--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.29

「しずかな日々」椰月美智子

しずかな日々しずかな日々
(2006/10/03)
椰月 美智子

商品詳細を見る

これは良かった。最高に面白かった!読まなくちゃ損です。大損です!

枝田光輝は小学五年生に進級するまで、ただの1人も友達の出来ない冴えない少年。それが新しいクラスで後ろの席になった人気者の押野と親友になり、世界が急に広がる。枝田一というあだ名。初めての野球。広場で遊ぶ、じゃらし・ヤマたち仲間。グッピー。すべてが初めての経験。しかし二人暮らしをする母の仕事の都合で転校の危機を迎える。落ち込む枝田少年を、これまで優しく見守ってくれていた椎野先生が母に相談してくれた。すると枝田少年には、一度しか会ったことがないおじいさんの存在を母は打ち明ける。うっすらと残る微かな風景、土の匂い。おじいさんの家からなら転向せずに学校へ通える。枝田少年は、母と別れておじいさんの家で生活をすることを選んだ。


枝田は普通の子供なら経験していることを、押野と出会い遅いデビューをしていきます。クラスにも馴染むことが出来るし、ヘタクソだが野球も覚える。学校外でも仲間が出来る。それに母にはなかった優しさと安心を、これまで縁がなかったおじいさんが与えてくれる。母には捨てられたに近いです。というか風変わりしてしまった母を少年が見限ったのか。

とにかく元気で明るくて、飾り気なしに友達の良さを教えてくれた、押野の存在。押野にすれば普通に接しているだけかもしれませんが、枝田にすればすべてが新鮮。一見ぶっきらぼうで、接し方がヘタ。石頭だけど愛情があって、そっと見守るおじいさん。おじいさんと住むまでは家とは母を待つ場所だった。だけど家の持つ温かさを初めて知る。

遠くから見たらおもちゃのような工場を、押野と見に行ったちょっとした自転車旅行。おじいさんと縁側に並んで座り、おじいさんを真似てスイカに塩をかけて食べる風景。家へ訪れたじゃらしがおじいさんの作ったお漬物に嵌り、来るたびにお漬物を食べまくる。カナヅチな枝田が、水泳大会で泳ぐヤマを応援に行き、彼の泳ぐ姿に感動をして涙を流す。枝田と押野が共にした、すべての温かな時間。なにもかもが好きでした。文句なしです。

日のあたる縁側。冷たい井戸水。その水で冷やしたスイカ。植物への水やりと土の匂い。自分は田舎というものを持っていない。だから余計にこんな風景には憧れてしまいます。まったく知らない世界ですが、なぜか懐かしい風景に感動し、温かな気持ちになれました。

タイトルの、しずかな日々。ほんと、普通にしずかな日常を、少年が過ごすだけです。だけれどもこの作品は読まないと勿体無いです。すごくすっごくお薦めです。とにかく少年たちがカワイイの。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

椰月美智子
トラックバック(7)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

こんばんは。しんちゃん。
同じような感動が味わえたみたいで、とても嬉しいです。

>遠くから見たらおもちゃのような工場を、押野と見に行ったちょっとした自転車旅行。
日のあたる縁側。冷たい井戸水。その水で冷やしたスイカ。植物への水やりと土の匂い。

これを読んで、その時の感動をまた思い出してしまいました。

再読にも充分耐え得る作品だとおもいます。
そのうちまた読んでみようかな(笑)

ゆう:2007/07/29(日) 21:47 | URL | [編集]

こんばんは、しんちゃん。
薦めて良かったですよ。

この本は、何か良い。
いつも誰もが通る少年時代、何も遠い将来のことも考えていないけれど、普通の日常、その日々の思いがダブってきます。
普通の日常、普通な日々、その日々が、キラキラと輝いていた日々だったのかと思ったりします。

モンガ:2007/07/29(日) 22:24 | URL | [編集]

ゆうさん、おはよう。
すごく面白くて大絶賛しちゃいました。
こんな良い本が眠ってたなんて驚きです。
素敵な本はどんどん広めなくちゃね。

しんちゃん:2007/07/30(月) 09:10 | URL | [編集]

モンガさん、おはよ~ございます。
純粋な少年たちがキラキラと光ってました。
またお薦めがあったら、教えて下さい。
良い出会いを与えてくれてありがとう。

しんちゃん:2007/07/30(月) 09:13 | URL | [編集]

あらあ、読んでみたくなっちゃいました。
ちょっと、韓国映画の「おばあちゃんの家」を思い出しました。

くまま:2007/07/30(月) 20:47 | URL | [編集]

くままさん、おはようございます。
その映画は知りませんが、読めば懐かしい風景に出会えます。
「しずかな日々」を、ぜひどうぞ!

