--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.26

「疾風ガール」誉田哲也

疾風ガール疾風ガール
(2005/09/29)
誉田 哲也

商品詳細を見る

19歳の夏美は、ペルソナ・パラノイアというバンドでギタリストをしている。同じく人気を二分するバンドメンバーで、ボーカルをしていた薫が自殺した。納得のいかない夏美は、自分をスカウトしたいという芸能マネの祐司をお供に走りだす。

読む前はミステリだと思っていたが全く違っていた。青春ロードムービーでしょうか。前半部分はほとんどバンド一色。それも経験者をわくわくさせる細かい描写なのだ。演奏を離れたバンドメンバーの他愛のない会話や、貸しスタジオの風景がとても懐かしい。これだけで経験者はノスタルジーに浸れるのだ。

夏美の愛器は真っ赤なギブソン・レスポール・ジュニア。この楽器を選んだ作者のセンスがすばらしい。レスポールはロックの王道。それを女の子らしく真っ赤にして、小ぶりサイズのジュニアにしたあたりが小粋なんだ。ちょっとマニアックすぎた指摘だろうか。まあ、楽器の説明はこれぐらいにしておこう。 

夏美は容姿も美人で、ギターの演奏も超絶に上手く、大きなオーラを持つ存在だ。これらのことを念頭に置いて、実在の人物を探すが誰も見当たらず。プリプリやショーヤまで遡ったが無駄だった。古いか。性格は無鉄砲で、思ったことをぽんぽん飛ばすが、実は怖がり。かなりな毒舌家でいつもタメ語だが、時に可愛い口調もするので、そのギャップに愛おしくなる。

一方の宮原祐司は元ベースマンで、芸能プロダクションで働くタレ目な男。夏美を見る目が結構エロすぎるが男なら健全な証拠だろう。そんな祐司を夏美は勢いとはったりで引っ張り込み、自殺した薫の本当の姿を探すのだ。この凸凹コンビの会話がむちゃくちゃ面白かった。「くすり」と「ぷっ」の連続攻撃で、中卒の夏美の天然ボケや、漢字の弱いところに萌えるんだ。

薫の自殺の謎や、本当の姿を追いかけるのだが、謎自体はいたって普通。薫の死を夏美がどう受け止めるのかが本筋のようだ。それにしてもバンドものは良い。音楽は流れてこないが、頭の中でロックが弾けるのだ。この作品はぜひとも続編が読みたくなった。天辺っを目指す夏美と、タレ目の宮原サンにまた逢える日を、楽しみに待ちたい。すごく面白かったです。


余談。
オマィ、ダ~リン、ダリン~♪ ダ~リン、ダリン~♪ 
表紙の女の子は、「中ノ森バンド」の中ノ森文子。いいねー。
この本の雰囲気にぴったりで、高感度UP!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

誉田哲也
トラックバック(4)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

こんにちはー
誉田さんの本でこの本だけ読んだことあります(当然、ジャケ買いでした(笑))。
確かにミステリーとしては、今一歩でしたが、バンド小説としては良かったですね。二人の掛け合いがとても面白かったです。

リベ:2007/04/26(木) 16:09 | URL | [編集]

ちーす。
はははっ(笑)。同じく表紙に惹かれ、バンドものだったので手に取りました。
読み始めてすぐにミステリというのを頭から外し、バンド&ロードムービーとして読みました。それが正解でした。バンドマンの自分にはドンピシャでした。


しんちゃん:2007/04/26(木) 16:20 | URL | [編集]

表紙もタイトルもまさにぴったりでしたね。
夏美の無鉄砲な一直線さがまぶしかったです。

ふらっと:2007/07/08(日) 20:06 | URL | [編集]

ふらっとさん、こんにちは。
すごくポップで読みやすくて面白かったよね。
またこんな作風の誉田さんが読みたいよー。

しんちゃん:2007/07/09(月) 10:29 | URL | [編集]

ただ今、読みました☆
googleで『疾風ガール』検索したら、
2番目に『しんちゃんの買い物帳』が出てきて
びっくらしましたよ♪(* ̄∇ ̄*)

