--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.28

「ぼくらの心霊スポット」あさのあつこ

ぼくらの心霊スポットぼくらの心霊スポット
(2006/11)
あさの あつこ

商品詳細を見る

もとは2冊の単行本みたいで、1冊で2冊分が楽しめるお得本でした。


「ぼくらの心霊スポット」
小学六年生のヒロは、キタおばさんの家に幽霊が出るという噂を聞く。キタおばさんの家は村のはずれにあり、3年前から廃屋になっている。ヒロはこの噂を、幼稚園から仲良しのかっちゃんとマッキーに告げる。3人の少年たちは真相を突き止めようと、幽霊屋敷探検をすることにした。


「首つりツリーの謎」
ヒロたちの住む有麗村には、首つりの木と呼ばれる大樹がある。タマを散歩させていたかっちゃんは、その木にぶら下がる2本の足を見たのだ。急いで帰り大人を連れて首つりの木まで戻ると、そこには何もなく消えている。しかしその日から、毎日かっちゃんはある夢を見るようになる。かっちゃんを助けるために、ヒロとマッキーは3人で首つりの木を調べに行く。


素直なヒロに、たくましいかっちゃん、知性派のマッキー、と3人とも魅力的。ヒロには危険を感知するという不思議な能力が昔からある。それを親友の二人はいっさい疑わず、むしろ尊敬しているのだ。こういう人と違う力を持っているのを、認めてくれる仲間が居るっていいですね。かっちゃんは口数は少ないが、正しいと思ったらまず行動するタイプ。そして相棒のタマは頼りがいがある猟犬なのだ。マッキーは外国のミステリが大好きで、謎があるとホームズになる推理好き。

こいつらが前向きな性格でとてもいい奴ら。そして仲間同士の繋がりが濃密なのだ。お互いの悪いところも認め、良いところはそれ以上に理解し合っているのだ。

いつも一緒にいる3人だが、いつまでもこのままでは居られないという日が近づいてくる。その彼らの心理描写がきめ細かくて、彼らの絆の深さにぐっとくる。

ヒロたちのわんぱくぶりでストーリーは展開するが、ラストではヒロの思いが奇跡を呼ぶ。3人の危なっかしさにハラハラし、読了後にはじーんと温かな気持ちになれる。この本を児童書と侮るなかれ。 奇跡と感動が詰まった素晴らしい本なのだ。


おっと、すんごく大事な人物を忘れてた。この人は絶対外せないのだ。ヒロのおばあちゃんが新しいモノ好きでHPを作ったり、レストランかという洋食を作る。 それがすごく微笑ましくて印象的だった。お茶目でパワフルなおばあちゃんにニヤリ笑いなのだ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

あさのあつこ
トラックバック(1)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

坊や達より、おばあちゃんが気になります。そういうばあちゃんになりたい。

くまま:2007/04/28(土) 17:55 | URL | [編集]

ばあちゃんが可愛いくて、すんごく印象に残りました。
こんなお年寄りなら一緒に住んでみたいな。

しんちゃん:2007/04/29(日) 08:47 | URL | [編集]

純粋にわくわくしながら読みました。
そういえば、昔はこんな風に探検とか無謀なことやってたな~って。
あのころの純粋な気持ちをもう一度呼び起こさせてくれた本です。
そう、おばあちゃんがハイカラさんでかっこよかったです。

す~さん:2007/05/01(火) 20:07 | URL | [編集]

同じく懐かしさを思い出しました。
木にも登ったし廃屋にも入ったり、やんちゃしましたよ。
ちょっぴりノスタルジーに浸りましたね。

あはは。ハイカラさんって言葉を使うか迷って止めたら、す~さんが使ってる。

しんちゃん:2007/05/02(水) 08:32 | URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2007/05/30(水) 14:13 | | [編集]

あさのさんの児童書は、何も考えずに楽しめていいよねー。
子供のころの、わくわくな冒険も思い出せるし。

しんちゃん:2007/05/30(水) 15:41 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ぼくらの心霊スポット   ~あさのあつこ~


小学6年生のヒロ、かっちゃん、マッキーの3人が経験する不思議な出来事。1作目は住む人のいなくなった家に幽霊騒動が。幽霊の正体を暴くためにその廃居に出かけた3人が見たものは・・・。そして彼らを救ってくれ

2007/05/01(火) 20:06 | My Favorite Books

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。