--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.05

「かなしみの場所」大島真寿美

かなしみの場所かなしみの場所
(2004/06)
大島 真寿美

商品詳細を見る

夫に寝言を聞かれて離婚をし、雑貨を作りながら生計を立て、実家で暮らす果那さん。寝言を気にして実家で寝れない果那さんは、雑貨の卸し先「梅屋」では熟睡できる。果那さんは、幼い頃に誘拐されました。しかし両親もあつ子伯母さんも口を閉ざして、誰も果那さんに詳しいことを教えてくれません。だけど果那さんは、私を誘拐したらしい「天使のおじさん」に、ほのかな温かみを感じていました。

登場人物たちにとても魅力がありました。まず果那さんのおっとりした雰囲気が良い。果那さんが出入りをしている「梅屋」で働くみなみちゃんは、しっかり者でやり手。果那さんとみなみちゃんの会話が、読んでいてほっこりさせてくれて、すごく和むのだ。父のとつぜん熱が冷める性格も良いし、母の父への対処の仕方もなんだか笑える。よくしゃべるあつ子伯母さんも、マレーシアに住む従兄の康平ちゃんも、とっても素敵。

果那さんの覚えていない過去の出来事が、少しずつ明かされるという展開で物語は進む。そこには派手なものはありませんが、懐かしいような甘ったるいようなものがあります。静かで、優しくて、温かくて、透明感のある、とっても素敵なお話でした。

果那さんが作った雑貨を、「梅屋」に行って見てみたい。見ると買っちゃうだろうな。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

大島真寿美
トラックバック(3)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

なんだか面白そう(^^)
チェックしとくぞー。

まる:2007/07/06(金) 01:37 | URL | [編集]

まるさん、ちゃーす。
この本だけでなく、大島さんはいいよー!
ぜひ、ぜひ。

しんちゃん:2007/07/06(金) 10:16 | URL | [編集]

この本もよかったけど、全部いいよね。
今『ふじこさん』読み終わったけど、うわぁーって感じ♪
あっちにちょっとだけ感想を。

あさと:2007/07/11(水) 21:34 | URL | [編集]

あさとさん、いらっしゃい!
あさとさんにどんどん先に行かれたなー。
ゆっくりだけど、追いかけていくよ。

しんちゃん:2007/07/12(木) 09:07 | URL | [編集]

大島さんのファンとなったきっかけの作品を、好きになったってことは分かってるんだけど、内容忘れちゃったので再読してみました。
うんうん、ファンになったの分かるな~、この不思議な空間。
梅屋で私は和菓子を食べたいかな。

じゃじゃまま:2008/04/22(火) 18:09 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
大島さんはこのまったりなところが魅力なのかも。
全然頑張らずに流されてるところが気持ちよかったりね。

しんちゃん:2008/04/22(火) 19:55 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『かなしみの場所』大島真寿美


かなしみの場所 大島真寿美/角川書店私は子供だった頃、誘拐されたことがあるらしい-。雑貨を作りながら淡々と日々をおくる果那、そして彼女をとりまく人々。それぞれの人生、それぞれの場所のいとおしさが静かに浮かびあがる物語。この読後感を何と表現したらいいのだろう

2007/08/08(水) 00:11 | ひなたでゆるり

「かなしみの場所」 大島真寿美


かなしみの場所(2004/06)大島 真寿美商品詳細を見る 私はほんの子供だった頃、誘拐されたことがあるらしい―。 雑貨をつくりながら静かな生活を...

2008/02/10(日) 00:10 | 読書日和

かなしみの場所 大島真寿美著。


≪★★★★≫ 最初に読んだのは3年くらい前?きっとあの当時なら五つ星だね。 これがきっかけで大島氏のファンになったんだもん。 免疫できちゃってたから四つ星でごめんね。でもきっかけだった作品なのに、忘れちゃってるから、もう一度再読してみました。 不思議な人

2008/04/22(火) 18:07 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。