--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

06.29

「試験に出ないパズル」高田崇史

試験に出ないパズル (講談社文庫―千葉千波の事件日記)試験に出ないパズル (講談社文庫―千葉千波の事件日記)
(2005/12)
高田 崇史

商品詳細を見る

「私と弟が、山羊を二頭連れて、海苔を一箱持って歩いていると、目の前に川がありました。橋はかかっていなくて、小さな二人乗りのボートが一艘浮かんでいました。私たちは、その川を渡らなくてはなりません。その船を漕ぐことができるのは、もちろん私と弟の二人だけです。さて、どうやったら全員が向こう岸に渡ることができるでしょうか?」

このシリーズに欠かせない論理問題です。これと同じ事件が起こります。
ぴいくん、千波くん、慎之介、のトリオに加え、ぴいくんの妹、大森と犬。
その後、桜と小梅の姉妹が増え、二人乗りの一艘のボートで向こう岸に渡ることに。
第一作品の「《九月》山羊・海苔・私」のおおまかな内容です。

その他収録作は、「《十月》八丁堀図書館の秘密」「《十一月》亜麻色の鍵の乙女」
「《十二月》粉雪はドルチェのように」「《一月》もいくつ寝ると神頼み」です。
他の作品の内容紹介はサボっちゃおう。

論理問題と事件の謎が楽しめるこのシリーズも、ついに三作目まで読了です。
主な登場人物は過去に書いたシリーズの感想を参照して下さい。さぼりすぎ?

今回は論理問題が前面に出て来ています。だからちょっと着いて行けない部分がある。
普通の頭では難しいのだよこれが。まあ自分の頭を普通と言っていいのか。。。
冒頭に書いた問題を読んでもらえれば、言っている意味が理解してもらえるでしょう。
読んでいて途中で何度かパスしたくなりました。だって頭がぐらぐらしてくるのだもの。

取り上げた論理問題の解答が気になるという方がいますかね?載せておきましょうか。

一、 弟、山羊1を連れて渡る。
二、 弟だけ戻ってくる。
三、 私、山羊2を連れて渡る。
四、 私だけ戻ってくる。
五、 私と弟、渡る。
六、 弟戻る。
七、 海苔を積んで渡る。

これが正解です。こんな事を考えながら読むなんて苦手。だからかなりはしょった。
今度からはQEDシリーズだけを読もうかな。でも新刊が出たら買いそうな気もする。
本シリーズに関しては進んでお薦めはしません。かなり特殊な系統の本だからね。
でも好きな方は読んでみるのも良いだろう。

余談。
あの人がちらりと出て来ていました。誰って…?歴史に詳しい漢方薬剤師さんです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高田崇史
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。