--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.12

「試験に敗けない密室」高田崇史

試験に敗けない密室―千葉千波の事件日記 (講談社文庫)試験に敗けない密室―千葉千波の事件日記 (講談社文庫)
(2005/09)
高田 崇史

商品詳細を見る

主人公は慎重で気弱な浪人生の通称ぴいくん。八丁堀とも呼ばれてます。
同じく浪人生で強引でわがままなで美女に弱い慎之介。
ぴいくんの2つ年下の従弟で、パズル好きな美少年の千波くん。

お馴染みの3人トリオが、台風の影響で土砂崩れに遭い十三塚村に閉じ込められた。
電話も繋がらないし移動手段も無い中、次々と事件に巻き込まれる。
彼ら3人トリオが、密室事件と論理パズルに挑むシリーズ2冊目です。


前作よりもパズル色は控えめでした。でも読みやすさはアップしています。
まあ簡単に言えば、キャラ重視でストーリーは展開します。

そして今回彼らが挑むのがこれらの事件です。

過去に曰くのある「神裁きの土牢」に閉じ込められた慎之介。
鍵の閉まった納戸に閉じ込められた旅館のおかみ。
旅館3階の伍号室に入って消えてしまった謎の美女。

これらの謎に挑むのですが、トリックに豪腕さが目立ったというか、これはありなのかな。
たぶん読者で解ける方は居ないだろうなーという、ぶっとび系トリックでした。

論理パズルは今回は問題数が少ないですね。知ってた有名なのもあったしね。
しかーしっ! どうしても解けない論理問題が1つだけありました。

「柱時計が三時を打つのに三秒かかりました。では九時を打つのに何秒かかるでしょう?」

という問題です。答えが載ってるのに、どうしても理解出来ないのです。
答えは12秒だそうです。いくら考えても9秒なんですよね。
だから誰か教えてくれないかなーと、ネット検索してみました。
そしたら、居るわ、居るわ。この問題でつまづいた方たちがいっぱい居たよ。
答えへの導きもあったけど、自分がアホなのか中々理解出来なかったです。

こんなアホな自分ですが、これからもこのシリーズやQEDを読んで行きたいと思います。


わかりやすい答えがあったので、気になる方は続きを読む ?をポチっとどうぞ。


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
解答です。

「・」は鐘が鳴るときを、
「-」は鐘と鐘の間隔を表すとすると、

・--・--・

↑これが3時を打ったときの図で、この間は3秒です。

・--・--・--・--・--・--・--・--・

↑これが9時を打ったときの図です。
3時の図と比べて4倍長いですよね?
なので、3秒×4=12秒 となります。

高田崇史
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。