しんちゃん:2007/07/31(火) 08:53 | URL | [編集]

このお話はチェックしてたんですがしばらく放置してて、こちらのブログで見かけてやっと、読もうと思って読んだお話でした。とてもよかったです^^おすすめしてくださってありがとう!!
本当に何気ない日常を描いたお話なのに、いやだからこそ?いいですよね。

夏休み時期に読んだので、余計に情景がありありと思い浮かべられて、そこもよかったです。

まみみ:2007/08/10(金) 00:38 | URL | [編集]

まみみさんの言う通り、この夏の時期に読むのがぴったりの作品ですね。
暑さでぐったりしてますが、子供の頃は元気に遊んだなあと思い出しました。
もっともっと読まれて欲しい作品ですね。

しんちゃん:2007/08/10(金) 09:04 | URL | [編集]

しんちゃん おひさしです。
ごく普通の日常なのに、本当に良い作品でした。
読みかえしたくなる作品ですよね。
あたたかい気持ちになりました。

naru:2007/12/26(水) 19:14 | URL | [編集]

naruさん、おひさです。
すーっごくいい作品でしたね。
今の子供にこの良さがわかるか心配だけど
キラキラしたあの頃が懐かしいよね。
うん。あたたかくなります。

しんちゃん:2007/12/26(水) 20:08 | URL | [編集]

しんちゃん初めましてでチュー

しんちゃんの獲物になるかもしれないネズミv-287のチューチューでチュー

しずかな日々、読み終わったでチュー

ほのぼのしたでチュー

最初は、大人になった光輝の、昔話の一部かと思ったら、昔の光輝の一部のみで完結されてて驚いたんでチュー

その後の光輝がきになるんでチュー

その後が気になるようにさせてくれる本で良かったでチュー

椰月美智子さんの本、他にも読んでみようと思ったんでチュー

あ!
大好きな坂木司さんのサイン本、うらやましいでチュー

坂木さんの本はすべて読んだんでチュー

チューチュー:2010/01/31(日) 23:30 | URL | [編集]

チューチューさん、はじめまして。
先に謝っておきます。そのテンションに合わせられない。

椰月さんも、坂木さんも、好きな作家です。他に学園ものでは、米澤穂積さん、似鳥鶏さん、初野晴さんは好き。ぶっ飛びでは「都立水商!」室積光は格別でした。

チュー。

しんちゃん:2010/02/01(月) 23:01 | URL | [編集]

こんばんは。

『しずかな日々』のレビューを探してみたのですが、あまりレビューがなくて残念でした。

ですから、しんちゃんのレビューを読んで、うれしく思いました。
もうすぐ文庫化されるようなので、そうすれば、もっと大勢の方がこの作品を読んで、いろいろな感想を聞かせてくれるでしょうね。

それが楽しみです。

touch3442:2010/06/06(日) 20:43 | URL | [編集]

touch3442さん、こんにちは。
最近は文芸やエッセイでも活躍されているので読まれる方も増えてきたようですが、自分が読んだ時は知る人ぞ知る作家でした。
「しずかな日々」はとてもいい作品なので、文庫化をきっかけに多くの人に手に取ってもらいたいですよね。

しんちゃん:2010/06/08(火) 13:38 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

しずかな日々 椰月美智子


母との二人暮し、いじめられるわけでもないけれど友達もいない学校生活を淡々と送っていた小学生の光輝。そんな生活が一変したのは、5年生に進級した時に出来た大切な友人の存在と、祖父と二人で過ごした日々だった。掛け替えのない友人と、頑固だけど心優しい祖父と...

2007/07/29(日) 21:44 | かみさまの贈りもの~読書日記~

しずかな日々  椰月 美智子


しずかな日々椰月 美智子 07-24 ★★★★☆ 【しずかな日々】 椰月 美智子 著  講談社 《ああー、こういう日々が遠くなつかしい》 出版社 / 著者からの内容紹介より講談社児童文学新人賞受賞作家の感動作 人生は劇的ではない。でも、どんな人にもその人生を生

2007/07/29(日) 22:11 | モンガの独り言 読書日記通信

「しずかな日々」 椰月美智子


しずかな日々椰月 美智子 講談社 2006-10-03売り上げランキング : 180646Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明夜の神様が、どうかどうか、ぼくが今話したことをすっかり飲みこんでくれますように-。そうか、少年って、こんなふうにおとなになるのか。少年の姿をていねい

2007/08/10(金) 00:35 | 今日何読んだ?どうだった??

『しずかな日々』


『しずかな日々』 著 者: 椰月美智子 出版社: 講談社 発行月: 2006年

2007/08/10(金) 13:02 | 会社ともおの読書日記

第60回野間文芸賞は佐伯一麦のノルゲNorge


第60回野間文芸賞は、佐伯一麦さんの「ノルゲ Norge」に決まりました。 また、第29回野間文芸新人賞には、鹿島田真希さんの「ピカルディーの三度」と 西村賢太さんの「暗渠の宿」、 第45回野間児童文芸賞は椰月美智子さんの「しずかな日々」です。...

2007/11/08(木) 17:55 | 及川的大人のブログ

椰月美智子『しずかな日々』


ぼくらは日々何かしらの選択をして生きている

2007/12/26(水) 19:15 | 待ち合わせは本屋さんで

『しずかな日々』椰月美智子著(講談社)


 時折、他の方のブログを拝見していて、この椰月さんの名前に出会うことがある。ぼくは、自分の未読の本については、他の方のレビューを読まないので、どんな作品を書かれている ...

2011/05/07(土) 14:56 | 生きることにも心急き、感ずることも急がるる…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。