--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.16

「カワセミの森で」芦原すなお

カワセミの森で (ミステリーYA!)カワセミの森で (ミステリーYA!)
(2007/05)
芦原 すなお

商品詳細を見る

「山桃寺まえみち」では大学生だった桑山ミラ。本書はミラが高校生だった頃のお話です。お嬢様学校に通って、陸上部で走ることを楽しむミラの前に、転校生がやってくる。深山サギリ。スポーツ万能で深山財閥のご令嬢という女の子だ。彼女は本物のお嬢様。しかし、時には乱心し、暴力的になってしまう一面を持っていた。

そんな彼女から、夏休みの8月いっぴから、サギリの家族が持つ別荘へと招待されるミラ。ミラはサギリたちと一緒に別荘へ行くと、そこにはたくさんの人物がすでに集まっていた。サギリの父である臀一郎、まま母の弐子、祖母の宵さん、秘書の添木、執事の裏原、家庭教師の引江、小説家の高塔、別荘管理人、料理長、メイド、などなど。そして突如参加が決まったリンと、ミラとサギリたちは、そこへあらたに加わった。そして続々と殺人事件が起こるという、惨劇に襲われることになる。

中々物語が進まないと思われる方が多々いるでしょうが、これが芦原さんの味なのだ。他作品でも、すぐに話が脱線し横道へと外れて、違う話へと移行していく。これが普通。でもそこにはユーモアがあって、にこにこと楽しめるのが芦原作品の特徴なのだ。それが著しく現れているのが本書ということだけ。好き嫌いが別れるのかな。

会話の楽しさであったり、言葉のチョイスがとてもセンスがあり、くすくすと笑える。こういう特殊な引き出しをいっぱい持った作家さんは大好きです。実際に少ないからね。ミラの親父っぽいしゃべりにも愛嬌があるし、物の考え方もすごく面白い。絶品ですね。

前半から中盤までは、親父なミラちゃんが楽しめるという、お話が展開されています。そして中盤からは殺人事件へと移行していく。2つの連作だと思って構わないでしょう。

読み終えてから思い出しましたが、この本ってミステリーYA!でしたよね。若い方を対象にした本で、あの殺害の見立ては理解されないと思うんだけど、どうなんだ?まあ原典を知らなくても読めるとは思いますが、そこは引っかかってしまいました。

でもミラちゃんの思考・言動が笑えたから、そんなのはうっちゃっておこう。にやり。また再開出来るとは思ってなかったので、ミラにもう一度会えただけですべてを許す。でもこれで続編が出る可能性はかなり上がったのは間違いない。むふふ。ぐふふ。

個人的ですが、思い入れがある作品の続編だったので、すっごく嬉しかったです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

芦原すなお
トラックバック(2)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

ミラちゃん、いいですよね。
気に入ったのじゃ。
>中々物語が進まないと思われる方が多々いるでしょうが、これが芦原さんの味なのだ。
そうなんですか?
私は好きでした。
って事はやっぱり芦原さんの本、もっと読まなきゃですね。

なな:2007/12/14(金) 22:06 | URL | [編集]

ななさん、ミラちゃん可愛いよね。

芦原さんの特徴だと思うのですが、寄り道がすごく多い。
その寄り道がすごく楽しいんだな。
もっともっと読まなきゃです。お互いに。

しんちゃん:2007/12/15(土) 12:35 | URL | [編集]

こんばんわ☆

芦原さんの作品はまだ2冊目ですが、登場人物がみんな魅力的ですね♪
ミラちゃんの語り口には初っ端からニヤリとさせられ…話がどんどん脇にそれていってる時にも「ミラちゃん、主題からそれてるよ」と内心突っ込みつつ、でもその脇の話も楽しいからもっと語って、なんて思ったり…。
気がつけばすっかりは間ってました。

この作品には前作があったんですね。知りませんでした。
『山桃寺まえみち』、こんど探してきます!

マメリ:2007/12/26(水) 01:57 | URL | [編集]

マメリさん、こんにちは。
芦原さんはいいよね。だけど読んでる方が少なくないですか。
そういう自分もまだ5冊しか読んでない。
今後もっと読んでいきたい作家さんですね。

そう、これがミラちゃんの二冊目なの。

しんちゃん:2007/12/26(水) 12:20 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「カワセミの森で」芦原すなお


カワセミの森で (ミステリーYA!) 芦原 すなお JUGEMテーマ:読書 芦原さんの小説「青春デンデケデケデケ」が気になっていたんだけど、なかなか読む機会に恵まれず初読みです。面白い!主人公ミラちゃんは「山桃寺まえみち」にも登場するらしいのでぜひ読まなきゃで...

2007/12/14(金) 22:07 | ナナメモ

『カワセミの森で』 芦原 すなお


英腺女子高等学校2年生の陸上部員、桑山ミラ。 ある日、お嬢様学校の聖ベロニカ女子高校から転校生がやって来た。陸上の短距離走者でインターハイレベルの深山サギリだ。 サギリは転向早々、ミラと友達になりたいと積極的にアピールしてきた。 なんやかやと仲良くなっ...

2007/12/26(水) 01:51 | お菓子を片手に、日向で読書♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。