--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.19

「ある閉ざされた雪の山荘で」東野圭吾

ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)
(1996/01)
東野 圭吾

商品詳細を見る

劇団「水滸」のオーディションに合格した7人の男女が、ペンションに召集される。彼らを待ち受けていたのは、創作殺人事件の舞台稽古をしろという、演出家の手紙。最初は芝居作りと楽しくしていたのが、被害者役として、やがてひとり、ふたりと、仲間の姿が次々と消えていくうちに、芝居か本当の事件かと疑心暗鬼に落ちていく。演出家の命令で、実際には外との連絡は可能なものの、それをすれば失格となってしまう。もちろん電話も繋がっているが、かければ当然失格で、不安の中、身動きが取れない彼ら。

登場人物を紹介しておきましょう。笠原温子、元村由梨江、中西貴子、の女性組3人。雨宮京介、田所義雄、本多雄一、久我和幸、の男性4人。

ストーリーが進む中、時おり久我の独白が入ります。これがすごく個性的で滑稽。自分のことは自信満々で、他の面々を独自に判断し、優越に浸ったりしているおバカ。田所のことを心の中で見下げて馬鹿にし、由梨江とどうにかなろうと奮闘をしている。彼が探偵役となってストーリーは展開をしていきます。

ここまではスムーズに書けましたが、ここからが腰が引けてしまうのは毎度のこと。ミステリーの感想だからネタバレに気をつかいすぎて、どこまでOKなのか悩むのだ。面白かったで終わったらやっぱ不味いよな。うーん。うーーーん。どうしよう?

この作品の謎の結末にはやられました。まさかあんな構成だなんて思いもしなかった。ある特定の作家を思い出して、一人でニヤリ笑いをしてしまった。作家名はないしょ。それに読後にくる余韻が、他の本格物とはまったく違った物で、中々やってくれています。これ以上はいえません。あしからず。少し趣向の違った本格が楽しめる作品でした。上手い!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

東野圭吾
トラックバック(2)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

東野圭吾『ある閉ざされた雪の山荘で』


ある閉ざされた雪の山荘で講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『ある閉ざされた雪の山荘で』を紹介します。オーディションに合格した男女7名が雪の山荘に閉じこめられたという設定で舞台稽古が始まるということだ。これもある意味において、クローズドサー

2009/02/17(火) 21:05 | itchy1976の日記

◎読書記録◎ 「ある閉ざされた雪の山荘で」 東野圭吾


1度限りの大トリック! たった1度の大トリック!劇中の殺人は真実か? 俳優志願の男女7人、殺人劇の恐怖の結末。

2010/09/11(土) 20:25 | The 近況報告!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。