--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.04

「クジラの彼」有川浩

クジラの彼クジラの彼
(2007/02)
有川 浩

商品詳細を見る

「クジラの彼」
人数合わせで顔を出した合コンで、聡子は冬原と出会い付き合うことになる。だが潜水艦乗りの冬原とは、まともな連絡が取れない遠距離恋愛だった。会えずにもんもんとする聡子に、社長の息子のボンがストーカーまがいに付き纏う。

「海の底」に出てきた冬原さんの意外な一面が見れてお得ですな。
それに聡子の目線で描かれてますので、潜水艦乗りのストイックさが際立つのも新鮮だ。夏木はちらりとしか出ませんが、あの短い描写でも存在感が抜群。にやりとしてしまった。


「ロールアウト」
航空設計士の絵理は、航空自衛隊の次世代輸送機の開発のため小牧基地に来た。基地内の部屋に移動する通路はなんと、男性用トイレだったのだ。そして空自の高科とは輸送機のトイレの改善問題でやり合うことに。しかし現行機のトイレを見せられ、2人は多勢に向かってトイレ戦争をすることになる。

クサイお話です。だって最初から最後までトイレのお話やもん。しかもトイレだけのお話にベタな恋愛を持ってくるって、有川さんってすごくない?そしてラストは痛快の一言。わははっ、あっぱれだ!


「国防レンアイ」
女って条件さえクリアしていれば、もてる女性自衛隊員。(本のお話です)陸自の伸下雅史は、男性隊員に鬼軍曹と恐れられる同期の三池舞子に便利に使われる。しかし実は、伸下は三池のことが昔から好きだったのだ。

惚れた女から、あんな事やこんな事を聞かされる伸下がむちゃくちゃ可哀想なのだ。その伸下を振り回す身勝手な三池の性根が大嫌い。 強い女は好きだけど。ラストの結末は想像出来たが、その前にやっちゃえと言いたいのだった。


「有能な彼女」
潜水艦乗りの夏木が、久しぶりに陸に帰ってきた。「海の底」の夏木です。あれから望と付き合い出した二人だが、夏木は結婚の言葉を言い出せないでいる。

夏木と望の自衛隊カップルの痴話喧嘩に少々疲れたのだ。少々では無くかなりかも。夏木のぐちぐちは分からんでは無いが、大人の望はちょっと…、きついかも。そしてここでは冬原さんが結婚してるんだよ。しかも子供が二人って、やるね冬原さんも。今後も夏木と冬原の動向がすごく気になるね。


「脱柵エレジー」
自衛隊に入りたての新人が、彼女に会いたいと駐屯地から脱走を試みる。そんな新人に上官の清田は、自らも経験した過去を持ち出し説諭する。

へー、そうなんだ。と、ただただ感心したのだ。こんな上官が居るといいですね。ざらりとした感じが「塩の街」を思い出した。


「ファイターパイロットの君」
「空の中」の高巳と光稀が夫婦になり、娘の茜ちゃんまで生まれている。高巳は茜ちゃんに、パパとママは初めてチューしたのはどこでと聞かれる。高巳は光稀との初めてのデートを思い出す。

やっぱりウブな光稀さんは可愛いのだ。 大人な感じの高巳も中々新鮮だった。最初から最後までベタベタで、にやにやしっぱなしでした。
思い入れのある作品の続編なので、読めた嬉しさもひとしおだったのだ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

有川浩
トラックバック(19)  コメント(16) 

Next |  Back

comments

はじめまして。TBどうもありがとうございました。

>トイレだけのお話にベタな恋愛を持ってくるって、有川さんってすごくない?

私も同感です(笑)
どういう発想からトイレと恋愛を組み合わせたんでしょうね~。

こちらからもTB送らせていただいたんですが、送れなかったようです;;;
どうもFC2ブログとの相性がよくないようで・・・。時間を空けて再挑戦してみますので宜しくお願いします。

すずな:2007/05/04(金) 22:32 | URL | [編集]

これはもう、ニヤニヤしっぱなしでした。
全部後日談から読んでしまったとうのが、悔しかったんですが・・。

トイレの話は、いいって言ってるんだから通っちゃえばいいのにって思ってしまいました。乙女失格かもしれません・・。

june:2007/05/05(土) 00:07 | URL | [編集]

しんちゃん こんばんは~♪
甘~い甘~い作品でしたね。関西の方には「御座候一気に3個食い」したくらい甘かったと、書かせていただいてます(笑)

私は関連本を読んでいないので、少しひいちゃいました。登場人物に愛着があれば、違ったかもしれませんね~。トイレだけのお話にベタな恋愛を持ってくる有川さんは、やっぱりすごいです。

naru:2007/05/05(土) 00:24 | URL | [編集]

こんばんは~
「空の中」のカップルには思い入れがあったので、
読めて幸せでした♪
ニヤニヤしちゃいますよね~(^_^)
先に読んじゃった冬原と夏木のでてくる「海の底」読まなくちゃ!です。

エビノート:2007/05/05(土) 00:33 | URL | [編集]

はじめまして。
TBのことは詳しく分かりませんが、うちからも送れないブログがあります。
何故でしょうね?相性なのかな。

しんちゃん:2007/05/05(土) 08:14 | URL | [編集]

あははっ(笑)。乙女道にはほど遠いかも。
ヨダレは大丈夫でしたか?

