--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.30

「きいろいゾウ」西加奈子

きいろいゾウきいろいゾウ
(2006/02/28)
西 加奈子

商品詳細を見る

夫のムコさんは、集中すると話を聞かなくて背中に鳥の絵がある売れない小説家。妻のツマさんは、植物や動物の声が聞こえておしゃべりをする不思議ちゃん。ムコさんツマと呼び合う夫婦の、田舎でおくる二人の生活を描いた物語です。

前半部分は、微笑ましくてちょっぴりずれた夫婦の日常が続く。ムコさんとツマさんの暖かい平和な生活に、くすり笑いと吹き出し笑いの連続。ツマの1日の生活のあとにムコさんの日記が追う、という展開で物語が進むのだ。

そこに出てくる登場人物のネーミングセンスが、抜群に上手いんだな。ムコさんの本当の名前は、無辜歩(むこ・あゆむ)だからムコさん。ツマさんの本当の名前が、妻利愛子(つまり・あいこ)だからツマ。肝油ドロップの缶を、頭から被ったのを助けた犬だからカンユさん。隣で飼われているチャボのコソクや、ゴールデンレトリバーのメガデス。どこからこんな発想が出てくるんだろう。そしてこの名づけの場面がまた笑えるのだ。

出てくる小道具もツボに嵌る物がばんばん出てくるのだ。 世界ふしぎ発見!に、五百円貯金。ミロに、キン肉マンのどんじゃら。 なんかむちゃくちゃ波長があってしまう物ばかり。それに出てくるスーパーが「さかえ」ってねー。今は無き「サカエ」のことでしょ。年代もそうだし地域性を感じる二人の関西弁にも、琴線にびりびり触れるのだ。

二人の幸せな日常が続くのかと思いきや、そこは西さんの曲者ぶりが黙っていちゃいない。登校拒否児の大地くんの存在で温かい気持ちになり、やがて東京に帰る別れの場面。そしてツマさんへの大地くんの手紙にほろっときて、良い少年だったな~と思うと、いきなりズドーンと奈落に突き落とされるのだ。 これは「さくら」でもそうだった。

ある日ムコさんのもとに手紙が届き、ムコさんは自分の部屋に閉じこもってしまうのだ。ムコさんにはツマに話したくない過去がある。それは相手を傷つける過去なのだ。そんなムコさんの殻に閉じ篭った態度に、何も出来ずに一人で苦しむツマさんが痛いのだ。

夫婦といえども、お互いのすべての感情や、苦い過去を理解するのは無理だろう。そして問うという行為も、相手を思う心があればあるほど簡単には出来ないもの。いつかは話してくれるだろうと、薄い期待を持つしか出来ない心情がもどかしくて切ない。

そんなひりひりするような緊張感が続く中、ムコさんはある決意をするのだ。ムコさんはツマを失う覚悟をしながら、過去に別れを告げるべく旅立つ。

あとは予想通りの展開でわかっていたが、素直に感動してしまったのだ。二人の奇跡の出会いに、うるるとくるのを我慢し、最後の一行にぽろぽろと涙する。笑いあり、さわやかあり、涙あり。最愛の人の存在の大きさや、夫婦の絆が詰まった良書でした。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

西加奈子
トラックバック(7)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんばんは!
ほのぼの田舎暮らしの物語かと思いきや、後半の展開には驚きましたね~
でも、その分読後感が良かったです!
スーパー「さかえ」には、元になったものがあるんですね!
知りませんでした~

エビノート:2007/04/30(月) 20:49 | URL | [編集]

こんにちは。
ほんと、あんな展開になるとは予想がつかなかったです。
でも西さんらしいとは思ったけどね。
「サカエ」って大阪にあった「ダイエー」グループのスーパーです。
「ダイエー」がぐちゃぐちゃになる前までありました。

しんちゃん:2007/05/01(火) 09:04 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

きいろいゾウ 〔西加奈子〕


これも表紙がカワユイ2006年本屋大賞でベスト11の中に選ばれていた『さくら』の作者ですね、西加奈子さん。『さくら』は未読なので、そのうち読みたいと思っています。きいろいゾウ≪内容≫その昔。少女は、病室できいろいゾウと出会った。青年は、飛ば....

2007/04/30(月) 20:40 | まったり読書日記

『きいろいゾウ』西加奈子


きいろいゾウ西 加奈子小学館2006-02-28by G-Toolsその昔。少女は、病室できいろいゾウと出会った。青年は、飛ばない鳥を背中に刻んだ。月日は流れ、都会に住む一組の若い夫婦が、田舎の村にやってきた。妻の名前は、妻利愛子。夫の名前は武辜歩。ツマ、ムコさんと呼び合う

2007/04/30(月) 20:54 | ひなたでゆるり

きいろいゾウ*西加奈子


☆☆☆☆・武辜歩=ムコさんと 妻利愛子=ツマさんという夫婦の物語。そのままタイトルになっている物語中の絵本『きいろいゾウ』は、病気でさびしい思いをしている女の子のもとへ太陽みたいに大きな月の粉を浴びて黄色く

2007/04/30(月) 21:06 | +++ こんな一冊 +++

「きいろいゾウ」西加奈子


きいろいゾウ西 加奈子夫の名は無辜歩(むこ・あゆむ)背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家。妻の名は妻利愛子(つまり・あいこ)子供の頃心臓が悪く、動物や植物の声が聞こえる。お互いを「ムコさん」「ツマと呼び合う二人が東京から田舎町に移り住んで過ごす1

2007/05/01(火) 00:10 | ナナメモ

きいろいゾウ 西加奈子


九州の片田舎に引っ越してきた「ムコさん」「ツマさん」とお互いを呼び合う、ちょっと風変わりな夫婦の物語。ツマの視線より物語は描かれ、ムコは「日記」という形式で、その時々の気持ちが巧く表現されていた。おいしい食べ物、ゆったりと流れる時間、時折登場する動...

2007/05/01(火) 17:56 | かみさまの贈りもの~読書日記~

きいろいゾウ      ~西 加奈子~


夫の名は無辜歩(むこ・あゆむ)、妻の名は妻利愛子(つまり・あいこ)。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う若夫婦が、とある片田舎にやってきたところから物語は始まる。背中に大きな鳥のタトゥーがある売れ

2007/05/01(火) 20:03 | My Favorite Books

きいろいゾウ/西加奈子


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/8/13~2008/8/16 [文庫裏表紙より] 夫の名は武辜歩、妻の名は妻利愛子。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う都会の若夫婦が、田舎にやってきたところから物語は始まる。背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家のムコ

2008/08/23(土) 01:39 | hibidoku~日々、読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。