--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.11

「マジカル・ドロップス」風野潮

マジカル・ドロップスマジカル・ドロップス
(2007/06)
風野 潮

商品詳細を見る

仲良しだった真由美が、そっとタイムカプセルに入れた40粒入りの缶入りドロップ。タイムカプセル内にあった思いでとドロップは、42歳になった菜穂子の元へ届いた。それは真由美が15歳という若さで亡くなり、彼女の身内の行方が分からないからだ。菜穂子は親友の美智と当時を懐かしみながら、真由美のドロップを食べてみることに。当時真由美が笑いながら命名した通り、ドロップは15歳に戻れる魔法の薬になっていた。


主人公の菜穂子は平凡な主婦で、旦那は仕事漬けで日曜日にも休日出勤をしている。長男の要は高2で、仲間の谷崎・吉田と一緒にバンド活動に夢中になっている。長女の茜は中3で、声をかけても返事をしないし、部屋でなにかをしているオタク。親友の美智は、アンティーク店を経営するやり手で、菜穂子の良き相談相手。

菜穂子と美智が15歳の姿になり、なんちゃって制服を着て、カラオケ大会に参加する。そこで二人は、かつて夢中になったピンクレディのUFOを振りつきで大熱唱をする。それを見た息子の要に、なんとバンドのボーカルへとスカウトされてしまうのだ。そして菜穂子は、15歳のナオとして息子のバンドに参加し、バンドコンテストを目指す。しかし15歳の姿でいられるドロップの効果は、2時間17分だけという制限付き。母であることを隠しながらもロックを楽しむ菜穂子だが、ドロップの数は減っていく。

簡単に言えばこんなお話です。平凡な主婦である菜穂子の、ほのぼのとした生活も良い。親と行動を共にするのを嫌う年代ですが、菜穂子は同世代になり息子と一緒に過ごす。そしてバンドに熱くなるナオが、とてもイキイキとして読んでいてすごく楽しいのだ。楽器を演奏する少年たちも、個性があって素敵です。無口な吉田くんがお気に入りでした。

息子の友達に好意を持たれて、嬉しいながらもあたふたするナオの姿も可愛らしかった。でも冷静に考えると、ほんとは42歳っすよね。うーん、微妙だが可愛いにしとくか。その後、初恋の相手だった真由美の兄に、ナオの姿で再会して心が揺れたりもする。42歳のお母さんには、ちょっと贅沢すぎるよなー。風野さんの願望が入っているのかな。なんて邪推してみたりもする。なんだか当っていそうな気がするよ。ふふっ。

「ビートキッズ」でもそうだったけど、風野さんの作品にはロックが溢れています。本書にも「QUEEN」「THE CLASH」「U2」など、ロックが出てきます。そしてライブシーンでは、熱さがバンバン伝わってくる。めちゃめちゃ熱いです。バンド物って大好きです。自分が元バンドマンだったから、余計に楽しめるんだよ。

ここに出てくる菜穂子さんは、きっかけはドロップだが、青春を2度体験します。年齢が40台になっても、もう一度青春をすることが出来るかは、本人の気持ち次第。自分さえやる気を出せば、年齢がいくつになっても熱くなれる。まずは一歩。そんなことを考えながらも、ロックに共鳴し、わくわくと読むことが出来ました。熱く興奮し、ちょっぴり甘くてキュンとくる。メルヘンでとても可愛い作品でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

風野潮
トラックバック(3)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

しんちゃん こんばんは。
これ読みました。
おっしゃるとおりカワイイお話でした♪
私はストレートに谷崎君がお気に入りです。
絶対風野さんの願望入ってると思うし!!(笑)
面白かったですね。

naru:2007/07/18(水) 20:39 | URL | [編集]

naruさん、こんにちは。
谷崎君は真直ぐすぎて眩しかった。
そう思うのは歳をとったからでしょうか(苦笑)
風野さんの描く少年たちって、熱くて爽やかですね。

しんちゃん:2007/07/19(木) 08:30 | URL | [編集]

読みました。ナオちゃんの可愛さと小悪魔ぶりにキュンキュンしちゃいました。いや、あくまで菜穂子じゃなくてナオちゃんですよ。
私はステージに立つって経験は無かったんで、スポットライトの気持ち良さとか、本番前の緊張を味わう事もなかったんですけど、音を合わせた瞬間のゾクゾクっとくる快感を思い出させてもらえました。久々にギターを引っ張り出したくなりましたよ。まずは弦を買ってこなくちゃ。

たまねぎ:2008/10/26(日) 00:42 | URL | [編集]

たまねぎさん
ナオちゃん、かわいかったですよね。
でもオバちゃんなんだよな~。
久々にギターを弾くと指が痛いのでご注意を。
あれほど硬かった皮膚がぷにぷになってますよ(笑)

しんちゃん:2008/10/26(日) 12:18 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

風野潮『ミックス・ドロップス』


ドロップ缶に書かれた『十五歳に戻れる魔法の薬。効き目は二時間十七分』あなたが15歳に戻ったら、何がしたいですか?

2007/07/18(水) 20:37 | 待ち合わせは本屋さんで

マジカル・ドロップス  風野潮


中学卒業の記念にクラス全員が思い出の品を詰めて埋めたタイムカプセル。真由美は二人で立った文化祭のステージの録音テープと一緒に、ひと缶のドロップを入れた。「十五歳に戻れる魔法の薬。効き目は二時間十七分」と書いた。三十年後、開封の時に皆でなめられたらいいな...

2008/10/26(日) 00:49 | 今更なんですがの本の話

マジカル・ドロップス  風野潮


マジカル・ドロップス/風野 潮 風野潮 光文社 2007 STORY: 中学卒業時のタイムカプセルに埋めた亡き友が残したドロップ。なめてみると、15歳の自分に戻ってしまう。ただし、効き目は2時間17分。 感想:  なめたら15歳に戻ることができる魔法のドロップ

2009/02/07(土) 11:46 | 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。