--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.25

「青空チェリー」豊島ミホ

青空チェリー (新潮文庫)青空チェリー (新潮文庫)
(2005/07)
豊島 ミホ

商品詳細を見る

文庫版を読みました。単行本版とは内容が少々異なっています。「青空チェリー」だけが原型のままで、それ以外は書き直しているそうです。

「ハニィ、空が灼けているよ。」
戦争が始まって一年。大学で働く教授とわりない仲の大学生の麻美。21歳。二人の住む首都に危険が迫り、教授の独断で麻美は故郷へ一人避難することになる。帰った町で同級生の英二と再会し、いつしか「ダーリン」「ハニィ」と呼ぶ仲へ。戦争の気配がどんどん濃くなる中、麻美は二人の男のことで心が大きく揺れる。

架空の戦争が起こっている世界ですが、全く違和感というものを感じません。最初からなんの問題もなく、すーっと物語の世界に入っていくことが出来ます。前半部分の可愛らしさと、後半部分のひりひりとした緊張感のバランスが良かった。プリン化したダーリンの頭とハニィの足の毛を脱色するシーンが、すごく好きでした。一方で身の回りで起こった事を手紙に書き、教授へ送り続ける麻美の心も好きです。表題作よりもこの作品に出会えたことに、とてつもない幸せを感じました。ラストは涙なしでは読めませんでした。ぐすん、号泣です。


「青空チェリー」
R-18文学賞読者賞の作品です。青春小説ですが、発情小説ともいえます。予備校の隣にラブホが出来て、千花には予備校の屋上が自分だけの秘密の場所になる。そこはラブホの中が見え、男女の行いが覗けるというベストポイントだから。そんなある日、千花がいつものように覗いていると、男子が同じ目的で現れる。二人のうふふな交流を描いた作品です。

露骨な描写ですが、二人の男女がすることがすごく可愛くて全部を許しちゃおう。ページ数がすごく少ないし、感想を書きすぎると変態に思われてしまいそう。だからこのあたりで止めときます。この作品は大人になってから読みましょう。


「誓いじゃないけど僕は思った」
中学時代に好きだったアツコのことを、いつまでも忘れられない浩介くん。他の女の子に告られて付き合いだしても、ウンザリして逃げてしまう始末だ。そのアツコが結婚すると、友達が情報を仕入れてきて浩介に告げる。アツコに対しての過去の記憶に、浩介が振り回されているお話です。

少し異常。だけど片思いってこんなものかも、とも思ってみたりもする。なんか切ないですよね。思いだけが残り先へ進めない。ちょっと哀愁ですな。すべてが理解出来たわけではありませんが、これも恋の一種でしょう。でも実際に身の周りにいたら絶対に引くけどね。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

豊島ミホ
トラックバック(3)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

文庫本は「ハニィ」が最初なんですね。
一つはタイトルも全く違うし…
これはやっぱり文庫を読まなきゃです。

なな:2007/06/25(月) 23:11 | URL | [編集]

ななさん、ちゃーす。
「ハニィ」の書き出し部分はすべて書きなおしだそうです。
深みが増したと解説で絶賛されてましたよ。
誰が解説だったか忘れたけど(汗)。

しんちゃん:2007/06/26(火) 08:08 | URL | [編集]

こんばんは★
私も『ハニィ~』に一票です!!
田舎町ののんびりした雰囲気、
教授を思慕する麻美のこころ、
いかにも『最近の若者』なんだけど、
英二のもつその純粋な気持ち…
なにげないそんなピュアなものたちが印象的な作品でした。

『誓い~』はやっぱ、ストーカーですよね(笑)
でもホント、片思いってこんな感じだったかも、と思い直しました。

Rutile:2007/07/04(水) 00:03 | URL | [編集]

Rutileさん、こんばんは。
「ハニィ~」いいよね!これだけで大満足っす。
「誓い~」はねえ…。なんとも言いにくいなー。。。

しんちゃん:2007/07/04(水) 18:44 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「青空チェリー」豊島ミホ


青空チェリー豊島 ミホ〈女による女のためのR-18文学賞〉読者賞を受賞した「青空チェリー」の他に「なけないこころ」「ハニィ、空が灼けているよ。」の2編を収録した作品集。豊島さん、最新作からさかのぼってます。この本は単行本で読んだんだけど、文庫本は加筆改定されて

2007/06/25(月) 23:13 | ナナメモ

『青空チェリー』豊島ミホ


シェアブログ1152に投稿豊島さん初読みです。日常の中にある、キュートでポップで、ちょぴり切ない、そんな3つの恋物語。青空チェリー新潮社豊島 ミホ(著)発売日:2005-07おすすめ度:amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)

2007/07/04(水) 00:03 | 道草読書のススメ

「青空チェリー」 豊島ミホ


青空チェリーposted with 簡単リンクくん at 2007. 7. 6豊島 ミホ著新潮社 (2005.8)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/07/11(水) 22:40 | 今日何読んだ?どうだった??

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。