しんちゃん:2007/05/05(土) 08:17 | URL | [編集]

甘~いのにすべて自衛隊ってとこがすごいですね。
「空」も「海」もベタな甘さに、ニヤリとくるよ!ぜひどうぞ。

しんちゃん:2007/05/05(土) 08:20 | URL | [編集]

ちーす。
やっぱり先に元本を読むと感情移入度が違いますね。
個人的には「空」より「海」の方が好きでした。
夏木と冬原に早く会えるといいですね!

しんちゃん:2007/05/05(土) 08:24 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは。
私もjuneさん同様「トイレなんて通っちゃえばいいじゃない!
何をためらっているのよ…」って思っていました。
いけない、いけない。

夏木と冬原のこれから、もっと続いてくれるといいですよね。

なな:2007/05/06(日) 18:54 | URL | [編集]

こんにちは。
あらら、ななさんまでなんてことを(笑)。

夏木たちは勿論読みたいですね。
でも望のぐちぐちは控えて欲しいな。

しんちゃん:2007/05/07(月) 08:15 | URL | [編集]

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

>「海の底」に出てきた冬原さんの意外な一面が見れてお得ですな。

 そうそう、そうなんです。
 「海の底」ではあまり表立ったキャラではなかったので、
 なんだかすごくうれしかったです。

 「ファイターパイロット~」は、
 私もニヤニヤしながら読んじゃいました^^

miyukichi:2007/07/02(月) 22:34 | URL | [編集]

miyukichiさん、こんにちは。
その後の作品も面白いし、それ以外の短編も良かったですね。
雑誌で短編が掲載されてますから、またこういう本が出そうで楽しみっす。

しんちゃん:2007/07/03(火) 09:05 | URL | [編集]

こんにちは~♪
私もぐちぐちした望ちゃんがダメでした。(苦笑)なんでこんな風になっちゃったの~!? 光稀さんは、かっこかわいくてウブで素敵でした♪
またこういう後日談とか番外編?が読みたいなぁと思ってたんですが、いつか読めそうですね。楽しみだ~(^^)

板栗香:2008/01/24(木) 09:30 | URL | [編集]

板栗香さん、こんにちは。
望ちゃんにはがっかりでしたね。
でも光稀さんは健在で素敵でした。
こういう作品も中々面白いっすね。

しんちゃん:2008/01/24(木) 12:04 | URL | [編集]

甘いですね~。どうですか、男性ってこんなにデレデレで、あんなくさいセリフも言えちゃうもんですかね???
そりゃ、私も若い頃は、今思えば赤面もんのセリフを言わせたことや言われたこともありますけど(爆)、いや~~、恥ずかしいですね。(笑)

じゃじゃまま:2008/02/08(金) 15:35 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
わっ!すごい告白を聞いてしまった。
すげー、あたふたしちゃってます。
こんなこっ恥ずかしいことは、言ったことはないです。
シャイでウブですから。

しんちゃん:2008/02/08(金) 22:47 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

有川浩「クジラの彼」


「クジラの彼」「ロールアウト」「国防レンアイ」「有能な彼女」「脱柵エレジー」「ファイターパイロットの君」全6編の恋愛短篇集。

2007/05/04(金) 23:51 | 待ち合わせは本屋さんで

「クジラの彼」有川浩


クジラの彼アンソロジー「Sweet Blue Age」で読んだベタ甘の恋愛小説「クジラの彼」がすごく好きだったんで、買ってしまいました。そういえば昨日読んでいた「太陽の塔」も「Sweet Blue Age」に収録されてました。あのアンソロジーはレベル高かったです。これは「ク....

2007/05/05(土) 00:05 | 本のある生活

クジラの彼 〔有川浩〕


クジラの彼有川 浩 角川書店 2007-02売り上げランキング : 392おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。...

2007/05/05(土) 00:21 | まったり読書日記

クジラの彼


クジラの彼posted with 簡単リンクくん at 2007. 2. 8有川 浩著角川書店 (2007.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る やっぱりおもしろいですね、有川作品は。 漠然としたイメージ…… それこそフルメタルジャケットを連想しかねない自衛

2007/05/05(土) 02:01 | Alles ist im Wandel

クジラの彼 有川浩


イラストは徒花スクモ。装丁は片岡忠彦。野性時代2005年7月号から2007年1月号まで不定期掲載をまとめた短編集。有川さんが得意で本領を発揮する自衛隊に、有川さんが好きな活字特有の胸キュンからアプローチ。自衛

2007/05/05(土) 15:13 | 粋な提案

クジラの彼  有川浩


有川さんの『クジラの彼』です。この本は図書館シリーズ以前に書かれた有川さんの作品『空の中』と『海の底』の番外編などを収めた短篇集になります。その事を自分でも重々承知していたにもかかわらず、上記2作品を読む前に手にとってしまいました。我慢できなかったので..

