--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.09

「ぜつぼう」本谷有希子

ぜつぼうぜつぼう
(2006/04/28)
本谷 有希子

商品詳細を見る

異国の地で過酷な長旅をし、日本に帰ると本人の知らないところで有名人になっていた戸越。お笑い芸人として人気者になるが、転落はそれ以上にはやく、ちやほやした奴等はどんどん去っていき、顔が売れてしまったがゆえに新しい仕事に就くことも出来ず、外を歩くことも難しい。戸越は2年前から度の不眠症になり、落ち窪んだ目元、かさついた肌、肉のない頬、白髪の混じった無精ひげと、35歳は超えて見える容貌になった。

戸越はある日の公園で、伝書鳩を育てようとする鳩男の浮浪者に出会い、自分の悩みを話してみると、何故か鳩男の故郷の誰も住んでいない実家に行くことになる。そこは町から離れた農村で、鳩男の家にはシズミという謎の先客が住んでいたのだ。

なんかあの猿○○苦悩みたいな設定ですな。他にもロバと旅した芸人が思い浮かぶけど…。だから読書中はずーっとあのジャガイモみたいな顔が目に浮かんでいた。今は何をしているのでしょうね、○岩○。もういっちょ。○○石。これってブラック・ジョークになるのかな(汗)

売れっ子だった戸越がどん底に落ち、人間不信になってすべてに絶望している。自分の絶望について、本人が語れば語るほど誇大強調をしている、人からそんな自分に酔っていると思われたくない、と戸越は心の中で葛藤している。こういうのって、誰の心の中にもありそうですね。

そして戸越はシズミと出会い、何か変化が起こるのかと思いきや、何故かするっといとも簡単に手をすり抜けていくのだ。戸越の行き着く先は自分で読んで確かめて下さい。そうすれば本谷有希子の捻くれぶりが確認出来る。そしてこう思うだろう。やはり本谷有希子は一筋縄では行かない作家でした。

これまでに読んだ3冊ほど圧倒的なパワーは無く、ユーモアもほとんど無かった。だけど、絶望の中でただただもがき苦しむ男の姿は本谷さんらしい毒だと感じた。救いの無いぐだぐだと苦しむ男の姿に自分を当て嵌めると、ちょっぴり元気が出るかもよ。

しかし、○波少年に出ていた芸人たちは見事に消えましたね。ほんと、あっという間に痕跡が無くなった。でもまったく気にならないけどね。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本谷有希子
トラックバック(2)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

大丈夫です!みんなきっと同じ人を思い浮かべてますから。
でも彼らはなかなか力強くやっているようですよ。
この間テレビで見ました。なんだかすごくほっとしました。

ゆるい絶望の中でもがき続ける・・・。
確かにパワーはそんなにありませんでしたが、
この感じ、結構好きです。

june:2007/05/09(水) 22:14 | URL | [編集]

へー、まだテレビに出てるんだ。

この本は、ひえーってならなかった。
もっと毒っぽくて笑える黒さがあった方が個人的には好き。
でも本谷さんラブは変わりません(笑)。

しんちゃん:2007/05/10(木) 08:00 | URL | [編集]

しんちゃん出張してきたよー!(笑)
彼らのうちの一人ってキャバクラかなんか経営してもうかってなかった???

和紙:2007/05/10(木) 11:59 | URL | [編集]

おー!いらっしゃいませ。毎日頑張って書いてるでしょ(笑)。

誰だか分かりませんが儲けてるんだ。
そっちに才能があったのかな?

しんちゃん:2007/05/10(木) 16:27 | URL | [編集]

今までの本谷作品からするとちょっと地味かな?という感じですが、
一番文学っぽいのかなぁ、とも思います。
人間の心理って掘り下げれば掘り下げるほど複雑ででも面白い。
そんな誰もが持っている絶望というものが身近に感じられて
なかなか良かったです。
…ってどうしても本谷さんのになると熱くなってしまうわー(笑)

ふふふ、私も実は同じ人を思い浮かべていました。
えっと相方さんは良くテレビに出ていますよ。深夜のお笑い系では
良く見かけます。思わず応援したくなります。

リサ:2007/05/10(木) 21:53 | URL | [編集]

あ、そっか。文学っぽいのか!
本谷さんというだけで過剰な刺激を求めてたのかも。
そうですね。文学と言われれば、胸がすーっとなってきた。

何年か、テレビを見ない生活なので、まったく動向しらずです。
まだ居たのね。

しんちゃん:2007/05/11(金) 09:01 | URL | [編集]

こんばんは。TBありがとうございます。
やっぱりみなさん思い浮かべるのはあの2人なんですね(笑)
私はほかにもド○ンズなんかが思い浮かびました。

本谷さん、一筋縄ではいかないですね。
読めば読むほどはまります。

アメコ:2007/12/30(日) 18:56 | URL | [編集]

アメコさん、こんばんは。
あの2人ですね~。おう、そんなのもいたいた。
もっといっぱい本谷作品を読みたいですね。
けど劇作家だから出版ペースが遅~い。
常に新刊待ちしてます。

しんちゃん:2007/12/30(日) 19:35 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ぜつぼう  本谷 有希子


ぜつぼう本谷 有希子 209 ★★★☆☆ 【ぜつぼう】 本谷 有希子 著  講談社 《絶望とは、一体何なのか、絶望の隣りに希望があるのか》 《瀬尾まいこさんの「天国はまだ遠く」の男性版みたいな感じがする》 内容(「MARC」データベースより)売れなくなった芸人

2007/05/09(水) 23:50 | モンガの独り言 読書日記通信

「ぜつぼう」本谷有希子


ぜつぼう 本谷 有希子 売れなくなった芸人の絶望の人生。希望よりも絶望することの方が生きる力に溢れているという人間の性を描く。2000年代カルチャーを縦横無尽に疾走する若手女流作家の長編小説。『群像』掲載。相変わらず本谷さんの感じが出ている作品。決して明

2007/12/30(日) 18:46 | scribble

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。