--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.16

「セカンド・サイト」中野順一

セカンド・サイト (文春文庫)セカンド・サイト (文春文庫)
(2006/04)
中野 順一

商品詳細を見る

キャバクラのボーイ・タクトは、ナンバーワンのエリカにストーカー退治を頼まれる。
エリカをストーカーしていたのは大倉という男で、店のかつての常連客だった。
一方、店の新人・花梨にある雰囲気を感じたタクトは、彼女に対して注意を向ける。
その結果、花梨には他人の近未来を知る不思議な力が備わっているのを、タクトは知る。
その後、ストーカー問題は解決したはずなのに、エリカは何者かに殺害されてしまう。
タクトは独自の調査を進めると、そこには夢丸というドラッグと、中国人マフィアの姿が。


主人公のタクトはフリーターで、いたって普通の青年。特徴というものがほとんど無い。
かつてピアノ奏者として有名だったとあるが、最後に活かされるが、それ以外は埋没。
真面目に働いているし、女性受けも満更ではない。しかし魅力というものが感じられない。

タクトの友達のアキラには魅力があったが、彼の登場場面が極度に低いのが残念だった。
何故、アキラをもっと絡ませなかったのだろう。もっと面白くなるだろうに勿体無い。

出てくるキャバ嬢にしても、上手く描けていたとは思えない。引き立つものが無いのだ。
花梨など、タクトと面白くなりそうだと思いだしたら、即刻フェイドアウトをしてしまう。
エリカや梓、久美にママと、出てくる人数は多いが、影の薄さが否めないのが残念。
予知能力にしても、あやふやに使われるだけで、ストーリーのキーになりきれていない。

しかし作品自体は、ミステリ、サスペンス、ハードボイルド、とそんなに悪くは無い。
文章も簡潔で読みやすいし、世界観も溶け込みやすくて、普通に楽しむことが出来る。
それだけに人物の薄さが勿体無くて、イマイチ褒めきれないのが悔やまれてしまう。

サントリーミステリー大賞受賞作ですが、少し小粒であと少しという作品でした。
こういう世界を描くのなら、もう少しどろっとしていても良かったのかもしれない。
タクトにしろ、ストーリーにしろ、あまりにも爽やかで清々しすぎるのは不自然だった。
でも読み始めると、止まらなくなったという事実も、ここに残しておきます。惜しい。


TBさせてもらいました。「今日何読んだ?どうだった??」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

自分が楽しめなかった作品を同じく楽しめなかった人をみつけるとほっとします。逆におもしろく読めた人の感想もとても興味深いんですけどね。
なんか賞とったわりに微妙でしたよね……「ロンド・カプリチオーソ」はおもしろいんでしょうか?これからしんちゃんの感想読んできます!

まみみ:2008/02/17(日) 21:01 | URL | [編集]

まみみさん
これは微妙でしたね。二冊目のネットゲームも微妙。
そして続編はこれよかマシだけど、終わり方が…。

しんちゃん:2008/02/18(月) 12:06 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

(書評)セカンド・サイト


著者:中野順一 セカンド・サイト (文春文庫)(2006/04)中野 順一商品詳細を見る 新宿のキャバクラで働くボーイ・タクトは、入ったばかりの新...

2008/06/05(木) 21:58 | 新・たこの感想文

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。