--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.13

「ぎぶそん」伊藤たかみ

ぎぶそん (teens’best selections)ぎぶそん (teens’best selections)
(2005/05)
伊藤 たかみ

商品詳細を見る

ロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズに惚れ込んだ、中学生の少年たち。ギター兼ボーカルのガク。ドラムスで紅一点のリリイ。彼ら二人の視線で物語は展開する。他のメンバーは、リードギターのかけると、ベースのマロ。彼らがバンドを通じて様々なことを経験していく青春小説です。

もっとバンドの熱さからくる熱気を想像していましたが、少し違った内容でした。ですが面白く読めたし、満足もしています。恋もベタ甘なもので、よだれが出るし。

ガクは、マロのお兄ちゃんマロニーにガンズを聞かされ、一発でKOされてしまう。そこで、ガク・マロ・リリイのバンドに、学校で一番ギターが上手い、かけるを誘う。かけるとマロの関係が上手くいかなかったり、ガクとかけるの仲の良さに嫉妬をする。これまでずっと一緒だったマロは拗ねるは、リリイはガクへの自分の思いに気づくはで、ガクとかけるの仲の良さに心を揺らす。喧嘩もあったりするが、メンバーという堅い絆が、彼らの心を結びつけるのだ。これはバンドを経験したものにしかわからないでしょう。メンバーだからという一種異様な結束が出来るのです。クラブ活動は近いかもね。

バンド自体はあまり上手くはありません。各パートが纏らずにてんでバラバラの一人相撲。これってすっごく分かるんだ。ペースを引っ張られたり、自分の演奏しか頭になかったり。経験者なので、もっとベースとドラムがしっかりしろ、と突っ込みながらも楽しめました。

ガクとリリイの二人の関係も、じれったくてムズムズするのが、すごく可愛かったです。あんな純な頃が懐かしくて、胸がきゅんとくる。ここでも早く言っちゃえと突っ込み。

ここで描かれているのは大阪のどこかです。これが自分と被る部分があって共感出来る。駄菓子屋に入り浸ってうまい棒を食べている。同じくメンタイ味が好きでしたよ。メローイエローという缶ジュースも飲んでたし、すっごくノスタルジーに浸れました。

読後も爽やかで清々しいし、彼らの今後もすごく気になります。だから続編を希望です。今度はもっとバンドモードを全開でね。


余談。
タイトルの「ぎぶそん」とは、ギター・メーカーのギブソン社のことです。ここではフライングVなんていう、ヘビメタなギターが出て来ています。個人的ですが、ギブソンのイメージは、やっぱレスポールになってしまう。ガクのギターはフェンダーのテレキャス。弾きやすいギターだけど、好みじゃない。まあ作品の評価に影響しませんが、自分とはセンスが違ったので一応書いてみた。普通の方は、面白ければなんだって良いのでしょうがね。


TBさせて貰いました。「Roko's Favorite Things」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤たかみ
トラックバック(5)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

バンドはやったことはないのですが、こういうバンドやろうぜ!って話は大好きです。
そしてまさに中学生!っていう世界もなんだか懐かしかったです。
二人の恋、じれったくてかわいかったですね。
お祭りも、バンドエイドに書いて・・なんてのも、
きゃーって感じでした。

june:2007/07/13(金) 20:59 | URL | [編集]

juneさん、バンドエイドはポイントが高かった!
お互いに好きな相手が知りたい描写では最高っすね。
それに二人ともフライングするあたりが可愛い。
あんなのもう体験出来ないですが、本で読めるからいいよね。

しんちゃん:2007/07/14(土) 09:06 | URL | [編集]

こんばんは!
確か、昭和から平成にという時期が舞台になってましたよね。
それで余計に懐かしいなぁ~という気持ちになれたのかもしれません。
とはいえ、バンド活動や仲間との繋がり、初々しい恋っていつの時代でも変わらない。
すごく共感できますよね♪

エビノート:2007/07/14(土) 21:32 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちは。
彼らと丁度年代が被っていたので、シンクロ出来ました。
毎日楽器を触っていたあの頃が懐かしいです。

しんちゃん:2007/07/15(日) 09:07 | URL | [編集]

しんちゃん☆こんばんは
「ガンズ命」のわたしにとって、サイコーの本でした。
スラッシュのギターは、フライングVとレスポールだから、「ぎぶそん」というタイトルは、とっても気に入りました。
じいちゃんが言ってた「ぎぶそん仲間」っていい言葉だなぁ~!

