--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.27

「ほどけるとける」大島真寿美

ほどけるとけるほどけるとける
(2006/07)
大島 真寿美

商品詳細を見る

高校を発作的に中退し、バイトも長続きせず、祖父が経営する銭湯・大和湯を手伝う美和。常連客の佐紀さんとの交流や、君津との淡い恋を経て、自分の夢を見いだしていく。

薄い本ですが読み応えがあるし、なんと言っても、面白くて温かな気持ちになれました。すっごく良かったです。これまで読んだ大島さんの本の中でもトップクラスの面白さ。大島さんの好き好き度、ぎゅーーんとあがって天井を突き抜けてしまいました。

辞めれば何かが変わると思って高校を中退しても、なんにも変わらない美和の生活。何かをやりたいという目標もなく、「ああ、めんどくさい」と思いながら大和湯で働く毎日。不安定な立場なのに切羽詰った感じがない、こんなダメっぷりには過剰に共感してしまう。どこにでもあるような生活風景で、出てくる人物たちもしみじみとしていてすごく良い。

常連の佐紀さんとはお友達になって、一緒にお酒を飲んで酔っ払い喚き散らしてしまう。あの「かっこ」のないたれ流しのような会話はすごく新鮮で、会話内容も笑えてしまう。大和湯に貸しタオルなどを卸すため、出入りをしているフジリネンのおじさんも味がある。美和と付き合うことになる君津の愚痴はうっとおしいが、逆に美和が引き立つから許す。

そしてなんと言っても美和の弟・智也の存在が強烈だった。彼曰くすべてはRPGにある。RPGゲームをやって、知恵と勇気の使い方を学べ、ボスキャラを間違えるな、のセリフ。あんたの達観ぶりというか、シュールな渋さというかは中学生とはとても思えない大人ぶり。

そしてある出来事から、自分の目指したいものが見つかる美和の姿がとても愛おしかった。若いうちは寄り道も立ち止まりも存分にしてみるといい。時間はたっぷりとあるんだから。財産だよなー、若さって。この作品とはもっと若い頃に出会いたかったですね。今でもこんなに心が揺さぶられるんだから、あの頃なら心のバイブルになったかも。

とても共感出来て、さらに笑えて、その上じんわりと温かな気持ちになれる一冊でした。すごーく好きです。文庫化したら絶対に買います。お薦め!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

大島真寿美
トラックバック(9)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

道は一本じゃない、もしも同じ場所にたどり着くとしても
回り道したり、行って戻ったり、いろんな選択肢があるじゃないか
って思わせてくれる一冊でした。

ふらっと:2007/07/27(金) 18:28 | URL | [編集]

こんばんは。しんちゃん。
大島さんにガッツリとのめりこまれたようですね。
さりげない描写が、わざとらしさとか、押し付けがましさが感じられずに表現されてますよね。
未来も見えて、とても気持ちのよい読後感にひたれた作品でした!

ゆう:2007/07/27(金) 21:42 | URL | [編集]

最初借りて読んだ本だったんですが、どうしても好きでつい買ってしまった一冊です。ほんと、薄いのに中身は濃くてしかも読みやすくいい本ですよね♪こちらのブログを読んで再読したくなりました。

まみみ:2007/07/27(金) 22:26 | URL | [編集]

ふらっとさんの言う通り!
若いうちはなんにでもなれる可能性がある。
そう教えてくれる作品でしたね。

しんちゃん:2007/07/28(土) 08:12 | URL | [編集]

ゆうさん、ガッツリです(笑)
前からちょろっと読んでた作家なのですが、
新たに嵌りだしたという感じ。

大島さんの文章も、登場するダメな人物も、
自分には合うみたいです。

とにかく読んでいて気持ちがいい!

しんちゃん:2007/07/28(土) 08:19 | URL | [編集]

おー、まみみさんは買っちゃいましたか。
気持ちがすごくわかります!
すごく良い本ですもんね。

単行本は中々売ってないみたいなので、
文庫狙いで気長に待ちます(笑)

しんちゃん:2007/07/28(土) 08:22 | URL | [編集]

私も好きです。
大島作品ではいつも思うことなのですが、主人公が成長したことに読み終えた後気付かされて、どうってことない日常がすごく大事で素敵なことに思えるんですよね。
美和ちゃんの恋が終わったことも、作り物っぽくない、ああ、結構そんなものかも、と思えるし、大島さんの描く日常は愛すべき日常ですね。
私も、もっともっとこの作品好きになってしまいました。(笑)

じゃじゃまま:2007/07/30(月) 17:46 | URL | [編集]

じゃじゃままさん、こんにちは。
大島さんの良さが、この作品には詰まってましたね。
この作品にはベタ惚れしてしまいました。
あぁ~、いいなあ、この雰囲気。

しんちゃん:2007/07/30(月) 18:08 | URL | [編集]

しんちゃん、お薦めありがとうございました。
私もこれから「ガッツリ」嵌るつもりです。
弟、中学生とは思えない達観ぶり。
登場人物、みんな素敵でした。

なな:2008/01/30(水) 21:59 | URL | [編集]