さてさて、
しんちゃんは、バンドもしてたんですね~♪
あたしは、無経験だから楽器のことに疎いけれども、
それでも楽しく読めました。

事前情報一切なしに読んでるので、
「お!これは誰も死なない誉田小説??」
と思ったとたんに薫が死んで
「あ~、さすが誉田小説・・・」
と思いました( ̄∇ ̄;)

バンドの歌もいいけれど、
あたしは夏美の「お弁当の歌」を聴きたいです♪

♪おべんと、おべんと、うれしいな・・・んわぉ!!♪


http://tsutamaru.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-d42e.html

つたまる:2009/03/06(金) 18:04 | URL | [編集]

つたまるさん
検索で上位になるのはイヤです。でもなってしまう。
それは他の方が読まない作品だから^^;
だけど、この作品はいいよね~。

そう、おいらは元バンドマンでした。

しんちゃん:2009/03/06(金) 22:51 | URL | [編集]

しんちゃん、
おひさしぶりです(* ̄∇ ̄*)

仕事が忙しくって、
本も読めなきゃ、しんちゃんにコメントも残せない毎日です
( ノД`)シクシク…

ところで、
『疾風ガール』の続編が出てるらしいですね( ̄▽ ̄)σ
今日知りました★

しんちゃんは、ただいま読書中かな??
(* ̄∇ ̄*)

つたまる:2009/05/10(日) 18:37 | URL | [編集]

つたまるさん、おひさです。
仕事が忙しいって、暇よりいいことよー!
「ガール~」は書店でパラ読みしてスルー。
図書館で借りようかなあと。

ただいま? 焼酎飲みつつネットを......。

しんちゃん:2009/05/10(日) 22:08 | URL | [編集]

しんちゃん元バンドマンなんですね!
さぞかし血が騒いだんじゃないですか?(^^)
もしもバンド話だけだったらしんどかったかもしれないです。でも、夏美と祐司が、薫のことを知るための旅?に出た辺り、ちょっとしたミステリが入ってたので、ついていくことが出来ました。
面白かったです。

じゃじゃまま:2009/08/01(土) 00:32 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
さすが元ミュージシャンの誉田さんって感じでした。
ツボを押えていらっしゃる。血が騒ぎました。
続編はちょっとテイスト違いですが面白かったですよ。

しんちゃん:2009/08/01(土) 18:06 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

疾風ガール*誉田哲也


☆☆☆☆・ 疾風ガール誉田 哲也 (2005/09/29)新潮社 この商品の詳細を見るあたしが連れてってあげるよ、ビートと熱狂の果てまで―― あたし、夏美。19歳、んでギタリスト。愛器の真っ赤なギブソンで、大好きなメンバーと

2007/07/08(日) 20:03 | +++ こんな一冊 +++

疾風ガール 誉田哲也著。


≪★★★≫ 元バンドマン、今は芸能事務所で新人発掘すべくスカウトに勤しんでいる祐司。 スカウトしたタレントを思うように売り出すことが出来なかったトラウマを抱え、なんとなく熱くなることが出来ずにいる祐司。 そんな祐司が、出会ってしまった!ロックバンドでギタ

2009/08/01(土) 00:23 | じゃじゃままブックレビュー

疾風ガール<誉田哲也>-本:2010-15-


疾風ガールクチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2005/9/29) # ISBN-10: 4104652024 評価:77点 単行本の表紙、胡坐をかいてギターを弾いている髪の長い少女、というとYUIを連想する。「タイヨウのうた」で彼女を初めて知ったけど、振り絞るような歌声がとても

2010/01/30(土) 14:11 | デコ親父はいつも減量中

ロックガール!


小説「疾風ガール」を読みました。 著書は 誉田 哲也 バンド ペルソナ・パラノイアのギターリスト、夏美 憧れでもあるバンドのボーカリスト、薫が自殺してしまい・・・ ロックな夏美と彼女をスカウトしようとする芸能マネージャー祐司 この2人の視点から交互に描いて...

2012/05/15(火) 23:48 | 笑う社会人の生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。