--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.25

「風が強く吹いている」三浦しをん

風が強く吹いている風が強く吹いている
(2006/09/21)
三浦 しをん

商品詳細を見る

寛政大学そばにある竹青荘というおんぼろアパートは、実は寛政陸上部の合宿所であった。なにも知らない学生たち9人が住む竹青荘だが、ハイジはついに10人目の入居者を見つけた。銭湯からの帰り道に、万引き犯を追いかけ、その走る姿に一目惚れ。走(カケル)だった。ハイジは皆を集めて、この10人で箱根駅伝を目指す!と宣言した。

いきなりネタバレしますが、ほとんど未経験者という彼らが、箱根駅伝を走っちゃいます。まあ表紙の絵がバレバレですから、書いてもいいでしょう。陸上をしている方にすれば、そんなアホなというお話だろう。ですが面白いから許す。

まず10人という大人数な登場人物を紹介しておこう。順番は適当です。清瀬灰二、ハイジ。経験者。住人たちを巧み操り、メンバーたちを纏める言いだしっぺ。蔵原走、カケル。天性の才を持つ長距離走者。過去に問題を起こし、表に出たがらない。岩倉雪彦、ユキ。司法試験にすでに合格した知性派。理論・統計と独自の枠で行動する。平田彰彦、ニコチャン。元経験者だが、今ではヘビースモーカー。大学5年生で最年長。城太郎・次郎の双子。ジョータ・ジョージ。見た目そっくりな陽気で能天気な双子。坂口洋平、キング。テレビのクイズ番組マニア。クイズ王だからあだ名はキング。ムサ・カマラ、ムサ。外国人だから走るのが速いわけでは無いという、ただの国費留学生。柏崎茜、王子。マンガオタクで運動音痴。漫画で埋まった部屋に住む。美顔の持ち主。杉山高志、神童。帰省するのに二日かかる山奥の村出身。山道には強いが方向音痴。

ハイジとカケル以外は、素質はあるものの素人ばかり。そんな彼らが一から陸上を始める。初めは纏りのない彼らだが、ハイジの的確な指導や、自身で走るのが楽しくなっていく。そんな姿は読んでいてすごく楽しいし、やっぱありえないと突っ込みたくもなる。でもね。彼らの頑張る姿が、どこかお間抜けで可愛らしくて、読む事を止めることが出来なかった。個人的には、ニコチャンが禁煙のイライラから作り続ける禁煙人形がニヤリでした。一番のお気に入りもニコチャンでした。たぶん少数派だとは思うけど。

陸上にはあまり興味がありませんが、伯父さんが陸上の審判をしているのでたまに見る。伯父さんのツテで、うちのオカンが大阪国際女子マラソンの沿道整理をしたりもする。それに大きな大会が行われる長居競技場の、入場チケットを貰えるという環境でもある。しかし自分はノータッチ。勿体無いんですかねー。興味がないのでよく分かりませんが。ですが来年の箱根駅伝は見るかもしれない。たぶん見るでしょう。

ここで描かれた彼らの人間ドラマにじーんとくるんだから、本物はもっと心にくるだろう。この本を読んで同じ気持ちになった方は多いと思う。そんな影響力を持った作品でした。駅伝シーンでの個別な思いはグっときました。仲間で繋ぐ襷の重みもじわっと心に浸みる。ラストも見え見えですが、やっぱり感動してしまった。泣きはしませんでしたが。

男の意見としては、女性がもっと出て来て欲しかったです。1人って少なすぎですよね。女性の方には、男たちが10人もいて選り取りでしょうが、そこが残念といえば残念。ですがめちゃめちゃ面白かったです。最高!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

三浦しをん
トラックバック(15)  コメント(18) 

Next |  Back

comments

わたしも走ることにはまったく縁遠いので
箱根駅伝もいままでは、夫が観ているからなんとなく観ているという程度でした。
それが今年のお正月は、自分からテレビをつけて見入ってしまいました。

有り得ない設定だからこそ普段陸上と関係なく過ごしている人たちをも惹きつけたのかもしれませんね。

ふらっと:2007/07/25(水) 18:24 | URL | [編集]

しんちゃん こんばんは。
面白かったですよね!!
泣いたり笑ったり大忙しでした(笑)
去年これ読んで箱根駅伝ファンになりました。
あっ...ニコチャンの禁煙人形欲しい。

naru:2007/07/25(水) 18:48 | URL | [編集]

しんちゃんがこの本を読んでいなかったのは意外でした。
おもしろかったですよね。
箱根駅伝は、毎年、往路復路とも沿道で応援しています。家から3分ほどのところがコースになっているので。
大学の名前が、パロディってあるのが楽しかったです。

くまま:2007/07/25(水) 23:17 | URL | [編集]

こんばんは!
いつもはなんとな~く眺めているだけの「箱根駅伝」
この本を読んで、今年のは夢中になって観戦しました!
来年のは予選会から見れたら良いなぁ~と思ってます。

エビノート:2007/07/25(水) 23:26 | URL | [編集]

しんちゃん☆こんばんは
予選会が今から楽しみです!
そして、8月6日の富士山登山駅伝も面白いですよ!