ななさん
喜んでもらえたようでほっとしました。
ガッツリですか。それは頼もしい。
ゲームって大人への近道なのかな。
いい人ばっかでしたね。

しんちゃん:2008/01/30(水) 23:08 | URL | [編集]

こんにちは。
大島さんの作品オススメのうちの1冊、読み終えました。
本当にあったかくなれる良い本にめぐり合えました。ありがとうございます。すっかりファンです(*^^)v
でも、感想がなんかもうこみ上げてきて書けませんでした・・・(いっつも感想ていう感想書けてませんが・・)
仰るとおり10代に出会っていたらバイブルですね。

percy:2008/02/14(木) 09:07 | URL | [編集]

percyさん、こんばんは。
いえいえ。素敵な作品は読まないと勿体ないですから。
percyさんも素敵な本と出会ったら、お薦めしてくださいね。

しんちゃん:2008/02/14(木) 19:51 | URL | [編集]

素敵なお話でした。

主人公の成長がほほえましくて、勇気&元気がもらえますね。
お風呂屋さんというのも、何かさっぱりできていい感じでした♪

たかこ:2009/09/27(日) 11:55 | URL | [編集]

たかこさん
おっ!二冊目を読破ですか。
何気ない日常にも味がありましたよね。

しんちゃん:2009/09/30(水) 14:15 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ほどけるとける*大島真寿美


☆☆☆・・ ほどけるとける大島 真寿美 (2006/07)角川書店 この商品の詳細を見る平和な気持ちになりたくて、女の子特有の仲良しごっこの世界を抜け出した18歳の美和。夢も希望も自信も失って、祖父が経営する銭湯でバイトをし

2007/07/27(金) 18:25 | +++ こんな一冊 +++

ほどけるとける 大島真寿美


高校を中退し、特別やりたい事は思いつかない・・・祖父が経営する銭湯でバイトする傍ら、そんなふらふらした日々を送っていた18歳の美和の物語。投げやりでやけくそな気持ちとは少し違う、先の見えない日々への煩悶を抱えながら過ごしていた美和。銭湯の常連客とのふ...

2007/07/27(金) 21:40 | かみさまの贈りもの~読書日記~

「ほどけるとける」 大島真寿美


ほどけるとけるposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.18大島 真寿美著角川書店 (2006.6)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/07/27(金) 22:24 | 今日何読んだ?どうだった??

ほどけるとける 大島真寿美著。


すごく不思議なんだ。江國ワールドとはこれまた違う、ほんわかした感じ。 高校辞めた美和ちゃん。やる気なさそうで、その後のことなんて考えてない。でも別の世界があると思って高校辞めたはずなのに、辞めても世界は同じ。おじいちゃんの銭湯(スパか?)大和湯でバイトし

2007/07/30(月) 17:42 | じゃじゃままブックレビュー

『ほどけるとける』大島真寿美


ほどけるとける 大島真寿美/角川書店泡のような日々は、ふわふわと。どうにも先が見えなくて、めんどくさくて、将来の夢もわからない……。高校を突発的に中退し、祖父が経営する銭湯を手伝う少女が、常連客との交流や淡い恋を経て、夢を見いだしていく。ほわほわとあたたか

2007/08/08(水) 00:12 | ひなたでゆるり

「ほどけるとける」大島真寿美


ほどけるとける 大島 真寿美 JUGEMテーマ:読書 高校を突発的に中退し、バイトも長続きしない美和。祖父が経営する銭湯を手伝う美和が常連客との交流や淡い恋を経て、夢を見いだしていく。 なんだかのんびり、ゆるゆるした物語。自分の事が全くわからなくなっちゃ...

2008/01/30(水) 22:04 | ナナメモ

「ほどけるとける」大島真寿美


ほどけるとける 大島 真寿美 平和な気持ちになりたくて、女の子特有の仲良しごっこの世界を抜け出した18歳の美和。夢も希望も自信も失って、祖父が経営する銭湯でバイトをしながら、どうにも先が見えない日々を過ごしていたのだが…。あなたの疲れた心を、そうっとあ

2008/03/30(日) 22:51 | scribble

ほどけるとける   大島 真寿美


ほどけるとける 大島 真寿美 JUGEMテーマ:読書  08-068 ★★★☆☆  【ほどけるとける】 大島 真寿美 著  角川書店  《ふっとしてやさしく…》  内容(「BOOK」データベースより) 平和な気持ちになりたくて、女の子特有の仲良しごっこの世

2008/05/11(日) 07:49 | モンガの独り言 読書日記通信

ほどけるとける / 大島真寿美


ほどけた~。ゆるい!ゆるゆるの話。でも、疲れてたから癒された。 高校での女社会がイヤで突発的に中退した美和。祖父が経営する銭湯でアルバイトをするが、そこにくる常連のおばさん達の中でも、仕事の中でもどこにでも、女社会はあった。表面上は誰も傷つかなくても...

2009/09/27(日) 11:52 | たかこの記憶領域

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。