--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.04

「イン・ザ・プール」奥田英朗

イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る

総合病院の地下1階、精神科のドアをノックすると甲高い声で「いらっしゃ~い」。そこに待つのは注射フェチの医師と露出狂の看護婦だった。伊良部シリーズの第一作目です。

「イン・ザ・プール」
1ヶ月も体調不良が続いた大森和雄が辿りついたのは、伊良部総合病院の地下1階。伊良部の勧めで運動をすることにした和雄は、プールで泳ぐことに嵌ってしまった。そして伊良部もまた影響を受けて嵌る。気づけば立派なプール依存症の二人がいた。

「勃ち放し」
田口哲也は別れた妻の夢を見てから勃起が治まらない。そんな哲也が診察室で見たものは、派手にやり合う伊良部と別れた妻の大喧嘩。羨ましく思う哲也。哲也は言いたいことがあっても爆発させることが出来なかったのだ。

「コンパニオン」
タレントとして中々売れない安川広美は、一歩家から外へ出ると、自分を見る多くの目線を感じてしまう。ストーカーに悩む話を、まともに聞いてくれるのは伊良部だけ。伊良部の進言にしたがい様々にストーカー対策をする広美だが…。

「フレンズ」
携帯電話依存症の高校生・津田雄太は、両親の説得で伊良部の元へ通うことになる。しかし伊良部は、診察をそっちのけで携帯電話に夢中になってしまった。次に伊良部を訪れた雄太の前には、携帯電話を持った伊良部。しかたなく雄太は伊良部とメル友になる。

「いてもたっても」
ルポライターの岩村義雄は、たばこの火の後始末が気になる脅迫神経症。対する伊良部は、岩村の仕事を利用して、線路向こうの病院をなんとか陥れようと画策する。噛み合わない二人の会話だが、ラストには意外な結末が。

このシリーズに関しては、あれこれ言うのは野暮なんだけど、とりあえず、話の筋めいたことを書いてみよう。それぞれ個性的な心の病を抱えた患者が、伊良部の元へやってきます。そこで行われるのはまず注射。マユミちゃんが胸の谷間を見せ、白衣のスリットから白い太ももをあらわに、ブスリと一発。その注射を見ながら伊良部は興奮。これが恒例の行事。その後は診察なんてまったくせずに、伊良部の興味の向くまま適当な会話。少しはマシな進言をし、また通院。これを繰り返していると、何故か完治をしてしまう。という感じ。

深く考えずに読むのが一番。気楽に読める一冊です。このシリーズを気に入り、すでに読み尽くしてしまった方には、鯨統一郎さんの波田煌子シリーズがお薦め。シリーズ1作目は「なみだ研究所」です。こちらも伊良部に負けておりません。

ユーモア系のお話なのに、この本の表紙はどうなんだろう。怖すぎっすよね。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

奥田英朗
トラックバック(11)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

この装丁の怖さ・・・
伊良部シリーズの本質を表わしている気がするのはわたしだけでしょうか。
伊良部の胡散臭さに紛らせてはいるけれど
実はかなり病める現代(人)を捉えているのではないかと思ったりもしています。

ふらっと:2007/08/04(土) 16:35 | URL | [編集]

うわっ!ふらっとさん、深い読みですね。
だけど言われてみると、そうかもと思えてしまう。
なるほど、ふむふむ。

しんちゃん:2007/08/04(土) 17:38 | URL | [編集]

こんにちは!
この間はいじわるしてごめんなさい(^_^;)

このシリーズ、何にも考えずに読んで楽しめますよね~♪
伊良部シリーズ読みつくしてしまったので、
鯨統一郎さんの波田煌子シリーズ探してみます!

エビノート:2007/08/04(土) 19:30 | URL | [編集]

こんばんは、しんちゃん。
伊良部シリーズは、面白かった。
テレビドラマでは、阿部寛さんがやっていたけど、どうなんだろうか。見なかったが。
伊良部シリーズは、まだ続いているのかなー。

モンガ:2007/08/04(土) 19:46 | URL | [編集]

しんちゃん☆こんばんは
このシリーズ大~好きです!
オススメの鯨統一郎さんの波田煌子シリーズも読んでみますね。_〆(。。)メモメモ…
わたしはこの本の表紙を見ると、NirvanaのNevermindを想い出しちゃいます。

Roko:2007/08/04(土) 21:31 | URL | [編集]

しんちゃん、はじめまして。
伊良部シリーズ、面白いですね!
「イン・ザ・プール」はDVDも出ていて、それもわりと面白かったですよ。
鯨統一郎さんの「なみだシリーズ」も好きです。
第3弾は塾講師と聞いているのですが、なかなか出ませんね~。

ia.:2007/08/05(日) 00:44 | URL | [編集]

エビノートさん、おはよう。
そう、いじわるされました(笑)

波田煌子もぶっ飛んでます。
ですがこちらも楽しいですよ!

