--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.26

「建てて、いい?」中島たい子

建てて、いい?建てて、いい?
(2007/04/06)
中島 たい子

商品詳細を見る

30半ばの未婚の女性が、一戸建て住宅に興味を持ち、実際に建てていくお話です。彼女はアパート2階から階段を降りる途中でこけて、手の骨にヒビが入ってしまう。その結果、精神的に痛みを覚え、現状を脱却するには結婚することだと思う。しかし男探しをするうちになんだかどうでも良くなり、男探しをやめてしまう。その次に自分の居場所を作ろうと考え、何故か自分の家を欲しくなってしまう。

彼女はまず住宅展示場を訪れ、部屋や設備をいろいろ見るが、結局は疲れて帰る。ここの描写がすごく好きでした。というのも自分が不動産業を営んでいるからだ。モデルルームには、お洒落な家具や小物、最新の設備や工法が展示されている。そこには生活感というものが全くなく、営業の人がスーツ姿で案内をするのが普通。それを見事に小気味よく笑いにし、現実感の無さを指摘している。同業者である自分でも、あの雰囲気は異様だと思うし未だに馴染めない。

うちも売り物件があればオープンハウスをし、現場待機を当然します。まあ住宅メーカーと違い、家具や小物はいっさいありませんが。そこに来るのは大半が冷やかし。それと何故か運動会をする子供を連れた夫婦です。一日が終わると精神的な疲れがどっと来るんだよなー。愚痴ってもしょうがないか。

そのあと彼女は出会った設計士の事務所を訪ねて、家を建てる計画を進める。ここであれこれと間取りを悩んだり楽しんだりをする。家を作るメインですね。そして実際には、あとになってからこの部分のところを後悔するのがほとんど。予定予算をオーバーするのも当たり前だしね。人ってなんだかんだ言って欲張り。そんな事を裏読みしながらも、むふふと楽しく読めました。

本書で一箇所だけ気になった部分がある。それは彼女の土地の手に入れ方だ。そんなに簡単に土地を手に入るのは、はっきり言ってどうかなと思う。しかも60坪ってめちゃめちゃ贅沢すぎやしませんか。1坪いくらか知らんけど。60坪もあったら家が3~4戸建つやないかい!とツッコミ。

本作は中島さんの笑いのセンスが随所に散りばめられた作品で、ほんとに笑える。ページ数は少ないけど、とてもウキウキとした時間を過ごすことが出来ました。

同時収録された、別れた彼からのお届けものの「彼の宅急便」も良かったです。前作はちょっとびっくりしたけど、次回作にも期待してしまいます。

彼女と同じく、「結婚せえへんの」という言葉が、耳に痛くなる今日この頃です。うはっ。だけど、不動産はそんなに甘くない。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

中島たい子
トラックバック(6)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

家を見に来たお客さんを迎える立場なんですね~
住宅展示場、実際に行ってみたことはないんですけど
TV番組などで放送されてるとついつい見入ってしまいます。
自分自身の生活のスタイルとは、かけ離れてるから実際は暮らしにくいんだろうけれど、
良いなぁ~こんなところに住みたいなぁと思っちゃうんですよね(^_^;)

エビノート:2007/06/26(火) 22:07 | URL | [編集]

家を建替えたとき、さんざん住宅展示場は通ったので、思い出しました。60坪で3,4軒も建ってしまうんですか?!
今でも、オープンハウスの広告があると、ついつい行きたくなります(笑)。
>運動会をする子供を連れた夫婦
いるいる(爆)。壁とか触りまくったりね。

家は3軒建てないと、満足のある家ができないって言うじゃないですか。いまどき、そんなラッキー(アンラッキー?)な人はなかなかいないでしょうけど。
宝くじでも、どーんと当たったら、もう1軒くらい建ててみたい。

くまま:2007/06/27(水) 10:56 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちは。
モデルルームに行くとアンケートを書かされるんだ。
会社によっては、給料いくらとか、貯金がいくらとか。
見るだけならいいんだけどねー。

しんちゃん:2007/06/27(水) 16:17 | URL | [編集]

くままさん、ちゃーす。
そう。15坪があれば3LDK車庫付きが建つよ。
だから60坪って出て来たから、なんちゅー贅沢だと…。
売る側だと、オープンハウスの広告を撒いて、雨が降るとガックリとくる。
チラシも結構お金がかかるものなんですよ。

しんちゃん:2007/06/27(水) 16:26 | URL | [編集]

