--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.28

「れんげ野原のまんなかで」森谷明子

れんげ野原のまんなかで (ミステリ・フロンティア)れんげ野原のまんなかで (ミステリ・フロンティア)
(2005/03/01)
森谷 明子

商品詳細を見る

秋庭市のはずれ、ススキばかりがおいしげる斜面に立つ秋庭市立秋葉図書館。文子は先輩職員の能勢や日野と共に、利用者が少ないと悩みながらも勤めている。そこの図書館で起こる様々な出来事や、文子の淡い恋心を描いた連作短編集です。

図書館を利用される方なら心をくすぐられる作品なのは間違いないであろう。最初はススキが一面を覆っているのが、れんげの種から次第に花が咲き乱れていく。それと共に閑古鳥が鳴く図書館が、秋庭市の名所へと変貌していくのだ。

ミステリ部分では、初めの子供の居残りゲームでは少し弱いかなと思いました。それが後へいくほど、どんどん深みを増していき、ついには変死事件まで出てくる。ミステリ・フロンティアだと侮っていると、あっさりとやられちゃいますよ。実際に、ころっと森谷さんにやられてしまいました。恐るべし森谷明子。

登場人物に関しては少し物足りなさを感じてしまいました。ぼやけているのかな。視点である文子や探偵である能勢をもう少し掘り下げて描いて欲しかったですね。日野に関しては言うまでもありません。人物像をつかめないまま終わってしまいました。その中では、図書館へと土地を提供した、名士の秋葉おじいちゃんが唯一良かったな。

それに女性の作家さんらしく、四季の移り変わりの描写がすごく丁寧でした。これは前から気づいていたのですが、花や草木が出てくるのは女性作家に多いですね。物語に関係なく草木ばかりが出てくるのは違和感を覚えますが、本書は上手かったです。今すごく頭に浮かんでいる作家がいますが、伏せておくのが賢明でしょう。

それにしても、仕事の面に関しては素敵な司書さんたちばかりが出てきました。図書館の裏側も楽しむことが出来たし、良い本に出合えたと思います。お初の作家でしたが、興味が持てた作家なので、他の本も気になりました。

余談。
調べてみると源氏物語に関わる本があるみたい。古文や短歌嫌いでも読めるのかなー。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(6)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
たしかに登場人物は物足りなかったかもしれないですね。
随分前に読んだけど、しっかり覚えてるのは秋葉おじいちゃんだけかもしれません(汗)

なな:2007/06/28(木) 20:43 | URL | [編集]

こんばんは!
図書館ユーザーにはたまらない魅力のある本でした。
登場人物については、確かにもっと書いて欲しいというところもありました。
だから、この作品シリーズ化して欲しいです。
『千年の黙』が源氏物語を扱った作品です。
漫画くらいしか読み通してなくても楽しめましたよ。

エビノート:2007/06/28(木) 22:08 | URL | [編集]

こんにちは。
TBさせていただきました。
舞台が図書館っていうだけで、本好きにとっては嬉しくなります♪「千年の黙」、読みたいな~と思いつつ、まだ読めていないので、いつか読みたいです。

EKKO:2007/06/29(金) 07:17 | URL | [編集]

ななさん、ちゃーす。
秋葉のおじいちゃん、いいよねー!
4日遅れで感想を書いたから、すでに他の人たちはうっすらです。
忘れるのが早すぎ(汗)。

しんちゃん:2007/06/29(金) 08:46 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちはー。
ほうほう。「千年の黙」は無知でも読めるんだ。
漫画も読んだこと無いけど、いつか読むぞ!

しんちゃん:2007/06/29(金) 08:49 | URL | [編集]

EKKOさん、TB&コメントありがとね。
図書館はいいよねー!当たり前だけどタダで本が読める。
大崎梢さんとか、こんな感じの作品が増えると嬉しいですね。

しんちゃん:2007/06/29(金) 08:53 | URL | [編集]

おぉ!偶然にもこの間図書館で「千年の黙」借りて
今手元にあるんです。
読みたい気持ちがまたぐっと盛り上がってきました。
森谷さんは「七姫幻想」もよかったですよ。
本当は時代ものが得意な作家さんなのでしょうか。

june:2007/07/01(日) 11:01 | URL | [編集]

juneさん、こんにちは。
「七姫幻想」は借りるか何度か悩みました。
でも積んでたこの本を読むまではとスルーしてた。
これで安心して借りれるようになりました。
「千年の黙」の感想を待ってまーす!

しんちゃん:2007/07/01(日) 15:11 | URL | [編集]

こんにちは。
図書館好きとしては堪らない作品でした♪素敵な本を紹介いただいてありがとうございました!
ただ、ミステリーとしては、うーん;;;と思っちゃったんですけどね^^;

記事の中に、こちらへのリンクを貼らせてもらいました。事後承諾ですみませんが、宜しくお願いします。

すずな:2007/09/19(水) 10:26 | URL | [編集]

すずなさん、宣伝してくれてありがとう(笑)
これに限らず、ミステリフロンティア全体がミステリ度が弱い。
なんて前から思っていました。方針っすかねえ??

しんちゃん:2007/09/19(水) 16:08 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

れんげ野原のまんなかで〔森谷明子〕


図書館好き・本好きにはたまらない一冊図書館で働きたいと真剣に思っちゃいました。れんげ野原のまんなかで

2007/06/28(木) 22:04 | まったり読書日記

『れんげ野原のまんなかで』 森谷明子 東京創元社


れんげ野原のまんなかでミステリ・フロンティアは伊坂さんの「アヒ鴨」に続いて2冊目ですが、このシリーズは装丁がとても綺麗ですね。図書館を舞台にした、いわゆる「日常の謎」ミステリ。とても良かったです。もともとミステリ好きだったのに、最近何故かミステリか....

2007/06/29(金) 07:13 | アン・バランス・ダイアリー

れんげ野原のまんなかで


れんげ野原のまんなかで図書館には、小学校の図書室から現在に至るまでとてもお世話になっています。本も大好きなので、本に囲まれて図書館で働く司書っていいなと憧れてしまうし、すごいなと尊敬もしてしまいます。だからここに登場する司書たちの知識や本を愛する心を....

2007/07/01(日) 10:59 | 本のある生活

れんげ野原のまんなかで(森谷明子)


本屋を舞台にした「配達あかずきん」を絶賛していたら、『しんちゃんの買い物帳』のしんちゃんにこの作品を教えていただきました。本好き、図書館好きには堪らない作品ですね~!特に、私みたいに図書館に大変お世話になってる身にとっては、興味深く読める作品だと思います

2007/09/19(水) 10:22 | Bookworm

れんげ野原のまんなかで 森谷明子


れんげ野原のまんなかで ■やぎっちょ書評 長野まゆみさん同様、水無月・Rさんがお好きだということで読んでみました森谷明子さん初読。本からして東京創元社ですからミステリーですね。 舞台は秋庭市という架空の、そして人口のあまり多くないところの図書館。おお

2007/12/24(月) 19:03 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!

森谷明子『れんげ野原のまんなかで』


れんげ野原のまんなかで (ミステリ・フロンティア)森谷 明子東京創元社このアイテムの詳細を見る 今回は、森谷明子『れんげ野原のまんなかで』を紹介します。静かな図書館にちょっとした事件が起きる。その事件を解決していく短編小説である。全体的にはまったりしている...

2010/06/26(土) 21:57 | itchy1976の日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。