--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.17

「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet
(2007/03)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

山田なぎさは中学生。父を亡くし、母のパートの収入と生活保護で生活をしている。だから、なぎさの欲しいのは実弾。生活に打ち込む、本物の力。一言でいえばお金。そんな彼女の前に、不思議な転校生がやって来る。有名人の父を持つ、海野藻屑。持ち物はブランド物で、買い物はゴールドカードを使うが、嘘ばかりつく少女。二人の対比した少女の奇妙な友情を描いたお話です。


なぎさには、三年前からひきこもりただの傍観者として生きている友彦という兄がいる。家のことを全てするなぎさは、兄を養育していこうと、卒業後には自衛隊を希望している。これまで自分は不幸だ、かわいそうだ、と思うことで、自分を支えていたなぎさ。

一方の藻屑が撃つのは、砂糖菓子の弾丸。自分は人魚だと言ったりする空想的な弾丸だ。注目を集めようと足をひきずったり、都合が悪ければ人の話を聞こえないフリをする。しかし読んで貰えれば分かると思うが、それらは周りの勝手な思い込みだった。

自分が不幸だというのを支えにしてきたなぎさだが、藻屑はもっと不幸だったと知る。そこで二人は結びつくのだが、本書の冒頭で描かれている結末を迎えてしまう。

藻屑の不安定な精神には居心地の悪さを覚えるが、何故か読むことを止められない。父から暴力を受けるが、好きだと言い切る藻屑。嘘を重ねて気に入られようとする姿。それらは、彼女が精神の安定を保つためにとってしまう自己肯定の表れで、すごく痛い。その裏にあるのは、大人の世界では子供は何も変えられない、というもどかしさ。

はっきり言って本書の内容は黒いです。救いのない終わり方であまりにも残酷です。なぎさと友彦の兄妹には開放というか救いはありますが、藻屑がとても可哀想です。ですが読んで良かった。上手く言葉に出来ませんがすごく良かった。

文庫本から単行本化という異例な販売方法に、商業主義なニオイがして嫌悪感を覚えた。ですが単行本になったからこそ、自分のように手に取る読者も増えるだろう。まあ、たまたま図書館ですぐに借りられる状態だっただけですが、それでも良かった。少しでも多くの方に読んで欲しいな。そう思える一冊でした。

ますます桜庭一樹さんが好きになりました。今後も要チェックです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

桜庭一樹
トラックバック(9)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

こんばんは!
少女二人が対照的でしたが、方法は違っても生きぬこうとする姿は同じだなぁと思いました。
それだけに哀しいですね。

エビノート:2007/07/17(火) 22:06 | URL | [編集]

ハードカバーは素敵な装丁ですね。
私はこれ文庫で読んでます。
タイトルと表紙のギャップが気になる作品でしたの。
読んだら中身とのギャップの方がすごかったけど‥。
絵として好きでしたけど、ちょっと損をしてるかもと思ってましからハードカバー化は結構賛成(笑)。
痛いという感覚がひしひしと伝わる物語が、もうちょっと多くの人の手にされると思うし…。

むつぞー:2007/07/18(水) 13:52 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちは。
痛い、酷い、残酷、と暗い感情しか浮かばない。
ですがこんなの好きです。何故だろう。。。

しんちゃん:2007/07/18(水) 15:42 | URL | [編集]

むつぞーさん、文庫版の画像を見ました。
これは恥ずかしくて買えません!!
すごい表紙ですねー。えっちすぎる(汗)

しんちゃん:2007/07/18(水) 15:46 | URL | [編集]

こんにちは。
生々しく、痛々しいお話でしたね。
ラストが変わってくれないかな・・・と、願いながら読みました。

すずな:2007/08/16(木) 11:40 | URL | [編集]

すずなさん、こんにちは。
確かに痛かったです。だけど、桜庭さんはこんなのばっか。
いつのまにか免疫力がついちゃいました(笑)
ラストは冒頭1ページ目があれだもんねえ。

しんちゃん:2007/08/16(木) 13:03 | URL | [編集]

 痛くて、もどかしくて、哀しい物語。
 でも、読んでよかったって私も思いました。
 根底に桜庭さんの優しい気持ちがあるのが感じられて、
 そこがよかったのかなぁと思います。
 ほかの本も読んでいきたいです。

miyukichi:2007/09/22(土) 00:53 | URL | [編集]

miyukichiさん、痛かったですね。
あの桜庭さんのお顔からは想像出来ない作品ばかり。
美人は怖いってことですかね(笑)

しんちゃん:2007/09/22(土) 08:53 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 〔桜庭 一樹〕


砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet桜庭 一樹 富士見書房 2007-03売り上げランキング : 162084おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫桜庭一樹の原点、青春暗黒ミステリーが単行本化!どこにも行く場所がなく、そしてどこかに逃げたい...

2007/07/17(火) 21:53 | まったり読書日記

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹


装丁・装画は大路浩実(左側)。書き下ろし。2004年11月刊行の富士見ミステリー文庫(右側)を単行本化。主人公で語り手の山田なぎさは鳥取の片田舎に暮らす女子中学生。父は他界し、母のパート代でやっとの暮らし。早く卒

2007/07/19(木) 12:18 | 粋な提案

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(桜庭一樹)


最初に、思いっきりネタバレしてるっていうか、ラストが書いてあるんだよね。で、そのラストに向かって粛々と物語が進んでいく・・・という感じでした。最初にラストが書いてあっても、途中までは「何のことやら?」って意味不明なことも多いんだけど、これはもうね、「こう

2007/08/16(木) 11:40 | Bookworm

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet/桜庭一樹 [Book]


 桜庭一樹:著 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet』 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet桜庭 一樹富士見書房このアイテムの詳細を見る 先日桜庭さんの 『少女には向かない職業』 を読んだときにも感じたんですが、 桜庭さん

2007/09/22(土) 00:48 | miyukichin’mu*me*mo*

「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet」桜庭一樹


砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet 桜庭 一樹 桜庭一樹の原点、青春暗黒ミステリーが単行本化! どこにも行く場所がなく、そしてどこかに逃げたいと思っていた。そんな13歳の二人の少女が出会った。リアリストの山田なぎさと不思議系転校生の

2008/02/02(土) 00:05 | scribble

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない-桜庭 一樹


砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)(2004/11)桜庭 一樹、むー 他商品詳細を見る 中学生の山田なぎさは、中学を出たら自衛隊に...

2008/02/22(金) 08:22 | 趣味は読書(自称)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹著。


≪★★≫ 引きこもりの兄を抱え、女手一つで育ててくれる母。こんな生活をどうにかしたくて、13歳のなぎさは、生きるための実弾を欲している。 そんななぎさのクラスに、言動は意味不明で、全身に痣があって、足を引きずって歩く美少女転校生がやって来た。 彼女の名前は…

2010/10/25(月) 23:22 | じゃじゃままブックレビュー

桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』について


――見事に『現実』を描写したライトノベル―― ■「子供の無力感」を描き切ったミステリー 直木賞作家・桜庭一樹が注目されるきっかけとなった 本書・『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』であるが、 当初この作品は 富士見ミステリー文庫という ライトノベルの文...

2012/03/02(金) 11:30 | 酒井徹の日々改善

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない


 異形を抱えた少女を描かせたら並ぶものがない桜庭一樹の「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」(角川書店)。最高に衝撃的な作品の一つだ。  主人公は、山田なぎさという鳥取 ...

2012/03/03(土) 07:56 | 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。