--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.03

「サイン会はいかが?」大崎梢

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ (ミステリ・フロンティア 32)サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ (ミステリ・フロンティア 32)
(2007/04)
大崎 梢

商品詳細を見る

杏子と多絵の書店員コンビが成風堂に帰ってきました。やっぱり舞台は書店が良いっす。5つの連作短編が収録された、成風堂シリーズ3作目です。

「取り寄せトラップ」
同一書籍の取り寄せ依頼を受ける成風堂。しかし4人の注文主は依頼していないと言う。そこへ店頭に女性が現れ、自分の亡くなった祖父が関わりあると言い出す。

「君と語る永遠」
社会科見学に成風堂に訪れる子供たち。その中で孤立した少年が書店用語に興味を持つ。その後なんども訪れる少年に、ある疑惑が寄せられていると、担任が杏子に語る。

「バイト金森くんの告白」
宴席で失恋話を披露する金森くん。しかしその内容には不審な点が、ちらほらとある。彼の話をきちんと紐解くと、そこにあるのは…。

「サイン会はいかが?」
新進気鋭作家のサイン会が、条件次第で成風堂で開けると、取次ぎが話を持ってくる。その条件とは、作家とやり取りをしている「レッドリーフ」が誰なのかを特定すること。

「ヤギさんの忘れもの」
成風堂の常連客が写真の入った封筒を紛失する。書店内を探すが一向に見つからない。多恵の推理で見つけた場所とは…。


長編より短編向きの作家だとやはり思った。しかしやっぱりミステリが薄いです。「取り寄せトラップ」「サイン会はいかが?」なんて、こじつけとしか思えない。書店が舞台なので、書店内の描写で本好きな心をくすぐられるが、今後が心配。付録に書いてあった今後の予定では、ミステリを執筆中とあった。大丈夫かなー。

負なことを書いたついでに、もう1つだけ。多恵ちゃん、今回もひっぱりすぎ。あそこまでひっぱると、短気な読者にはイライラが溜まってしまうのだ。元気で、手作業が苦手で、つるんとしたおでこにがすごく愛嬌があって良いのに、早く言ってよ、イケズー!となっちゃうのだ。勝手になってろって?

今回良かったのは、他の書店員がしっかり描かれていたこと。福沢さんや内藤さんね。それに店長と取次ぎの藤永のキャラ立ちも、すごく好印象が持てて良かったな。

たくさんの書店の裏側やサイン会の裏側、出てくる本の数々も楽しめました。中でも今回一番気になったのが、「フェリックスの手紙」という児童書です。検索してみると、ほんとに売っていました。でもねー、お値段が少々高いのだよ。うーん、評価もすごく高いし、気になるな。今度書店で探してみようっと。
フェリックスの手紙」 リンク貼っておきます。

突っ込みどころは多々ありますが、今後も気になるシリーズであることは間違いない。刊行ペースが速いからか、成長が追いついてない感もあるが、次回作も読むでしょう。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

大崎梢
トラックバック(15)  コメント(24) 

Next |  Back

comments

多絵ちゃん、たしかに・・・^^;

杏子さんと多絵ちゃん以外のキャラが
どんどんわかってきて愉しみが増しますね。
ミステリ色はたしかに薄いけれど
充分愉しんでいます。

ふらっと:2007/07/03(火) 18:23 | URL | [編集]

本屋さんの裏側が覗けるのは、やっぱり楽しいですね。
多絵ちゃんの引っ張り具合は、確かに、早く言って~となりますが(^_^;)
それもまた多絵ちゃんの持ち味でしょうかね?

エビノート:2007/07/03(火) 19:38 | URL | [編集]

本屋の日常業務は読んでいて楽しいです。
私も「フェリックスの手紙」がとても気になりました。
でも、お値段がけっこうするんですよね~(笑)

naru:2007/07/03(火) 19:44 | URL | [編集]

こんばんは。
そうそう多絵ちゃん、引っ張りすぎだよなぁって思っていました。
ミステリとしては?かもしれませんが
本屋の裏話が面白いのでよしとしました。

なな:2007/07/03(火) 22:31 | URL | [編集]

ふらっとさん、こんばんは。
もっともっと他の書店員たちが出来て欲しいな。
そうするとさらにぐっと深みが増すよね。

しんちゃん:2007/07/04(水) 18:20 | URL | [編集]

エビノートさん、こんばんは。
溜めすぎっすよねー。あれが無ければもっと好きになれるのに。
陽気な笑顔の裏に潜む、気の強さを感じてしまう。
深読みしすぎかな。。。

しんちゃん:2007/07/04(水) 18:26 | URL | [編集]

naruさん、こんばんは。
かなり結構なお値段ですよねー!
ちょっと怯むけど、やっぱ気になるよね。

しんちゃん:2007/07/04(水) 18:29 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
まったく同意見です。本屋の裏側はいいよね。
今回のサイン会の裏側は、特に面白かったっす。

しんちゃん:2007/07/04(水) 18:32 | URL | [編集]

