--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.22

「スロウハイツの神様」辻村深月

スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)
(2007/01/12)
辻村 深月

商品詳細を見る

スロウハイツの神様(下) (講談社ノベルス)スロウハイツの神様(下) (講談社ノベルス)
(2007/01/12)
辻村 深月

商品詳細を見る

また泣いた。辻村さんの上手さには弱い体質みたいです。だって毎回やもんなー。これまで読んだ作品の中で一番好きだったのが本書。もうとにかく良かった。何故かというと、誰も死なないし残虐さもないから。あのムゴさがいっさいない。本書は純粋な若者たちの成長だけを描いた作品だから。

注目の若手脚本家の赤羽環がオーナーの「スロウハイツ」という名のアパート。そこには環が気に入ったこれからの可能性を秘めた若者たちが集まる。漫画家志望の狩野、映画監督志望の正義、画家志望のスー、環の友達のエンヤ。そして中高生に大人気のナンバーワン小説家、チヨダ・コーキが共同生活をする。2人のスターに追いつこうと、クリエーターの卵たちはお互いに切磋琢磨をしあう。

前半はこんな感じで、それぞれの人物の現在過去にスポットが当っていきます。他の作品にも共通するのですが結構間延びをしています。まあ特徴ですか。それと視点がころころと変わるのはいつもと全く同じです。これも特徴か。

その後エンヤが部屋を出ることになり、莉々亜というコスプレ美女が新たに加わる。ここから物語は現在過去と入り乱れて徐々に大きく展開をしていきます。

これ以上は勿体無いので内容紹介はストップしておきます。いつも書きすぎだから…。先がまったくよめない展開になることは間違いないです。もう凄いです。

いつものあれ、他作品とのリンクもばっちり楽しめます。今回は「凍りのくじら」。未読の方はこちらを先に読むことをお薦めしておきます。

後半に入ると、これまで気になると思っていた事が次々に解消されていきます。やはり辻村深月の構成力はすごい。半端じゃなく凄すぎ。むむっと唸るしかないもの。それがラストでは、むむっが涙ぽろぽろになり、嗚咽でひっくひっくになっていく。そして読了後には、じんわりとした清々しさがあなたを待っている。じーんです。

もう一回言わせて下さい。この本はめちゃめちゃ面白い!辻村作品のマイベストです。個人的ですが今年上半期のマイベスト作品と言える本でした。

それを発売直後に買ったのに、今頃まで積んでいたのはおもいっきりアホでした。未読の方には「凍りのくじら」と合わせて、ぜひ読んで欲しい作品です。大絶賛を連呼したいです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

辻村深月
トラックバック(8)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

自分も大絶賛を連呼しちゃいました(笑)。
辻村さん持ち前の”ラストの凄さ”にまたやられちゃいました。
分かっていながら、感情が高ぶってしまうんだよね。
辻村さんはこういう小説をこれからも書き続けて欲しいです。

リベ:2007/06/22(金) 23:19 | URL | [編集]

最後の二章は涙なしには語れない話でした
辻村さんの引力はどんどん強くなっていきますね

たまねぎ:2007/06/23(土) 01:08 | URL | [編集]

りべさん、ちーす。
この人の最後は相変わらず凄い!
なのに今回は特別に切れ味が良かったですね。
若いおなごに泣かされちゃったよ。

しんちゃん:2007/06/23(土) 13:37 | URL | [編集]

たまねぎさん、こんにちは。
ほんとどんどん上手くなってきていますね。
出来れば前半部分の間延びは無くして欲しいです。
ちょっと疲れますよね。

しんちゃん:2007/06/23(土) 13:40 | URL | [編集]

しんちゃんの感想、大絶賛ですね(笑)
熱意が、めちゃめちゃ伝わってきますよ~。
私ももちろん涙腺崩壊。
辻村作品ではこの作品が一番好きだな。
『凍りのくじら』リンクしていたのはうれしかったです。

naru:2007/07/20(金) 23:52 | URL | [編集]

naruさん、大絶賛しちゃいました(笑)
もう琴線に触れまくりでテンションが上がりすぎ。
今読み直すと恥ずかしいですっ!