しんちゃん:2007/08/05(日) 08:58 | URL | [編集]

モンガさん、ちゃーす。
テレビを見ない人なんで、わからないっす。
阿部寛が伊良部?イメージが浮かばない。。。

しんちゃん:2007/08/05(日) 09:00 | URL | [編集]

Rokoさん、おはよう。
伊良部シリーズいいよね!
記事にしてなかったので再読してみました。
たぶん、なみだシリーズも楽しめると思います。

しんちゃん:2007/08/05(日) 09:04 | URL | [編集]

ia.さん、はじめまして。
鯨統一郎さんは多作だからなあ。
だからシリーズ物も中々新刊が出ませんね。
でも出版ペースがはやいからすぐに出るよ。
たぶん。。。

しんちゃん:2007/08/05(日) 09:09 | URL | [編集]

鯨統一郎さんの本は読んでみたいと思ってたんですが、たくさんあるんで逆に手を出せずにいました。おすすめのなみだシリーズでいってみようと思います。

june:2007/08/06(月) 00:11 | URL | [編集]

juneさん、ちゃーす。
鯨さんはシリーズものが多いですもんね。
なみだシリーズは読みやすいですよ!

しんちゃん:2007/08/06(月) 09:24 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

イン・ザ・プール*奥田英朗


☆☆☆☆・ 祝・直木賞!! 「空中ブランコ」の伊良部は、この本から始まった。 日本文学に、新しい必笑のキャラクターが登場!                           (帯より)伊良

2007/08/04(土) 16:29 | +++ こんな一冊 +++

イン・ザ・プール 〔奥田英朗〕


イン・ザ・プール≪内容≫トンデモ精神科医伊良部登場!深夜のプールに忍び込みたいと思ったこと、ありませんか?水泳中毒、ケータイ中毒、持続勃起症…ヘンなビョーキの博覧会。新・爆笑小説。(BOOKデータベースより)

2007/08/04(土) 19:27 | まったり読書日記

イン・ザ・プール  奥田 英朗


イン・ザ・プール奥田 英朗【イン・ザ・プール】 奥田英朗 著《この本を読んで笑わないヤツはエライのだ。》今、話題の一冊の本である。読む進むうちに自然と笑みが出て来てしまう本です。総合病院の地下にある神経科に通ってくる患者と子供みたいなオヤジ医師との物語で

2007/08/04(土) 19:42 | モンガの独り言 読書日記通信

『イン・ザ・プール』 奥田英朗


イン・ザ・プールposted with amazlet on 05.05.18

2007/08/04(土) 21:24 | Roko's Favorite Things

イン・ザ・プール


著者:奥田 英朗出版:文春文庫ジャンル:小説紹介文:精神科医・伊良部シリーズの一作目です。破天荒で天真爛漫な伊良部先生が、変わった症例の患者さんを治療(?)してくれる、コミカルな短編集です。2作目の「空中ブランコ」は、阿部寛さん主演でTV化されたの...

2007/08/05(日) 00:35 | どくしょ。るーむ。

イン・ザ・プール


 医者にも色々なタイプがいるが、中にはこんな医者は絶対にごめんだと思うような者もいる。しかし、「イン・ザ・プール」(奥田英朗:文芸春秋社)に出てくる医者を超えるものは、そうはいないであろう。  なにしろ、見るからに変人でマザコンで注射フェチという設定で..

2007/08/05(日) 11:07 | 読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)

イン・ザ・プール


イン・ザ・プール「燃えよ剣」を読み終わって、さあ次も新撰組行ってみよー!と思ったのですが、図書館に予約しておいた「イン・ザ・プール」が来ていました。これは貸し出しの延長もできないし・・・と、とりあえず手にとったらおもしろくて、2~3時間で読んでしまい....

2007/08/06(月) 00:11 | 本のある生活

「イン・ザ・プール」


「イン・ザ・プール」   奥田英朗:著 ?トンデモ精神科医のお話。 友達からおもしろいよとすすめられていたのに 読みそびれていて、やっと読めた。 確かにおもしろい。 久しぶりに声だして笑っちゃったほど。 精神科医の伊良部のキャラのおもしろさが

2007/08/07(火) 12:04 | 月灯りの舞

「イン・ザ・プール」奥田英朗


タイトル:イン・ザ・プール著者  :奥田英朗出版社 :文藝春秋読書期間:2006/03/27お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]どっちが患者なのか?トンデモ精神科医伊良部の元を訪れた悩める者たちはその稚気に驚き、呆れ…。水泳中毒、ケータイ中毒、ヘンなビ

2007/08/07(火) 21:33 | AOCHAN-Blog

『イン・ザ・プール』奥田英朗


イン・ザ・プール 奥田英朗/文春文庫「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変

2007/08/08(水) 00:13 | ひなたでゆるり

イン・ザ・プール  奥田英朗


 伊良部一郎、医学博士、伊良部総合病院神経科勤務。注射フェチ。神経科のある総合病院地下はそんなに混雑していないというかガラガラなので人気の医師ではないようだ。患者が来るととにかく注射する。 「ストレスの原因を探るとか、それを排除する工夫を練るとか、そう...

2008/05/24(土) 17:27 | カイゾーのブログ - Kaizo\'s Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。