2007/05/05(土) 23:49 | 今更なんですがの本の話

『クジラの彼』有川浩


クジラの彼有川 浩 2007/1/25発行 角川書店 P.241 ¥1,470★★★★★ 一度連絡が取れなくなったが最後、次に会えるのはいつなのか分からないのがデフォルトだ。しかも最短一ヶ月から。二ヶ月、三ヶ月が当たり前の世界である。…… ここで更に過酷ポ

2007/05/06(日) 01:16 | ほんだらけ

『クジラの彼』有川浩


クジラの彼有川 浩角川書店2007-02by G-Tools「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんな彼とのレンアイには

2007/05/06(日) 17:01 | ひなたでゆるり

「クジラの彼」有川浩


クジラの彼有川 浩自衛隊が舞台の6つの短編。もう!もう!もう!ずっとニヤニヤしっぱなしですよ!あとがきで有川さんがいい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!読みゆうときだけ胸キュンやったらそれでえいが!かまんが!おおよ、開き直ったとも。って書い

2007/05/06(日) 18:54 | ナナメモ

クジラの彼


出版社/著者からの内容紹介「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんな彼とのレンアイには、いつも大きな海

2007/05/14(月) 08:45 | a bird shop

クジラの彼/有川浩


読書期間:2007/6/2~2007/6/3合コンで出会った史上まれに見る高物件の彼は、次にいつ会えるかわからない潜水艦乗りだった…。陸・海・空の自衛隊を舞台に描いた、男前でかわいい恋するオンナたちの、絶対元気になれる最強恋愛小説全6編。

2007/06/05(火) 00:50 | hibidoku~日々、読書~

クジラの彼/有川 浩 [Book]


 有川 浩:著 『クジラの彼』  短編集でした。 どれも有川さんらしい、少女マンガ的ベタ甘恋愛小説。 いえ、これ、当然褒め言葉ですから!(笑) ベタ甘っていっても、それぞれの気持ちの動きなんかが しっかり描写されているし、骨太な部分もあって。 ああもう、す

2007/07/01(日) 19:59 | miyukichin’mu*me*mo*

クジラの彼(有川浩)


いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!読みゆうときだけ胸キュンやったらそれでえいが!かまんが!おおよ、開き直ったとも。◆作者あとがきより抜粋◆

2007/07/12(木) 13:08 | Bookworm

クジラの彼


著者:有川 浩出版社:角川書店紹介文:思いがけなく予約なしで借りることができたので、読んでみました。有川浩さんの『自衛隊シリーズ』。自衛隊ものだと浅田次朗さんの「歩兵の本領」(講談社文庫)のような、男臭い物語を連想してしまいますが、有川さんの作品...

2007/08/10(金) 22:55 | どくしょ。るーむ。

クジラの彼<有川浩>-(本:2007年140冊目)-


クジラの彼出版社: 角川書店 (2007/02)ISBN-10: 4048737430評価:82点自衛官の恋愛小説なんて初めて読んだ。しかも甘甘のベタベタ。著者もあとがきでそれを認めているが、相当に甘い。読みながら、少女マンガを思い出した。現代のようにヤオイに向って走り...

2007/11/20(火) 00:17 | デコ親父はいつも減量中

有川浩  クジラの彼


クジラの彼 有川 浩 図書館に蔵書がなくて発売日をだいぶ過ぎてもいつまでたっても入る気配がなかったので、リクエストしたこの本。予約順位は1位でしたが手元にやってきたのは発売から5ヶ月ちょいたってからでした。図書館さまに買ってもらっている立場なのであま

2008/01/24(木) 09:31 | マロンカフェ ~のんびり読書~

クジラの彼 有川浩著。


もうデレッデレ。こんな男性いますかね~~~~~??どうでしょう、男性陣? こんなクッサイセリフ、言ってる人いるかな~?? ま、ハッピーエンドは嫌いじゃないから、これでいいんだけどね。 そっかそっか、「クジラの彼」は冬原ね。そんなことはとっくにいろんなブログで聞...

2008/02/08(金) 15:32 | じゃじゃままブックレビュー

「クジラの彼」 有川 浩


「クジラの彼」を読むと、自衛官と恋をしたくなる(かも) 真面目で真摯で時にやんちゃな自衛官達が繰り広げる 普通の恋愛(?)を、糖度高めに描く自衛隊員ベタ甘恋愛小説 それにしても有川先生の「活字でベタ甘」は一度ハマると癖になります。(^^;) クジラ...

2008/06/29(日) 16:31 | 日々の書付

『クジラの彼』  有川 浩  角川文庫


 合コンで出会った史上まれに見る高物件の彼は、次にいつ会えるかわからない潜水艦乗りだった…。陸・海・空の自衛隊を舞台に描いた、男前でかわいい恋するオンナたちの、絶対元気になれる最強恋愛小説全6編。自衛隊の恋愛を描いた 『空の中』『海の底』の後日

2010/07/24(土) 08:28 | みかんのReading Diary♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。