--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

05.26

「おがたQ、という女」藤谷治

おがたQ、という女おがたQ、という女
(2004/07)
藤谷 治

商品詳細を見る

なんか無茶苦茶に内容紹介が難しい本ですな。

自称、おがたQと名乗る女性は謎だらけで、掴みどころが無い。彼女は5歳のときに両親に捨てられ、石垣島の母方のオバアに育てられる。オバアは真実の愛と、誰も教えてくれなかった物事の理を教えてくれる。そんな幸せな時間も、おがたQが9歳のときに突然断たれてしまう。父がテレビで歯に衣着せぬコメントで有名になり、エセ文化人として活躍する。その父が社会に対する自分の影響力を意識し、おがたQを引き取ることにしたのだ。そこから周りの環境によって、有名人の娘という伝説が出来上がっていく。やがておがたQは映画に目覚め、映画を勉強するために大学へ入学する。そこで初めて会話が出来る喜びを覚えたおがたQは…。こんな感じかな。


この本を入れると藤谷さんの本を読むのが3冊目ですが、一番独特な文章でした。句読点がほとんど無く、やたらと長い文章でぎっしりとページが埋まっている。まるでお経を読んでるみたいな感じなんだ。お経を読んだことが無いけどね。

そのぎっしりに何かあるんだろうと思ったが、これが見事に何も無いんだ。彼女は他人との関わりを必要しないし、何かを成し遂げようともしない。映画の世界に行くのかと思ったが、それすらも速攻フェイドアウトをしてしまう。ただそこに存在し、周りの影響にふわふわと流される人生を送るだけ。

たぶんオバアの影響で、沖縄的なゆっくりした自分の時間を持っているんだろう。違うかな?うーん、やっぱ違うな。まあええわい。本の帯の保坂さんによると、80年代への、力強い鎮魂歌らしいです。でもどのあたりが80年代らしさなのかは、皆目分からなかった。

おがたQに共感というのを持てなかったのは、たぶん自分とは違うからだろう。でも彼女のネガティブな思考は、なんとなく理解出来る。全部じゃないけどね。

おがたQという名前の謎は、読んでいるうちに謎は解けます。こういうのをアナグラムっていうのですかね。でも本名は最後まで謎。というか、存在自体が謎だらけな女性なんだよな。そして映画もいっぱい出てきます。でも知らない映画ばっかりなんですよ。知ってたらもっと楽しめただろうに。ちょっと残念。

読了後に残った、この独特ななんとも言えない余韻はなんだろう。ちょっぴりの不思議な暖かい部分と、沖縄に消えた切なさが、心に沁みました。本の中ではたくさんしゃべってますが、まるで無声映画を見ているように感じた。それとちょっぴり綿矢さんの「夢を与える」を思い出しました。

最後に一言。オバアがとても素敵だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

藤谷治
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんにちは、しんちゃん。
藤谷さんの本は、一作ごとに違う感じがして、面白いですね。
まだ行ってないですが、下北沢にある藤谷さんの書店を覗いてみたいです。

下記の本も読んで、大阪の古本屋が舞台だそうですから。
序でに昨日の講座に話題になっていた、グレグレ青山【ブンブン堂グレちゃん】が面白そうだ。4コマ、8コマのマンガである。大阪梅田の古本屋でのバイトのことを書いてあるそうだ。《加藤京文堂》という古本屋さんが舞台で店主がモデルだという。これを読むと古本屋のことがよく分かると岡崎さんが言っていた。(本を読む人々。より)

モンガ:2007/05/26(土) 10:42 | URL | [編集]

いいなー、東京在住は!
大阪からじゃ気軽に行けないよ。

「ブンブン堂グレちゃん」検索してみました。
面白そうな本ですね。今度書店で探してみます。
情報をありがとね!

しんちゃん:2007/05/26(土) 17:19 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

おがたQ、という女  藤谷 治


おがたQ、という女藤谷 治 185 ★★★☆☆ 【おがたQ、という女】藤谷 治 著  小学館 《変わったタイトル、読んで、おがたQに納得》 出版社 / 著者からの内容紹介より「おがたQ」と名乗る主人公の謎の美少女の「おんなの一生」を、文化人の父・小林徳二郎になす

2007/05/26(土) 10:28 | モンガの独り言 読書日記通信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。