--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.19

「大きな熊が来る前に、おやすみ。」島本理生

大きな熊が来る前に、おやすみ。大きな熊が来る前に、おやすみ。
(2007/03)
島本 理生

商品詳細を見る

「大きな熊が来る前に、おやすみ。」
普段は優しい撤平から、一度だけ暴力を受けた珠実は、どこか遠慮な態度で接している。珠実は幼い頃の恐かった父親の面影を徹平に重ねがらも、日々は平和に過ぎていく。そんな生活がずっと続くと思いきや、珠実の身体に異変が起こり…。

二人の価値観の違いがすごく面白く読めました。ものぐさなとこは徹平に近いのかもと思いながら、そうなんだよなー、と共感。こういう珠実のように、物事を突き詰めて考える人って苦手だから徹平に肩を持つ。しかし暴力はいけないですよね。それに徹底した暴力の理由に問題がありますよね。ラストではああいう終わり方をしていますが、今後も徹平の暴走は続くんだろうな。口で言っても、人間ってそんなにすぐに変われるもんじゃ無いですもん。


「クロコダイルの午睡」
苦手だと思っていた都築に料理を褒められ、いつのまにか部屋通いを許す女性。都築という男は、金に困らず苦労も知らずで大人になり、自分の価値で言葉を発する。そして彼女がいるのを気にせずに、料理を食べに一人暮らしの女性の家に通ってくる。

この男の厚顔無恥ぶりは理解が出来ないです。初めて部屋に来てトイレが狭いなんて言うかな。それに女の方も料理を褒められたぐらいで、彼女持ちの男にいそいそと料理を作るってねぇ。なんて思いがら読んでると、うひゃー、なんというブラックな終わり方だこと。黒いのが大好きなので、この作品をもう一度読み直してしまった。 その結果…。むむむ、むっちゃくちゃ好きだーー! 黒琴線にビリリと触れてしまいました。もっと黒いのを読みたいと、新たに島本さんへの期待が膨らんだ作品でした。


「猫と君のとなり」
恩師の葬儀で久しぶりに会った中学時代の後輩の荻原君と先輩だった志麻。二人の間に猫をはさんだ、ほんのり温かみのある恋の始まりを描いた作品です。

な~んかほのぼのとした展開が心地良かったです。それに二人とも猫好きだし。自分も猫好きなので、猫ちゃんが出てくる作品は無条件で好きになるんです。でもこのお話は猫が居なくても良かったと思う。猫抜きでは有り得ないって?まあ犬でもネズミでも、という意味です。ラストの志麻のセリフは単純だけど、心にじわーっと染みますね。良いカップルになりそうな予感がして、自分も恋がしたい気持ちになりました。いつも以上に、という意味です。


これまでの島本さんへの印象が、がらりと変わった三作品でした。今まで読んだ中で一番好きな本です。特に「クロコダイルの午睡」が最高に良かった。たぶん非常に偏った意見だろうなー。でも黒いの好きは辞めれません! てへっ。


ERIさんのブログおいしい本箱Diary も、ぜひどうぞ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

島本理生
トラックバック(11)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

ブラック好みのしんちゃんにはジャストフィットだったんですね~
島本さんがこういうのを書くとは思ってもみなかったので
すっごく意外でした~
今後もこういう路線でいくのかなぁ~
結婚されたことが作品にどう反映してゆくんだろうと
島本さんの今後の作品に注目してます。

エビノート:2007/05/19(土) 18:37 | URL | [編集]

「クロコダイルの午睡」の最後はびっくりしました。
彼女の気持ちの動きがこんなふうになるなんて・・。
それにしても黒琴線ってすごい言葉です(笑)。
でも、黒琴線ってあるかも。

june:2007/05/19(土) 21:40 | URL | [編集]

「クロコダイル…」読んだ後にはゲェーなんて思ってたのに
暫くたって一番印象に残ってるのはこの物語だったりします。
主人公の女の子の気持ちが「くるり」とかわっちゃう辺りがすごく理解できたりします。

なな:2007/05/20(日) 09:16 | URL | [編集]

黒好きな自分にはぴったりでした。
たぶん少数派でしょうが、こういうのをまた描いて欲しいです。
噂は知ってましたが、結婚のニュースにはびっくりしましたね。

しんちゃん:2007/05/20(日) 10:17 | URL | [編集]

いや~。自分で書いておいて、褒められると恥ずかしい。。。
こういうブラックなのに居心地の良さを感じてしまいます。
たぶんSなのでしょう(笑)。

しんちゃん:2007/05/20(日) 10:23 | URL | [編集]

普通はゲェーってなるのでしょうね。
でもあのラストのインパクトの強さに痺れてしまいました。
女性の気持ちの変わりようが面白かったですね。
実際に居たら怖いけど…。

しんちゃん:2007/05/20(日) 10:30 | URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2007/05/20(日) 20:48 | | [編集]

勝手にリンクを貼っちゃいました。
少し目立つけどいいよね?

