--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.06

「ぐるぐるまわるすべり台」中村航

ぐるぐるまわるすべり台 (文春文庫)ぐるぐるまわるすべり台 (文春文庫)
(2006/05)
中村 航

商品詳細を見る

「ぐるぐるまわるすべり台」
大学を辞めて塾講師のアルバイトをする小林が、バンドメンバーを募集する。
その際は、生徒のヨシモクの名を騙り、熱くてクール、馬鹿でクレバー。の文句。
それを見た尾崎というちくわ好きのベースが決まり、バンド名を狛犬(仮)にする。
その後、本物のヨシモクが携帯サイトで見つけた、てつろーとチバに連絡。
ギターとドラムも決まり、課題曲は「ヘルター・スケルター」に決定。
最後にボーカルの中浜が決まり、初めてメンバーが顔を合わせるというお話です。

「月に吠える」
バンドに参加する以前の、哲郎と千葉の出会いと、哲郎の目標を探す物語です。
生産工場のラインで働く哲郎は、同じライン仲間と「ゴン太くん」サークルを作る。
そこでリーダーとして、工程の見直しとコスト削減を実施していくというお話です。


バンド物にある、熱さや爽快感が味わえる本ではありませんでした。
両方共通するのは、どちらも始まりを描いたお話ということです。
新しくバンドが出来上がっていくという、ちょっとしたドキドキやワクワク。
仕事を通して、ギター奏者としての心の持ち方や、やるべきことの指針探し。
これらがたんたんと描かれた作品です。

極端に飾りのない文章で、極力テンポを排除したリズム。すごく静かです。
起承転結というものが全くないのだが、嫌いではない。むしろ心地よいのだ。
すーっと頭に文字が入ってくるような感じで、ぐいぐい読ませてしまう。

方程式の答えへの過程を読んでいるような雰囲気、という感覚が近いだろう。
だから定められたゴールへ辿りつくのを、トントンと駆け上がっていく。
そしてあるポイントについたところで、物語は終結をする。
そこに至るまでは、中村さん特有の捻れた心もあり、中々侮れないのだが。

独特な空気感が漂う世界で、けっして熱くなることは無いが、好きな本でした。
バンド物の熱さを求めて読むものではありませんがね。


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

中村航
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。