が掴めなかった悦子もいきいきしている。 
この前のお話とのギャップは何なんだ? こっちの方が断然と面白いじゃないか。

最悪の出来事も考え方を変えれば何とかなる。 それを実践する悦子が素敵だ。
自分の役割が変わっても、仲間たちと同じ目標には向かえる居場所がある。
それに気づくまで、暖かく待ってくれるすばらしい仲間たちが居る。

うーん、いい話ではないか。 ちょっぴりじーんときましたぜ。

それに恋かどうか自分では分からないが、気になる異性を目で追いかける。
そして他の異性と話すのを見て、微妙な感情を持つことに戸惑う姿がとても瑞々しいんだな。

こういうベタなのすごく好きよ。 甘い恋が懐かしーい! レモンの香りだっけ?
ひたむきに毎日を生きる悦子たちが、昔を思い出させてくれたのだ。



余談。
部の練習風景やボートのややこしい説明よりも、日常生活や学園生活を前面に出した方が面白い。
こんなことを個人的に思ったのだ。 これは暴論になるのかな。
でもレースのシーンだけは良かったけどね。 
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。