--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.23

「森へようこそ」風野潮

森へようこそ (ピュアフル文庫)森へようこそ (ピュアフル文庫)
(2006/11)
風野 潮

商品詳細を見る

中国へ長期出張する母と別れて、日本に残ることになった美森という少女。彼女が住むことになるのは、大阪郊外にある自然の森に囲まれた古い洋館だ。白ペンキで書かれた表札には、「木のお医者さん、芦原植物病院」の文字。そこには両親の離婚後、これまで一度も会ったことがない父が住んでいる。そしてもう一人。植物の声が聞こえるという、双子の弟・瑞穂がいた。

母の仕事が忙しかった美森は、これまで家庭の温かさを知らずに暮してきた都会っ子。新しく住むここには植物が溢れ、時間が止まったような静けさに美森は最初戸惑う。しかし植物と話をしながら大事に育てている瑞穂を見るうちに、次第に打ち解けていく。

美森が通うことになる小学校で、瑞穂はイジメにあいずっと不登校を続けている。瑞穂と対称に美森は友達たちもすぐに出来て、楽しく学校生活を過ごす。

そんな生活の中、クラスメイトの家の社員の不始末で、大きな山火事が起こる。その結果、クラスメイトがイジメの対象になる瞬間を見て、美森は知ることになる。弟が受けたイジメも、不特定多数のみんなによるものだったのだと。この場面で描かれた、子供が持つ悪意のある集団心理に、怖くてゾクっときました。

ここでは葉山という少年がイジメの対象になり、「みんな対1人」の構図が出来る。美森は集団に入らず「みんな対2人」になることを選び、クラスメイトから疎外される。この選択をした美森の強さを、少しでも多くの子供たちに持って欲しいと願う。いや、子供だけでなく大人も含めた人たち、と言いなおすべきか。

台風が美森たちの住む森を直撃することで、物語は大きな展開をしていきます。クラスの再生あり、家族の再生ありで、読みどころが満載です。

イジメ問題が底辺にありながらも、読後はすかっとさわやか。爽快です。森の木々が、疲れた都会の生活を癒してくれる清々しい良書でした。この作品に出会って森へ行けば、「モリ、ヘ、ヨウコソ」と声が聞こえるかも。


風野潮さんのブログです。潮のつれづれ語り

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

風野潮
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。