まぁ、確かにミステリー物としてみると
ちょっとな~?って感じですけど、
それそ差し引いても
書店が舞台の物語として十分に楽しめました。
でも第1作には及びませんけど・・・。

す~さん:2007/07/04(水) 20:35 | URL | [編集]

たしかに短篇で本にまつわる日常の謎の方がしっくりきますね。
作者にとってはネタ探しが大変でしょうが、これだけ大量の書籍が出回っているのですから、きっと大丈夫と信じましょう。

たまねぎ:2007/07/05(木) 00:52 | URL | [編集]

す~さん、こんにちは。
1作目みたいに、もっとたくさん本が出て欲しかったです。
知ってる本が作中に出てくると、すごく嬉しいもんなー。

しんちゃん:2007/07/05(木) 16:24 | URL | [編集]

たまねぎさん、こんにちはー。
書店の裏側のネタは確かに心配っすね。
ミステリのネタには、初めから期待をしてませんが。。。

しんちゃん:2007/07/05(木) 16:27 | URL | [編集]

私も「サイン会~」では、ちょっとイライラしました。
でも、多絵ちゃん(というより作者?)なりの引っ張る理由があるんだろうなと思って、毎回我慢してます。
私は多絵ちゃんのひねくれ具合が好きですけどね(笑)。

次作はシリーズから外れるようなので、どんなのが来るか楽しみですね。

chiro:2007/07/24(火) 14:02 | URL | [編集]

chiroさん、こんにちは。
謎解き以外は多恵ちゃん好み♪
特に手つきがどんくさいとこなんか、めっちゃ可愛い。
多恵ちゃんはSの気があるんですかね。。。
自分もSだけど。何を言ってるんだ(汗)

しんちゃん:2007/07/24(火) 17:41 | URL | [編集]

こんにちは!
本屋さんの裏話が、おもしろいですね。
事件性のあるものより、本にまつわる謎を扱った作品の方が好感が持てます。
「フェリックスの手紙」のような本があることを知ることができたことは、この本を読んだ収穫です。

花:2007/08/10(金) 20:25 | URL | [編集]

花さん、おはよう♪
同じく本にまつわる謎の方が好きです。
「フェリックスの手紙」のように、もっと本を出して欲しいです。
1作目はもっと本が多かったのにね。原点に戻れ(笑)

しんちゃん:2007/08/11(土) 09:58 | URL | [編集]

確かに多恵ちゃんイラッときますよね。(笑)
分かってるなら言えよ~~~と。
サイン会はいかが?の密室のくだりが、ちょっと無理矢理というか納得がいかないのですが、このシリーズは、今後ミステリじゃなくても本屋の人間模様だけでも読みたいですね。

じゃじゃまま:2007/08/23(木) 12:07 | URL | [編集]

じゃじゃままさんもイラっときたね(笑)
無理というか豪腕ぶりが目立ちました。
暗号なんてありえないっすよ。

次は「片耳うさぎ」ですね。さて、どうでしょうか。。。

しんちゃん:2007/08/23(木) 16:41 | URL | [編集]

書店にまつわる話もおもしろいけれど、
「フェリックスの手紙」のように、本がらみの謎も
もっとあるとうれしいなと思います。
そして事件がらみのものよりも、日常の謎系の方が
いいかな・・。

june:2007/09/29(土) 23:59 | URL | [編集]

juneさんの言う通りだと思います。
日常の謎系で、しかも本がらみが読みたい。
「配達あかずきん」のようなアレっすよね。

しんちゃん:2007/09/30(日) 10:21 | URL | [編集]

こんにちは。
2作目も好きだったんですけど、この作品を読んだら「やっぱ短編がいい!」と思っちゃいました^^;
杏子さんや多絵ちゃんだけじゃなく、他の登場人物たちもしっかり描かれていて今後が楽しみになりました。
今度、本屋さんに行ったら「フェリックスの手紙」を探してみなくちゃ。でも、ちょっとお高いですねぇ;;;

すずな:2007/09/30(日) 15:16 | URL | [編集]

すずなさん、こんにちは。
人物を多く描くことによって、深みが増してましたね。
だけど作品自体は「配達あかずきん」の方が良かった。
もっと本をからめて欲しかったです。
「フェリックス」は高いよねえ。子供の本の値段とは思えない。

しんちゃん:2007/09/30(日) 16:05 | URL | [編集]

そうそう!多絵ちゃんひっぱりすぎですよね。ちょっとイライラしました。(苦笑)
『配達あかずきん』で出てきた『民子』にはまってしまった人なので、もっと色々素敵な本が作中にでてくると嬉しいんだけどな~『フェリックスの手紙』も気になっています・・・

板栗香:2008/01/25(金) 09:51 | URL | [編集]

板栗香さん
多恵ちゃんにはムキーーとなるよねぇ。
もっといろんな本が登場するとなお良いね。

しんちゃん:2008/01/25(金) 12:45 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

サイン会はいかが?*大崎梢


☆☆☆☆・ サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ大崎 梢 (2007/04)東京創元社 この商品の詳細を見る同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと・・・・・。(「取り

2007/07/03(火) 18:19 | +++ こんな一冊 +++

大崎梢『サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 』


短編五本を収録した本格書店ミステリ。

2007/07/03(火) 19:22 | 待ち合わせは本屋さんで

サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ 〔大崎 梢〕


サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ大崎 梢 東京創元社 2007-04売り上げランキング : 4246おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと…。「ファ....

