--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.23

「ひかりをすくう」橋本紡

ひかりをすくう ひかりをすくう
橋本 紡 (2006/07/21)
光文社

この商品の詳細を見る

デザイナー事務所に勤めていた智子は仕事を辞め、
料理が得意な同居人の哲ちゃんと田舎に住むことに…。

大きな出来事もなく、ただ静かな暮らしがたんたんと続く。
しかも無職で。まあ家庭教師のバイトはしてますが。

パニック障害やストレスからの現実逃避を描いた本、
の一言で終わらない出来ですね。良い本です。

生きて行くのに疲れた人に安らかな休日が必要なら、
この本を読んでリフレッシュするのもいいかも。

それにしても、こんな生活をしてみたい。
いくらぐらいお金を貯めたのかな(笑)。

また気になる作家が1人増えました。
少しずつ読んで行こっと。 ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

橋本紡
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ひかりをすくう


橋本紡 初読み作家。 イラストレーターとして活躍していた主人公が、 パニック障害を発症して退職、 パートナーの男性と田舎暮らしを始める。 仕事に駆り立てられる生活を離れて、 のんびり、ゆっくり、自分を取り戻していくお話。 著者の自伝的作品と聞いたのだが、 男女

2007/02/10(土) 23:17 | chaotic library

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。