--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.09

「誰にも見えない」藤谷治

誰にも見えない誰にも見えない
(2007/03/01)
藤谷 治

商品詳細を見る

なんにもないのがくやしい。感情ってなにかが分からない。こんなことを思う瑠菜は、有名私立中学に通う14歳の女の子。朝のテレビの星占いで、日記をつけるといいことある、と見て日記を書き続けることを決意する。この作品は瑠菜の日記です。瑠菜が思ったことや、感じたことを、読者は読んでいきます。

この瑠菜のお母さんがすごく現代的なお母さんなんです。娘の受験のために買った受験マニュアル本にそってそのまま合格まで実行したり、受験が終わると自由な時間が出来たと習い事を始めるが、すべて中途半端でころころ習い事を変えるという、自分をまったく持っていないお母さんなのだ。そして自分が幸せだから娘も幸せだと思いこみ、ちっとも娘のことを分かっていないんだ。ほんとに居てそうなお母さんですね。

自分で親友だという瑠菜の同級生の愛子は、いつも自分のことしか話しをしないし、自分のことが一番大事な身勝手な女の子。その愛子に取り巻いている連中とも、瑠菜はうわべだけの付き合いを続けている。

この女の子が同級生たちを見る目が、すごくリアルでめっちゃうけるんです。瑠菜は仲の良いグループでわいわい騒いでいる中で、上手く話を合わせながら心は冷めた状態で女の子たちを観察する。あの子はこんなことを意識しているとチェックを入れているんですよ。そして美人には、偏見だけで苦手意識を持ってしまう。

藤谷さんって、やばいぐらいに乙女心に精通していやしませんか。うーん謎だ。たぶん乙女研究家なんだろう。これは勝手な想像だけどね。

瑠菜は自分の読んだ本について、誰かと話したいという気持ちを持っている。これはすごく分かるんだ。だって身近に本のことを語れる人が欲しいと、いつも思ってるから。ここにだらだらと書いてるのも、そんな欲求の1つやもんね。

瑠菜と愛子の会話で一番印象に残ってるのがこれ。「あの子となに話てたのー?」 「本の話」 「あっ本か」 一秒で引いた。本好きと本を読まない人の温度差が、見事に線引きされてる一文ですよね。これは経験者にしか分からない描写ですな。なんか藤谷さんに親近感を感じました。

周りに自分を理解してくれる人が誰も居ないと絶望する瑠菜ですが、ラストである出会いをきっかけにやさしい奇跡が起こる。うーん、めっちゃじーんときたっす。それにこれまで影が薄かったお父さんも決めてくれる。親父もやるじゃんって感じ。

最後には自分にとって必要なものと要らないものを区別して、これでかまわないと判断する。
瑠菜ちゃんも強くなったねー。そして大事なものを手に入れたね、とさわやかな気分。この本すごく好きでした。藤谷さんを初めて読んだけど、もっともっと読みたいと思いました。


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

藤谷治
トラックバック(3)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

私も初めて藤谷さんの作品を読んだのですが、いいですね!
追いかける作家さんがまた増えました。

>「あの子となに話てたのー?」 「本の話」 「あっ本か」 一秒で引いた。
これわかります。たいてい引かれたり、さらーっと流されたりするんですよね。
きっと藤谷さんにも経験あるんだろうなって私も思いました。

june:2007/05/18(金) 23:33 | URL | [編集]

藤谷さんのセンスが琴線に触れまくりでした。
これまで知らなかったのが悔やまれますね。

うんうん。本のことを話そうとすると、あっさり引かれるんですよね。
本読みは誰もが経験してるのでしょうね。

しんちゃん:2007/05/19(土) 08:40 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「誰にも見えない」藤谷治


誰にも見えない藤谷 治私立女子中に通う瑠奈の心のうち。本の内容全然知らずに読み始めたんです。最初のページからビックリしました。「くやしい。」と「うらむ。」だらけなんですもん。何?何なのこれ?って。14歳の瑠奈の日記のようなもの。学校でのこと、家での事、思

2007/05/09(水) 22:58 | ナナメモ

『誰にも見えない』藤谷治


誰にも見えない藤谷 治 2007/3/20 P.207 ¥1,260★★★★★ それとね、お母さん。「しあわせと思わなきゃだめ」って、何?「なきゃだめ」なもんなの? 私、しあわせなの? お母さんは、自分は今、とってもしあわせと、思ってるけど、私がしあわせだ

2007/05/10(木) 00:38 | ほんだらけ

「誰にも見えない」藤谷治


誰にも見えない藤谷さんって年齢性別からするとおじさんに分類されるかと思うんですが、これを読みはじめた時、この人実は女子中学生??と疑いたくなりました。私は現役の女子中学生ではないから、根拠がないといえばないのだけれど、これはまさに女子中学生だって思い....

2007/05/18(金) 23:31 | 本のある生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。