黒いのはいいよね!自分が出来ないことを代わりにやってくれる。
それがすごく気持ちが良いんだな。

しんちゃん:2007/05/21(月) 08:51 | URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2007/05/21(月) 23:56 | | [編集]

めっちゃ目立つでしょ(笑)。

しんちゃん:2007/05/22(火) 09:40 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

大きな熊が来る前に、おやすみ。 〔島本 理生〕


大きな熊が来る前に、おやすみ。島本 理生 新潮社 2007-03売り上げランキング : 8251おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫徹平と暮らし始めて、もうすぐ半年になる。だけど手放しで幸せ、という気分ではあまりなくて、転覆するかも知れない船に乗って...

2007/05/19(土) 18:32 | まったり読書日記

「大きな熊が来る前に、おやすみ。」島本理生


大きな熊が来る前に、おやすみ。酒井駒子さんの表紙に、なんだか童話のようなタイトル、そして島本理生さんです!これは期待が高まります。で、読み始めてみたら空気が不穏なんです。だから表紙が黒?3つの短編が入ってるのですが、2つめまではかなりダークです。すっ....

2007/05/19(土) 21:38 | 本のある生活

『大きな熊が来る前に、おやすみ。』島本理生


大きな熊が来る前に、おやすみ。島本 理生新潮社2007-03by G-Tools徹平と暮らし始めて、もうすぐ半年になる。だけど手放しで幸せ、という気分ではあまりなくて、転覆するかも知れない船に乗って、岸から離れようとしている、そんな気持ちがまとわりついていた――。新しい恋

2007/05/19(土) 22:16 | ひなたでゆるり

大きな熊が来る前に、おやすみ。  島本理生


動物を一つのキーワードに、消えない傷を記憶の底で抱き続ける3人の女性達が迎える、新たな恋の始まりを描いた著者初の短篇集。『大きな熊が来る前に、おやすみ。』初対面での徹平の印象は父に似ているということだった。容姿というよりも、ある時に見せる表情や態....

2007/05/20(日) 01:46 | 今更なんですがの本の話

「大きな熊が来る前に、おやすみ。」島本理生


大きな熊が来る前に、おやすみ。島本 理生「大きな熊が来る前に、おやすみ」「クロコダイルの午睡」「猫と君のとなり」の3つの短編集。表紙が酒井駒子さん。それだけでも幸せ気分です。二十代前半の女性の恋の物語。どの物語も暴力を受けたり、虐待受けた記憶から逃れられ

2007/05/20(日) 09:14 | ナナメモ

大きな熊が来る前に、おやすみ。 島本理生


新しい恋と出合った女性3人を主人公に、さまざまな恋愛の形を瑞々しく描いた中編3編。どの恋愛もどこかしら歪んでいるにも関わらず、離れられない気持ちの方が先行してしまうという心乱れる様子が、とてもリアルに描かれていた。恐怖心や惨めな気持ちに苛まれながらも...

2007/05/20(日) 10:16 | かみさまの贈りもの~読書日記~

大きな熊が来る前に、おやすみ。 島本理生


装画は酒井駒子。装幀は新潮社装幀室。「新潮」2006年1月号(推敲)、9月号掲載に書き下ろし1編を併録した短編集。・大きな熊が来る前に、おやすみ。―同棲して半年の私・珠実と徹平。完全に均等に、途方に暮れていた

2007/05/20(日) 16:34 | 粋な提案

大きな熊が来る前に、おやすみ。


大きな熊が来る前に、おやすみ。島本 理生 (2007/03)新潮社この商品の詳細を見る恋愛に不器用な若い女の子、3篇の短編集です。読む前にこの本で取り上げられてることを読んでしまったので、ある意味楽しめなかったかも

2007/05/22(火) 14:29 | 本読み日記

『大きな熊が来る前に、おやすみ。』島本理生


大きな熊が来る前に、おやすみ。島本 理生 2007/3/30 新潮社 P.199 ¥1,365★★★★★ こういう台詞を信じようとする私を、たぶん、ほとんどの人は馬鹿だと思うだろう。騙されてるんだ、そんな男はこれからもずっと同じことを繰り返すと忠告されるだ

2007/05/31(木) 01:07 | ほんだらけ

本「大きな熊が来る前に、おやすみ」


大きな熊が来る前に、おやすみ島本理生 新潮社 2007年3月 珠美は、徹平と暮らし始めて、もうすぐ半年になる。しかし、手放しで幸せという気分ではなかった「大きな熊が来る前におやすみ」?この題名の意味、深い意味があったんだね。ちょっと、驚きを加えてあ

2007/06/27(水) 20:26 | <花>の本と映画の感想

大きな熊が来る前に、おやすみ。/島本理生


読書期間:2007/8/30~2007/8/31私の秘密、彼の秘密。2人で暮らすという果敢な冒険を始めてみた恋人たち−。3人の女性を主人公に、人を好きになること、誰かと暮らすことの危うさと幸福感を、みずみずしく描き上げる、優しくて、とても真剣な恋愛小説。

2007/09/02(日) 15:12 | hibidoku~日々、読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。