--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.12

「猫目狩り 上」橋本紡

猫目狩り〈上〉 / 橋本 紡

橋本さんを読み出してから、初めてライトノベルに手を出してみることにする。
ということで、まずはデビュー作を読んでみました。

21再起末、南米の科学者たちにより作り出された、「猫目」という新しい人種。
彼らは特殊な能力を持つため恐れられ、遺伝子戦争という世界規模の戦争が起こる。

戦争の爪あとが残る世界の中、リョウという少年は、ストリートで仲間たちと生きている。
そんなリョウの前にマリアという女性が現れ、圧倒的な力でリョウを連れ去ってしまう。
実はマリアは神経系を改造した猫目で、戦闘能力が通常の人間をはるかに超えていた。
マリアに拉致されたリョウは、行動を共にすることを約束させられ、二人は香港へ行く。
そこで偽りの現実を見せる能力を持ったメイリンを仲間にし、次はベトナムへと移動。
新たに情報処理能力を持つアン=ユンを仲間にするが、度々の襲撃にリョウの心は揺れる。
彼らを襲うのはジョシュアという猫目の男で、どやらマリアとは知り合いらしい。
しかしリョウは何も教えて貰えない。

下巻へ続く。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

橋本紡
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。