Roko:2007/07/26(木) 00:13 | URL | [編集]

ふらっとさんの言う通りですね。
陸上に関係なく過ごしているから、過剰に惹かれる。
「一瞬の風」を読んだあともそうだった。
今年は世界陸上が大阪であるので盛り上がるぞっ!

しんちゃん:2007/07/26(木) 08:35 | URL | [編集]

naruさん、すごく面白かったねー!
駅伝メンバーそれぞれの走る姿に感動しました。
やっぱスポーツものは爽やかでいいね。

しんちゃん:2007/07/26(木) 08:40 | URL | [編集]

くままさんはご近所だから、この本は格別でしょうね。
また来年もクーちゃんと見に行くのかな(笑)

しんちゃん:2007/07/26(木) 08:43 | URL | [編集]

エビノートさんみたいに来年はなりそう。
真逆の季節に読んだので、箱根駅伝を待つのが長い!
やっぱ直前に読むべきですよね。。。

しんちゃん:2007/07/26(木) 08:46 | URL | [編集]

Rokoさん、富士山は見たことあります。
あれの下りはすごいですね。恐怖です。
とてもあれは走れそうにない。超人ですね。

しんちゃん:2007/07/26(木) 08:49 | URL | [編集]

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました^^

 ありえないマンガ的展開でしたが、
 なんかどんどん引き込まれますよねー。
 すっごいおもしろかったし、
 すっごい泣きました!(笑)
 サイコーですよねっ!

 長居競技場といえば、もうすぐ世界陸上ですねー。
 
 来年の箱根駅伝は私も絶対見ます!!^^

miyukichi:2007/07/26(木) 21:30 | URL | [編集]

こんばんは~。私も読んだよー。めちゃ面白かった!!
箱根駅伝、テレビで見るの楽しみになったもん(^^)

まる:2007/07/26(木) 21:32 | URL | [編集]

miyukichiさん、おはよ。
おお、泣けるっていいよね。感性が若いのかな。

世界陸上はすごく身近に感じてます。
盛り上がるといいなー!

しんちゃん:2007/07/27(金) 09:47 | URL | [編集]

まるさん、めちゃめちゃ面白かったね!
やっぱ箱根駅伝は見たくなる。

この本が文庫化したら、絶対買うよね。
たぶんまるさんも(笑)

しんちゃん:2007/07/27(金) 09:50 | URL | [編集]

こんばんわ。
こんなに面白いとは思わなくて、今頃読みました(笑)
マラソンとか、駅伝とか、あまり見ないんですよ。
ちょっとだけ読んで寝ようと思っていたのに、朝まで読み倒しました。
ニコちゃん、いいですね~。大人の魅力♪

ia.:2007/12/27(木) 00:47 | URL | [編集]

ia.さん、こんばんは。
おーー!絶好のタイミングで読みましたね。
これで興味が持てた箱根がもうすぐ見れる。
来年早々の箱根駅伝は感情移入できるかも。

しんちゃん:2007/12/27(木) 21:14 | URL | [編集]

しんちゃんさん、こんにちは!

文庫化されたら読もうと思っていたのですが、ようやく読みました。

すごく面白かったです。
もっと早く読んでおけばよかったです~。

私は、涙腺がゆるいので、駅伝シーンはほとんど泣いてました(笑)

ちなみにお気に入りは、神童です^^

みらくる:2009/12/17(木) 13:18 | URL | [編集]

みらくるさん、こんばんは。
いいですよねー! 図書館で借りて読み、その面白さに単行本を買っちゃいました。
本書を読むと、新年早々の箱根の観かたが違ってきて、ずっずっと楽しみが増しますよ。

しんちゃん:2009/12/17(木) 22:14 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

風が強く吹いている*三浦しをん


☆☆☆☆・ 風が強く吹いている三浦 しをん (2006/09/21)新潮社 この商品の詳細を見る箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけて

2007/07/25(水) 18:25 | +++ こんな一冊 +++

三浦しをん「風が強く吹いている」


走りはじめるのを、走り終えて帰ってくるのを、いつまでも、いつまでも待っていてくれる仲間がいる。駅伝とはそういう競技だ。たった十人で、それぞれの頂点をめざす。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげたこの作品。はたして夢は再生するのか。

