--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.02

「ゆれる」西川美和

ゆれるゆれる
(2006/06)
西川 美和

商品詳細を見る

家出同然に東京へ出てカメラマンとして成功した弟・猛は、母の一周忌に実家へ戻った。そこでは、実家のガソリンスタンドを継いだ兄・稔が、父に対して従順に仕えた生活を送っていた。かつて猛が付き合っていた幼なじみの千恵子は稔のもとで働いき、稔は密かに千恵子のことを思っていた。平穏に思われた日常だが、千恵子の策で猛が千恵子と寝てしまったことで均衡が崩れる。3人でドライブに行った渓谷のつり橋から千恵子が落ちてしまい、稔が逮捕されたのだ。

読む前に感じた異様な雰囲気は当っていました。ざわざわとした不安定な何かを感じる。どこか居心地の悪さがあり、分厚い本ではないが、読むのにすごく時間がかかりました。弟が兄に対する思い、兄が弟に対する思い、父の息子たちへの思い、叔父の思い。死ぬことになった千恵子の兄弟への思い。それらが順に、それぞれ個々の目線で語られる。

子供の頃はいつも一緒にいた兄弟が、大人になってお互いが距離をおいて別々の生活を過ごす。
成功したことで見た目が派手な弟。田舎に残って家業を継ぎ、堅実だが地味で奥手な兄。彼らがお互いの世界に見ていたものは何だろう。羨望、尊敬、信頼…。

それらが千恵子の死によって壊れていく様は怖かった。特に兄が秘めていた心の闇は怖い。彼の持つ闇はどこからきたのか。両親に大事に育てられ、愛をたくさん貰って生きてきた。父から継いだガソリンスタンドでたいした苦労もなく、毎日を平穏に暮らしていたはず。なのにあの裁判の風景はなんだろう。死んだ千恵子だけが彼の裏の顔に気づいていたのか。思い出しながら書いているだけで、気が重くなってきます。

兄を救おうとした弁護士の叔父と奥さんの会話が、どす暗い雰囲気を救ってくれました。どこか冷めた叔父も好きだったし、彼を茶化す奥さんがとても可愛らしくて癒される。そして、兄を守ろうとした弟の最後の決断。すごく痛くて心がぎゅっと締め付けられたよう。弟が出した結論が、正しいのか間違いなのかは分からない。自分ならどうしたのだろうか。そんなことを考えながら読み終えました。タイトルの「ゆれる」そのまま、心がゆれました。

気が重くなる作品ですが、それだけではなくちゃんと最後に感動させてくれたのは好印象。母の残した子供時代を映したフィルム、ラストで兄を追いかけながら叫ぶ弟に涙しました。だけど、もう一度読めるかといえば、そこは微妙なところ。こんな疲れるとは思いませんでした。へとへとです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(3)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

自分の立っているところがグラグラと揺れてる感覚で、読んでいるととっても不安な気持ちになりました。
底知れぬ森の中に迷い込んだかのような、あるいは吊り橋の上で進むことも退くことも出来ずに立ちすくんでいるような感じ。
表紙の写真が作品の雰囲気を見事に表わしてますよね~。

エビノート:2007/08/02(木) 20:02 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは~。
終始不安な感覚が抜けなくて、暗澹たる思いで読み終えました。
いや~心の闇を上手く描いています。
映画観られなかったのでいずれDVDで!と思っています。

リサ:2007/08/02(木) 20:24 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは。

本を読んで、DVDを観て、もう一度本を読んでみたいって思っているんですけど、向き合うのが辛い。そんな感じですよね。

なな:2007/08/02(木) 20:48 | URL | [編集]

DVDを借りようと手に取ったものの、じりじり、じわじわ締め付けられそうな予感にひるんで、戻してしまいました。
オダジョーもだけれど、香川さんが気になるのです。見たい!でも見るのが怖い・・。

june:2007/08/02(木) 22:58 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちは。
寄りかかった柱がポキリと折れる。そんな感覚でした。
どこを頼ればいいのか分からない。そんな不安感がざわざわ。
強烈な作品でしたね!

しんちゃん:2007/08/03(金) 08:21 | URL | [編集]

リサさん、こんにちは。
兄の持った心の闇はすごく怖かったです。
人は誰もがこんな闇を持っているものですかねえ。
自分の周りにいないことを願います。

しんちゃん:2007/08/03(金) 08:25 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
これは映像を観れないかも。
ほんと向き合うのが辛い作品でした。

しんちゃん:2007/08/03(金) 08:28 | URL | [編集]

juneさん、こんにちは。
なんか分かります。気軽には手を出せないですよね。
気になるけれど、観れば自分が落ちるのがハッキリしている。
ほんと、手を出すには勇気と勢いがいる。

しんちゃん:2007/08/03(金) 08:31 | URL | [編集]

こんばんは。私はDVDを見てから本を読みました。
香川さんの演技は凄かったですよ。あの段々と変貌していく所が上手すぎる~。橋の上の演技なんて・・・。
見る価値はあると思います。

ガソリンスタンドで働いてる岡島くんの「奪いっぱなしですか。それで一体、あんたは何を手に入れたんです」の台詞が印象的でした。

まる:2007/08/03(金) 23:46 | URL | [編集]

まるさん、まいどどうも。
見る価値ありっすか!
う~む、チャンスがあれば。チャンスってなんやねん(汗)
機会があれば見てみます。

しんちゃん:2007/08/04(土) 10:58 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ゆれる 〔西川美和〕


ゆれる西川 美和 ポプラ社 2006-06売り上げランキング : 34631おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟。だがふたりは互いを尊敬していた。あの事件が....

2007/08/02(木) 19:56 | まったり読書日記

『ゆれる』西川美和


ゆれる 西川美和/ポプラ社東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟。だがふたりは互いを尊敬していた。あの事件が起こるまでは…。読む前に感じた不安定さ、不穏な雰囲気。本から発せられる信号は間違っていなかった。

2007/08/02(木) 20:20 | ひなたでゆるり

「ゆれる」西川美和


ゆれる西川 美和東京で写真家として成功した弟・猛。田舎で家業のちいさなガソリンスタンドを継ぐ兄・稔。母の一周忌に帰郷した猛はガソリンスタンドで働く幼馴染の千恵子を見かける。法事の翌日、兄弟と千恵子の三人で出かけた蓮美渓谷。ゆれるつり橋から落ちた千恵子。そ

2007/08/02(木) 20:55 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。