そりゃ土地代がかからなければ、上ものにアレコレと夢中にもなれますよね。羨ましい話です。
しかし冷やかしに皆さんはよく行けるなあと思います。繰り出されるセールストークをかわすだけでもグッタリしそうでモデルハウスとかには近付けません。

たまねぎ:2007/06/27(水) 22:31 | URL | [編集]

たまねぎさん、こんにちは。
モデルハウスにはたまに偵察へ行きます。
彼らの攻勢はすごいですよー。でもセールス自体はマシな方。

賃貸を探しにきたお客さんに、家賃とローンの支払いを比較して、売り物件を買わさせる悪い業者もいます。

しんちゃん:2007/06/28(木) 09:50 | URL | [編集]

ブログ村から来ました。
こちらで紹介されていたのを見て読みました。
引越しはこれからですが、我が家も家を買ったところなのでおもしろそうだなぁと思って。
といってもマンションなので、一戸建てを建てるっていうのはまた違う感じなんでしょうねぇ。
一緒にわくわくしながら読みました。

他にもおもしろそうな本をいっぱい読んでらっしゃいますね!
参考にさせていただきます♪
トラックバックさせていただきました。

なゆ:2007/07/14(土) 14:34 | URL | [編集]

なゆさん、いらっしゃいませ。
TB&コメント、ありがとうございます。

うわー!大きなお買い物をしましたね。
これからの住み良い環境になりますように。

また来て下さいね。待ってまーす!

しんちゃん:2007/07/14(土) 15:53 | URL | [編集]

展示場のシーン、面白かったですね。
展示場もマンションのモデルルームも生活臭が全くしなくて
ありえないでしょ!って感じですよね。
そしてうちの子供たちは確実に運動会すると思います。

なな:2007/07/22(日) 07:37 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
運動会はほんと困る。しかも親は怒ってくれない。
なんとかしてくれー、って感じ。
お客さんだから笑って対応するしかないし。
買ってくれるといいんだけど…、ひやかしなんだよなー。

しんちゃん:2007/07/22(日) 09:37 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

建てて、いい? 〔中島 たい子〕


建てて、いい?中島 たい子 講談社 2007-04-06売り上げランキング : 15369おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫30代半ばの独身女性はある日、重大な決意をする。それは、家を建てること―。仕事よりも、恋よりも、結婚よりも、家…それは正しい女....

2007/06/26(火) 21:53 | まったり読書日記

建てて、いい? 中島たい子


30代の独身女性が、これからの人生を模索する中で、家を建てる決意に至るまでを描いた表題作と、別れた彼が送りつけた荷物の中身に翻弄される女性の物語の二編。40歳までには結婚しようと思いつつ、なかなか思うようにはいかない人生に、手探りながらも真摯に向き合って...

2007/06/27(水) 22:41 | かみさまの贈りもの~読書日記~

建てて、いい?  中島たい子


中島たい子さんでタイトルが『建てて、いい?』って、それだけである程度の内容が分かってしまいそうな本だと思いながら読んでみました。30過ぎもしくは後半の女性が主人公。一応年下の彼氏はいるんだけどそんなに強く恋愛に溺れる関係ではない。ただ最近どうも煮え切ら....

2007/06/28(木) 00:18 | 今更なんですがの本の話

『建てて、いい?』中島たい子


建てて、いい?中島 たい子 2007/4/9発行 講談社 P.177 ¥1,365★★★★★この歳になってしまうと、相手を見るなり、綿だな、絹だな、レーヨンか、と種類分けして、それで終わってしまう。理想が高いのではなく、想像がつくから面倒くさいのだ。それで、

2007/07/10(火) 23:08 | ほんだらけ

建てて、いい?


建てて、いい?中島 たい子 (2007/04/06)講談社「漢方小説」の時も思ったけど、端整な小説を書く人ですね。独身女はなぜ1階に住んではいけないのか?世界最薄サイズのベランダに洗濯物を干して、ゴミを出しに行った

2007/07/14(土) 14:25 | たゆたう日々。

「建てて、いい?」中島たい子


建てて、いい?中島 たい子賃貸アパートの2階。このアパートに住み始めて5年の冬のある日、ゴミを捨てに行こうとして階段から落ちた真里は「四十までに結婚しよう」と思う。従姉妹の友紀子が経営する通販会社に勤める真里は友紀子に色々な男を紹介してもらうが、どれもいま

2007/07/22(日) 07:38 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。