2007/07/25(水) 18:46 | 待ち合わせは本屋さんで

「風が強く吹いている」三浦しをん


風が強く吹いている三浦 しをん寛政大学4年の清瀬灰二は肌寒い三月、すばらしい「走り」で万引きしたお店から逃げていく蔵原走に出くわし、自転車で追いかける。運命の人に出会ったのだ。スポーツの秋です!体力の全くない私。子供の運動会のビデオを撮る為に歩いてるだけ

2007/07/25(水) 22:31 | ナナメモ

風が強く吹いている  三浦 しをん


風が強く吹いている三浦 しをん 278 ★★★★★ 【風が強く吹いている】 三浦 しをん 著  新潮社 《テレビで見る箱根駅伝より300倍の感動をもらえます!》 内容(「BOOK」データベースより)箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら

2007/07/25(水) 22:38 | モンガの独り言 読書日記通信

風が強く吹いている 〔三浦しをん〕


風が強く吹いている≪内容≫箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝....

2007/07/25(水) 23:18 | まったり読書日記

風が強く吹いている 三浦しをん


装画・挿画は山口晃。装幀は新潮社装幀室。寛政大学四年生、清瀬灰二は銭湯からの帰り道、万引きした男の走りに目を奪われ、自転車で追跡。無一文の万引き犯で、四月から後輩になる蔵原走(カケル)に自分が住んでいるアパート、

2007/07/25(水) 23:41 | 粋な提案

『風が強く吹いている』 三浦しをん


風が強く吹いているposted with amazlet on 07.01.2

2007/07/26(木) 00:09 | ついてる日記?

『風が強く吹いている』三浦しをん


風が強く吹いている三浦 しをん 2006年 新潮社 P.508★★★★★一人ではない。走り出すまでは。走りはじめるのを、走り終えて帰ってくるのを、いつでも、いつまでも、待っていてくれる仲間がいる。駅伝とは、そういう競技だ。家賃がたったの三万円、大学からは歩

2007/07/26(木) 00:58 | ほんだらけ

風が強く吹いている/三浦しをん [Book]


 三浦しをん:著 『風が強く吹いている』 風が強く吹いている新潮社このアイテムの詳細を見る こないだ読んだのはエッセイだったので、 小説としてはこれが初のしをんさんの作品でした。  いい、いい、とは聞いていたので かなり期待して読んだんですけど、 期待に

2007/07/26(木) 21:26 | miyukichin’mu*me*mo*

『風が強く吹いている』三浦しをん


風が強く吹いている 三浦しをん/新潮社奇跡のような出会いから、清瀬灰二と蔵原走は無謀にも陸上とかけ離れていた者たちと箱根駅伝に挑む。それぞれの「頂上」めざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた、超ストレートな青春小説。 何かもうあ

2007/07/30(月) 14:46 | ひなたでゆるり

風が強く吹いている/三浦しをん


ページをめくる手が止まらなくなってしまった。大学の陸上部が物語の舞台。陸上経験者が数人しかいないチームが一丸となって箱根駅伝を目指すというお話です。寛政大学のボロアパートに住む個性豊かなユーモア溢れる10人のメンバー。リーダー・ハイジの駅伝に賭ける熱意・真

2007/08/05(日) 16:29 | ゆめcafe

風が強く吹いている/三浦しをん


読書期間:2007/10/27~2007/10/28奇跡のような出会いから、清瀬灰二と蔵原走は無謀にも陸上とかけ離れていた者たちと箱根駅伝に挑む。それぞれの「頂上」めざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた、超ストレートな青春小説。

2007/11/03(土) 14:01 | hibidoku~日々、読書~

風が強く吹いている


著者:三浦 しをん 出版社:新潮社 紹介文: 駅伝には興味がなくて、箱根駅伝も見たことがなかったのですが、こんなにドラマチックで面白いものだったんですね。 これは箱根駅伝のために運命的な出会いをした大学生たちの物語。 かなり長い物語だったのですが、続

2007/12/27(木) 00:42 | どくしょ。るーむ。

風が強く吹いている/三浦しをん


三浦しをんの小説を読むのは、これが初めて。エッセイは面白くて好きなのですが、そのエッセイでのしをんさんのイメージが強くて・・・。 ...

2009/12/17(木) 13:14 | 読書メモ。

三浦しをん『風が強く吹いている』


風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)三浦 しをん新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、三浦しをん『風が強く吹いている』を紹介します。箱根駅伝挑戦の小説ですね。構想から6年かかった作品らしいですね。話は若干アニメチックではありますが、すごく面白かったで

2010/12/29(水) 18:11 | itchy1976の日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。