Roko:2008/04/22(火) 21:18 | URL | [編集]

Rokoさん、こんにちは。
ビートルズやエアロスミスではなくて、ガンズってところがいい。
パラダイス・シティ が一番好きな曲ですっ。カッコいいよね。
フライングVはボディがあんなだから弾きにくいんすよねー。
いくらマネでも子供が持つのはありえないよ。つうか怖い。

しんちゃん:2008/04/23(水) 13:36 | URL | [編集]

はじめまして。この作家さんの「ミカ!」という作品を読んで「お!」と思って他の作品を探していて、この本の作者だということを知り、どんな本か知りたくてここに来ました。
一度ブックオフで見かけて、ちょっと気になったから手にとって見たけど、やっぱり、ギブソンのフライングVをチョイスしてしまうセンスがどうも好きになれなくて敬遠していました。

しかし、この書評を読んで「ミカ!」も面白かったしバンド系青春小説は結構好きなので読んでみようと思いました。

ちなみに俺自身はギブソンだったらSGが一番好きです。持ってるのはフェンダーのマスタングだけど・・・

けんた:2009/05/30(土) 06:37 | URL | [編集]

けんたさん、はじめまして。
余計なお世話かもしれませんが、バンド系の作品を並べておきます。

「青春デンデケデケデケ」芦原すなお
「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」五十嵐貴久
「ROCKER」小野寺史宜
「マジカル・ドロップス」風野潮
「階段途中のビッグ・ノイズ」越谷オサム
「おれたちのD&S」須藤靖貴
「ROCK’N’ROLL SWINDLE」嶽本野ばら
「疾風ガール」誉田哲也

他にも読んでいると思いますが、今はこれだけしか思い出せません。
けんたさんの読書の参考になったなら、当方、嬉しく思います。

しんちゃん:2009/05/30(土) 22:11 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「ぎぶそん」伊藤たかみ


ぎぶそん「今日何読んだ?どうだった??」のまみみさんには、伊藤たかみさんつながりの「ミカ!」の話の中で、「まったり読書日記」のエビノートさんにはバンドつながりの「階段途中のビッグノイズ」の話の中で紹介していただきました。児童書なんですが侮るなかれ、こ....

2007/07/13(金) 20:59 | 本のある生活

ぎぶそん〔伊藤たかみ〕


ぎぶそん「どや、ガンズ・アンド・ローゼス、ええやろ?」ガクの熱意におしまくられて、4人のバンドの練習がはじまった―14歳、それぞれの音がはじけてひびく。(BOOKデータベースより)

2007/07/14(土) 21:25 | まったり読書日記

「ぎぶそん」 伊藤たかみ


ぎぶそんposted with 簡単リンクくん at 2005. 8. 8伊藤/たかみ〔著〕ポプラ社 (2005.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/07/14(土) 23:53 | 今日何読んだ?どうだった??

ぎぶそん  伊藤たかみ


みんなここでメンバーを紹介するわ。まずはドラムス リリィ続いてベース マロリードギター かける最後にボーカル&ギター おれ、ガクやところでガンズアンドローゼスってロックバンド知ってる?実はな俺たち四人がバンド組んだんはな憧れのガンズの曲を....

2007/07/15(日) 22:51 | 今更なんですがの本の話

「ぎぶそん」 伊藤たかみ著


―内容(「MARC」データベースより)―中2のガク、かける、マロ、リリィは、バカやったり喧嘩したり恋をしたり。そんな4人が、ガクの熱意に押されてバンド練習を始めて…。14歳、それぞれの音がはじけて響く!胸が痛くなるほど鮮やかでフレッシュな物語。―オススメ度― ★

2007/10/30(火) 22:05 | とにかく読書。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。