--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.14

「タンノイのエジンバラ」長嶋有

タンノイのエジンバラタンノイのエジンバラ
(2006/01)
長嶋 有

商品詳細を見る

「タンノイのエジンバラ」
男はたぶん知っているだろう隣に住む女性に、子供を1日預かるよう押し付けられる。男と風変わりな女の子の交流を描いた作品です。/ 女の子に気を使いながらも、ぶっきらぼうに相手をする男がすごくリアルでした。男は無職でいいかげんな生活を送っていますが、女の子に対してはちゃんとしろと言う。きつく言い過ぎたと反省したり、少し親切にしたりという、不安定な距離感が絶妙でした。

「夜のあぐら」
家族をばらばらにした父が死の目前にいる。姉、妹、弟、の三姉弟が長姉に引きずられる。父と住む愛人にだけは、家を引き取られたくないと長姉は意地になっているのだ。そして終いには、家に侵入し、権利書を金庫から盗もうとたくらむ。/ ちょっと姉の心理状態は異常だと思ったが、読み終えるとそうだったのかと納得した。中の妹はなんだか抜け殻みたいだが、けっこう好きでした。道楽弟は羨ましいかった。そして死にかけの父よ。おいおい、まだ他に愛人が居たのかよ。という感じ。

「バルセロナの印象」
失意の姉を元気づけるため、男は妻と一緒に姉を誘い、バルセロナを観光することに。女性陣のガウディだという元気を他所に、男はずっと疲れたまんま。/ これに関しては心が揺れませんでした。だってただの観光にしか思えないもん。たぶん自分の感性が鈍いのだろう。

「三十歳」
ピアノ講師の仕事を辞め、パチンコ店で景品係としてアルバイトをする、30歳の女性。そこで出会った同僚男性から、なれなれしく話しかけられるうちに関係を持ってしまう。/ これが一番好きでした。出てくる人たちのダメさに、ぐぐっと共感してしまったのだ。自分はダメ人間のお話に弱いです。すぐに好きモードに入ってしまってテンションアップ。それにマニアックなこだわりなんてあったら即撃沈をしてしまう。まさにこの作品です。小さな部屋をグランドピアノが占領している風景なんて、想像するだけで堪らない。しかもピアノの下に敷いた布団はピアノの足でよれている。なんてセンスがすごいのだ。こういうセンスの良い表現に出会うと、盲目にその作家を追いたくなってしまう。とにかく、めちゃめちゃ好きな作品でした。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

長嶋有
トラックバック(2)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

タンノイのエジンバラ  長嶋 有


タンノイのエジンバラ長嶋 有 262 ★★★☆☆ 【タンノイのエジンバラ】 長嶋 有 著  文藝春秋 《長嶋有という作家は、読むと何か温かい気がする》 内容(「BOOK」データベースより)隣家の女の子を押しつけられたり、実家の金庫を盗みに行くはめになったり。人

2007/07/14(土) 20:59 | モンガの独り言 読書日記通信

長嶋有 「タンノイのエジンバラ」


隣の家の娘を突然預かることになったニートの独身男。

2010/10/01(金) 22:02 | ゼロから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。