しんちゃん:2007/07/21(土) 14:18 | URL | [編集]

あけましておめでとうございます!
前の記事からですが、TBさせていただきました。

私も去年のベスト本としては、この作品が1位だと思います。
構成の緻密さも作品を重ねるごとに増していますね。

新作、私も購入しました。
しんちゃんのテンション高めの感想を楽しみにしています☆

chiro:2008/01/02(水) 18:17 | URL | [編集]

chiroさん、おめでとう♪
これにはやられましたよね~。
しかし、テンション高っ!高すぎやね。

新作は後で読んで恥ずかしくないように書きます。

しんちゃん:2008/01/02(水) 19:10 | URL | [編集]

前半のペースに比べ、後半の追い上げがすごい。涙なしには読めませんでした。
凍りのクジラとのリンクも良いですね。

花:2008/07/18(金) 22:33 | URL | [編集]

花さん
この作家さんは前半が毎回スローですね。
だけど、最後には必ず泣かされます。
そしてリンクを見つけてニヤリです。

しんちゃん:2008/07/19(土) 21:35 | URL | [編集]

お久しぶりです。
この圧倒的な幸福感。読んでよかった~と心から思えた作品でした。やられました!

エビノート:2009/05/10(日) 22:16 | URL | [編集]

エビノートさん
いまだにこれがマイベストです。ラストの場面も記憶ばっちり。
やられるよね~!

しんちゃん:2009/05/11(月) 19:48 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

スロウハイツの神様  辻村深月


基本的にはハッピーエンドが一番好きです。もっとメチャクチャに。突き抜けるところまで突き抜けてほしい。こんな甘っちょろいお涙頂戴は××!これまで何度もそう書いておいて今更ですが。もちろんそういう内面を抉ってぐちゃぐちゃに掻き回す話もかなり好きです。けど....

2007/06/23(土) 00:22 | 今更なんですがの本の話

「スロウハイツの神様(上・下)/辻村深月」


スロウハイツの神様(上)スロウハイツの神様(下)辻村 深月あたしの中の辻村ブームがなかなか去りません。どの本読んでも夢中になります。しかもラストは必ず泣いちゃいます。この本は、読み初めてちょっとびっくり。人が死なないし、だから殺人犯も探さないし、えげつない事

2007/06/29(金) 18:53 | 本を読んだり…

辻村深月『スロウハイツの神様』下


『スロウハイツ』の住人たちは、平和な日々を送っていたのだが....。

2007/07/20(金) 23:53 | 待ち合わせは本屋さんで

スロウハイツの神様/辻村深月


読書期間:2007/9/22~2007/9/24猟奇的なファンによる小説を模倣した大量殺人事件から10年。筆を折っていたチヨダ・コーキは見事復活し、売れっ子脚本家・赤羽環と、その友人たちとの幸せな共同生活をスタートさせた。しかし謎の少女の出現により…。スロウハイツの神様(

2007/09/26(水) 23:34 | hibidoku~日々、読書~

「スロウハイツの神様(下)」辻村深月


「スロウハイツの神様(下)」 辻村深月 講談社 2007年1月 勝手に評価:★★★★★  『スロウハイツ』二〇二号室。そこには、わたしたちの神様が住んでいる。  人気作家チヨダ・コーキが暮らす『スロウハイツ』の住人たちは、平和な日々を送っていた。新たな入居者、...

2008/01/02(水) 17:58 | Chiro-address

スロウハイツの神様 辻村深月


スロウハイツの神様(上) スロウハイツの神様(下) ■やぎっちょ読書感想文 だから「お久しぶりです」か! とうとうやっちましました。今年初の5つ★でございます。 重ねてめでたいのは、今年初の5つ★が、ちょうどジャスト1500記事目だったということです!今度

2008/06/23(月) 15:57 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!

本「スロウハイツの神様」


スロウハイツの神様 辻村深月 講談社 2007年1月       

2008/07/18(金) 22:31 | <花>の本と映画の感想

スロウハイツの神様 上・下 〔辻村 深月〕


≪内容≫ ある快晴の日。人気作家チヨダ・コーキの小説のせいで、人が死んだ。猟奇的なファンによる、小説を模倣した大量殺人。この事件を境に筆を折ったチヨダ・コーキだったが、ある新聞記事をきっかけに見事復活を遂げる。闇の底にいた彼を救ったもの、それは『コーキ...

2009/05/10(日) 22:01 | まったり読書日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。