2007/07/03(火) 19:33 | まったり読書日記

サイン会はいかが?成風堂書店事件メモ 大崎梢


東京創元社ミステリ・フロンティア。COVER PHOTO:(c)WONDER WARKZ。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。しっかり者の書店員・木下杏子と勘の鋭いアルバイト・西巻多絵が様々な謎に取り組む本格書店ミステリ、好評シリ

2007/07/03(火) 23:08 | 粋な提案

サイン会はいかが?  大崎梢


それでは成風堂シリーズの3作目、『サイン会はいかが?』です。再び舞台をホームグランドの成風堂書店に戻し、5本の短篇を収録しています。『取り寄せトラップ』ある時、同じ本の注文が4件ほど重なった。しかし残念ながら出版社に在庫が無いため取り寄せることは出....

2007/07/04(水) 22:44 | 今更なんですがの本の話

「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」大崎梢


「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」大崎 梢東京創元社2007-04勝手に評価:★★★★☆読書期間:4日 同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと……。「ファンの正体を見破れる店員のいる店でサイン会を開

2007/07/24(火) 14:55 | Chiro-address

本「サイン会はいかが?」


サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ大崎梢 成風堂書店事件第3弾。前回の長編よりも、成風堂書店が舞台の短編の方がしっくりくる。欲しい本がないときに行う取り寄せ業務、本屋泣かせの付録や販促物、サイン会の手順や裏側等、本屋さんの仕事が垣間見れ

2007/08/10(金) 20:19 | <花>の本と映画の感想

『サイン会はいかが?』大崎梢


シェアブログ1152に投稿大人気!!成風堂書店シリーズ第3弾!!成風堂には今日も忙しい業務の中、色々な怪事件・珍事件が待ち受ける…サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ東京創元社大崎 梢(著)発売日:2007-04おすすめ度:amazo

2007/08/13(月) 21:56 | 道草読書のススメ

サイン会はいかが? 大崎梢著。


「配達あかずきん」の頃の面白さですね! 第2作の長編は棚への愛着は伝わってきましたけど、ストーリー的にはどうだろ?だったのが、「サイン会はいかが?」は、またもや本好きのハートを鷲掴みですね。 まず、本好きは、取り置き、取り寄せや発売日ラッシュ、付録がどうと

2007/08/23(木) 12:05 | じゃじゃままブックレビュー

「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 」大崎梢


サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモシリーズ3冊目は短編集です。長編もおもしろかったけれど短編の方がさらりとテンポもよくて好きです。このシリーズを読んで思うのは、本屋さんの仕事って本当にたくさんあるんだなぁということです。本に付録を組むのも本屋さん...

2007/09/30(日) 00:00 | 本のある生活

サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ(大崎梢)


成風堂書店シリーズ3作目。前作の長編から短編集へ戻り、舞台も成風堂書店へ戻った。前作は、いまいち評判が宜しくなかったんだけど、私はそうでもなかったんだよね。でも、これを読んだら、「やっぱ成風堂書店がいいな~。短編がいいな~」と思っちゃいました。

2007/09/30(日) 15:11 | Bookworm

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ/大崎梢


読書期間:2007/10/7~2007/10/8若手ミステリ作家のちょっと変わった要望に、名乗りを上げた成風堂だが…。書店限定の名探偵、今日も密かに活躍中! 取り寄せ、付録など、書店にまつわる5つの謎を収録。すべての本好きに捧ぐ本格書店ミステリ第3弾。

2007/10/08(月) 21:59 | hibidoku~日々、読書~

「サイン会はいかが?」大崎梢


タイトル:サイン会はいかが?-成風堂書店事件メモ著者  :大崎梢出版社 :東京創元社読書期間:2007/08/24 - 2007/08/25お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚え

2007/10/16(火) 21:37 | AOCHAN-Blog

サイン会はいかが?<大崎梢>-(本:2008年10冊目)-


サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 出版社: 東京創元社 (2007/04) ISBN-10: 4488017398 評価:80点 (ネタバレあります) 成風堂書店シリーズ第3作目。 2作目の長編から、短編集に戻っている。 今の著者の筆力・構成力というところからは、短編集のほうが...

2008/01/14(月) 10:49 | デコ親父はいつも減量中

大崎梢  サイン会はいかが?


サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 大崎 梢 半年ほど?日本語の本から離れていたんですが、本書を読んでみてやっぱり自分は本が好きなんだなぁという事を再確認できたような気がします。 本屋さんの仕事って、このシリーズを読んできてだいぶ分かってきたように...

2008/01/25(金) 09:52 | マロンカフェ ~のんびり読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。